三原城主、小早川隆景お抱え講 三原住人正真

三原城主、小早川隆景お抱え講 三原住人正真
三原住人正真
– Mihara junin Masazane –
 
備後國の刀工で、同名工が数人見られます。本刀は、無鑑ながらも天文頃に活躍した、三原城主小早川隆景の鍛冶と思われます。
 
杢目肌が肌立ち、表は大肌を交え、匂口は明るく、規則正しく並んだ互ノ目を焼きあげ、足よく入り、刃縁には細かな砂流が随所に見られます。
現状は手入れ悪く、薄らと錆が出ている箇所があり、フクラより下の刃先に痛みが見られます。表に護摩箸、裏に腰樋を掻いた出来の良い小脇指(寸延び短刀)ですので、是非とも良い研磨を施し、大切に後世に伝え遺して頂きたいと言う思いから、お値段も研磨代を考慮したお手頃な価格で御案内致します。
 
裸身重量214グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です