無銘(末関)

無銘(末関)
無銘(末関)
– Mumei (Sueseki) –
 
末関とは室町後期の末古刀期に活躍した美濃刀工の総称。三本杉で知られる孫六兼元も末関刀工の一人です。
本刀は個銘極めがされておらず、大きく末関と極められた一刀ですが、その出来栄えは刀剣趣味人なら誰もが末関と鑑る典型的な作風であり、延びた切先も、室町後期に流行った典型的な体配を示しており、地鉄が白く肌立つ作品が多く経眼される末関にしては、緻密に練られた肌は大人しく立ち、美しく纏められています。特筆すべき疵欠点もございません。写真では帽子の焼刃が見辛いですが、焼刃が抜けている等と言った欠点はございませんのでご安心下さい。
また、本刀は当店にて上研磨を施しました。研ぎあがったばかりの清々しく、凜とした末関の刃の美しさをご堪能下さい。
 
附属する陸軍刀拵は、常に見るものより鐔が厚い高級品で、元は二鐶吊りの九四式の第二佩鐶が外されたもの。清原なる将校が所持していたもののようで、金具や柄木に至るまで、全てに「清原」とけがかれています。
 
裸身重量611グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,074グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です