脇指 摂州住藤原國義

脇指 摂州住藤原國義
脇指 摂州住藤原國義
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/324/00.html

國義は初代和泉守國貞門で、井上真改の兄弟子にあたり、初代國貞の晩年に於いてはその代作代銘を多数手がけた刀工として知られています。
本国は日向で、俗名を鈴木作之丞と称し、後に長友氏に改めました。石見國浜田藩亀井氏に仕え、慶安三年頃には下総守を受領したものと考えられます。

この脇指は板目肌よく練れて地沸付いた精良な地鉄で肌が立ち、匂口明るく冴えた湾れ調子の刃は、刃中よく沸付いて、変化に富んだ親國貞を思わせる出来口です。
お求め易い特別価格販売期間中に是非お求め下さい。

裸身重量624グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です