刀 関住福田兼丈作 ~町井勲監修 武用専一仕様 研磨・拵新調済み~

刀 関住福田兼丈作 ~町井勲監修 武用専一仕様 研磨・拵新調済み~

刀 関住福田兼丈作

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/546/00.html

 

本名、福田丈太郎。戦前戦中に活躍した関の刀匠です。

この刀は洋鉄丸鍛工法にて鍛造された品で、関刃物工業組合による検査合格刻印(桜に昭)が指表銘上に刻されています。
現在無知識な登録審査員によって、刻印ある刀を登録対象としない風潮にありますので、こうした刻印入りの刀は貴重な存在となっています。

折り返し鍛錬(古式鍛錬法)にて鍛造された刀には、刃がらみが出たりと、使用上において敬遠される疵がつきものですが、この刀の場合は疵が出ないため、刃がらみが生み出す刃毀れ等を心配することなく、試斬稽古に存分にご使用いただけます。

附属の拵は当店々主である町井勲監修による武用拵で、柄は親鮫をぐるっと一枚腹合着にした贅沢品。柄糸は上品な正絹藤色柄糸にて武用に適した諸捻りで巻き上げました。研磨に関しては細名倉砥までかけた段階でコピー用紙がすっと切れるか確認するよう担当研師に指示しましたので、居合、試斬稽古に存分にお使いいただける仕上がりにしております。
届いてすぐに使える武用刀をお求めの方、是非この一刀をご検討ください。

裸身重量769グラム。 拵に納めて鞘を払った重量1,099グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA