河内大掾國定

河内大掾國定
河内大掾國定
– Kawachi daijo Kunisada –
 
國定は美濃の名工兼定の流れを汲む会津兼定一門の刀工で、俗名を古川孫太夫。正保中河内大掾を受領。刃味に定評があり、業物指定されています。入道兼定の弟としても知られます。
 
この脇指は杢目肌良く練れて詰み、少しく肌が立ち、鎬地は柾が強く現れた地鉄に、匂口明るく冴えた湾れ調子に互ノ目を交えた刃取りで、刃中には金筋が見られます。
 
※未鑑定刀ですが、保存刀剣審査受審の価値はある一刀です。
 
裸身重量464グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です