脇指 赤穂住則之 天保十年二月日

脇指 赤穂住則之 天保十年二月日

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/348/00.html

因州頼之門。生国備前。俗名を佐々木三郎兵衛と称し、天保頃に播磨で活躍しました。

この脇指は小板目肌が良く練れて詰み、互ノ目丁子を巧みに焼き上げ、乱れの刃中沸づいて足よく入った見所ある作品。
赤穂にお住まいの方や赤穂出身の方には是非とも郷土刀としてご所持頂きたい一刀です。
※委託品

裸身重量390グラム。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA