昨夜の定例稽古

本部道場定例稽古

稽古課題

前半
居合初伝形五本目「八重垣」

中間
基本刀法(すぶり)

後半
剣術(小太刀)

「眼で盗め」と口をすっぱくして言うのですが、眼で盗むという意味がわかっていないように感じられます。
技術的なことは実際に受けをとり、反復して稽古しなければ会得はできませんが、形の手順や手の角度、足の位置くらいは、手本演武を見て己で覚えるべきことです。
昨夜の稽古できつく注意したのは、

「形の所作一つ一つに意味がある。自分勝手に形を省略したり改編するな。」

と言うこと。
初伝の居合形は教え通りに行わなければ、中伝、奥伝に繋げることはできません。
何事も最初に習うことが一番大事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA