切先を見せない

修心流居合術兵法の基本理念は、切先を見せない。刀の長さを読ませない。というもので、納刀時の身体捌きに於いてもそれは繊細に意識しています。

切先を見せては刀の長さを読まれ間合も読まれる。
納刀は腕を使って行うものではなく、己の軸にて行うもの。
さすれば自ずと刀の切先は鞘に納まり、刀の長さは読まれにくくなるもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA