鬚次 ~大切先の豪壮な一刀~

鬚次 ~大切先の豪壮な一刀~
鬚次
– Higetsugu –
 
鬚継は江戸前期の寛文頃に讃岐で槌を振るった刀工ですが、本刀は継が次になっており、銘に関しては首肯できないため、出来の良い無銘刀としてお考えください。
 
地鉄はよく練れて詰み、少しく肌立ち、部分的に大肌も見られる。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れで、足よく入って砂流かかり、刃中沸えた箇所が部分的に見られる出来口。
 
附属する拵は赤褐色系の変わり塗りで状態は良いものの、鞘に変形が見られるため、刀身を鞘に納めるとヒケが入る恐れがありますので、参考品として御所持頂き、居合や武用刀としてお使いになられたい場合は、鞘のみ新調されることをお薦め致します。
 
裸身重量899グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,171グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です