本部道場定例稽古

2016年7月3日の修心流居合術兵法修心館、本部道場定例稽古

対素槍稽古

対素槍稽古

稽古課題

大人
 ・剣術之部
   切り返しとその受け
   一手増やして下段捌き
   更に一手増やして右袈裟受け
   更に一手増やして膝崩し
   下段捌き部分稽古
   対素槍捌き入身

子供
 ・抜付と納刀
   紙玉居合斬り
   袋竹刀にて自由組討

近頃の居合教授に対して色々と思うことが多くなりました。

そもそも居合形を稽古させるべきではないのでは? そう思うようになりました。

実際のところどうなのかは知りませんが、僕の中では、剣術、体術ができずして、求める居合はできないと思うようになったからです。

稽古時間が足りません。伝えたいことがたくさんあります。
一日も早く門弟達には私に追いついてもらいたい。
互いに冷や汗をかくほどの激しい稽古ができるようになりたい。

対素槍稽古では、力みを用いない剣捌きが絶対必要となります。
稽古で何かしら掴んでもらえたなら、教える側としてこれほど嬉しいものはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA