刀剣の保管に5-56は良くないのか??

この問題は数日前、私がツイッターで知り合った槍のコレクターに

「長期手入れが出来ないときには5-56が有効ですよ。」

とツイートしたことから、一部の愛刀家の間で問題になった議題です。

 

刀剣=伝統文化

 

そう頭堅く考えている人にとっては、5-56での刀の手入れ保管はもっての外と決め付けて止まないようですが、科学は日々進化しており、従来の手入れ保管方法より優れた方法が生まれているのは事実です。

例えば刀に塗布された古い油を拭い取るのに、昔は拭紙と打粉を使ったものですが、打粉は元来、内曇砥の粉末ですから、研磨状態の劣化を招き、拭いボケと称される状態になります。

それを抑えるべく、近頃ではレンズ用のクロスが打粉に代わりつつあります。このクロスで拭うと、打粉を使わずともほぼ油膜を除去することが出来るのですから、大いに良いことだと思います。

しかしながら刀剣に塗布する油の問題ともなると、刀剣用の油にこだわったり、シリコンオイルを代用しても、なぜか5-56だけはダメだと言う人が多いのです。

 

私は現在かなりの数の刀剣を在庫に抱えており、また、自他共に認める槍コレクターでもあるため、手入れしなければならない数は膨大です。当然ながらこまめに手入れをすることもままなりません。

そこで私が使用しているのが5-56なのです。

皆さんが知らないだけで、無鑑査の称号を持つ刀職をはじめ、刀に携わる職方の多くが実は5-56を使用しています。勿論、イメージを損なわないよう、表立っては公表していません。

今回の5-56ツイッター事件に関しては、とある刀剣愛好家の方が、思い込みによって事実とは異なることをさも事実のようにツイートされていましたので、この機会に5-56都市伝説を打破しようと、今回このブログを記述する次第です。

調査にご助力頂きました刀友の皆様や、数々の有意義な情報を御提供下さった皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

 

呉工業様の公式サイトにある問い合わせフォームより、呉工業様に以下のような質問を致しました。

 

5-56について、現在ツイッター上にて日本刀やそれ以外の物について使用法の議論を行っているのですが、様々な意見が錯綜(さくそう)しており、御社の御見解を頂きたく存じます。

1.鍛接した鋼製の日本刀の保管時に、5-56を使用すると、浸潤効果により刀の金属がスポンジ状になる、という意見がありましたが、鍛接レベルで結合させた鉄に於いて、そのような事はあり得るのでしょうか。

2.バイク等のチェーンに、走行時の潤滑用として556を使用する方がいるようですが、これは誤った使用法と思います。FAQでは見つけられなかったのですが、バイクに乗る方達の安全性の為、敢えてお尋ねさせて頂きます。

3.5-56の塗布後、皮膜が形成された後に、ずっと匂いが残る、という意見があるのですが、皮膜が形成された時点で揮発性の匂い成分は揮発して無臭の状態になる、と経験上認識しているのですが、塗布後、長期にわたって匂いが残る事はあるのでしょうか。

 

上記の質問に関する呉工業様からの回答は以下の通りです。

 

1. 鍛接した鋼製の日本刀の保管時に、5-56を使用すると、浸潤効果により刀の金属がスポンジ状になる、という意見がありましたが、鍛接レベルで結合させた鉄に於いて、そのような事はあり得るのでしょうか。
→回答
「5-56」の効果において、鍛接された鉄がスポンジ状になることはございません。

2. 5-56の塗布後、皮膜が形成された後に、ずっと匂いが残る、という意見があるのですが、皮膜が形成された時点で揮発性の匂い成分は揮発して無臭の状態になる、と経験上認識しているのですが、塗布後、長期にわたって匂いが残る事はあるのでしょうか。
→回答
おっしゃられる通り、5-56を塗布した後、塗布量や塗布面積によりますが、ある程度時間がたてば、匂いが残る事はございません。

3. バイク等のチェーンに、走行時の潤滑用として5-56を使用する方がいるようですが、これは誤った使用法と思います。FAQでは見つけられなかったのですが、バイクに乗る方達の安全性の為、敢えてお尋ねさせて頂きます。
→回答
オートバイのチェーンの潤滑には専用の「チェーンルブ」や「スーパーチェーンルブ」をお勧めいたします。製品の詳細は次のURLをご参照ください。「チェーンルブ」https://www.kure.com/product/detail.php?item_id=26 「スーパーチェーンルブ」https://www.kure.com/product/detail.php?item_id=28

 

上記の通り、刀剣の手入れ保管用として5-56を使用することに問題はございません。

スポンジ状になり、内部から発錆を起こす等と言った情報は、愛刀家の間で生まれた都市伝説と認定して過言はないでしょう。

この議題で私はツイッターにも記載しましたが、本当にスポンジ状になったり、5-56によって金属疲労を起こした、内部から錆びた。と言う症例があるのなら、その現物を提示して見せて頂きたいと考えています。もし、私の見解が誤りであって、刀剣を損なうことを助長することになっては本末転倒だからです。

但し、漆塗りの鞘等に、どのような影響があるのかまでは調べていませんので、使用は白鞘に納められているものに限定し、樋の中を朱漆などで塗られた物に関しては、5-56の使用は避けたほうが良いかと考えます。これは樋の下の錆に5-56が浸透することで、朱漆が剥離してしまう可能性がないとは言えないからです。中心に朱銘があるものに関しても、現段階では使用は控えた方が良いかもしれません。

こうした漆に関する影響については、また後日、呉工業様他諸先輩方の見解もお聞きしたいと思います。

 

上記の他にも、5-56を用いることで金属疲労を起こすと言うツイートもありましたが、どうやらそれも都市伝説のようです。どうも5-56の謳い文句である「サビをとる」の一言が、5-56に研磨剤混入やその他勝手な妄想を刀剣愛好家に植え付ける元になっている気がしてなりません。

 

とかく刀剣の世界は閉鎖的な考えが多いようで、電動工具を用いて諸工作をすることに対しても、邪道だと言われる方がおられますが、何も全て人力でしなければならない掟はありません。刀の下地研磨に電動円砥やベルトサンダーを使うことは、いまや刀剣界(職方の世界)では常識ですし、鞘を作るにしても、昔通りに全て手で鞘の材料を二つに割っているわけではなく、帯鋸を用いて時間短縮を図っています。

全て手仕事で行う伝統も大切です。一通りの技術を身につける必要性は絶対にありますが、文明の利器を用いた工作に関しては、もっと認められるべきだと考えます。

むしろ大々的に問題にしなければならない問題は、研師の下でまともな修行すらしていないのに、近頃では研師を騙る人が増え、その拙い技術で人様から研磨代金や諸工作代金を取って生計を立てようとしているにわか刀職の存在かと思います。文化財としての刀剣を後世に健全な姿で残していくためには、刀鍛冶と同じく、研師や鞘師に関しても、国家資格制度にすべきではないかと考えます。

 

今回のまとめ…

5-56を刀剣の保存保管に使用しても差し支えは無い。※但し、使用する条件による。

あと、私のようにこまめに手入れが出来ないほどの量は抱えるべきではありません。やはり常日頃からこまめな手入れができる範疇に留めるのが一番の手入れ保管方法かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です