三品但馬守兼光 以宍粟鋼作之 ~摂津國尼崎藩工~

三品但馬守兼光 以宍粟鋼作之 ~摂津國尼崎藩工~
三品但馬守兼光 以宍粟鋼作之
– Mishina Tajima no kami Kanemitsu –
 
本工の兼光は江戸中期に槌を振るった刀工で、尼崎藩工として活躍しました。銘鑑によると享保と寛延にそれぞれ同銘の兼光が確認でき、本刀は寛文新刀姿の名残が感じられる姿から、享保頃に活躍した兼光と鑑せられます。
 
この脇指は江戸中期の作でありながら、反りは浅目で寛文新刀の名残を見せ、小板目肌杢交じりのよく練れた地鉄が少しく肌立ち、互ノ目の上に玉を連れ並べたかの如き複雑な刃取りで、匂口明るく冴え、刃中には長く連なる砂流が随所に見られ、砂紋を見るかのような傑出した出来口を示す兼光の秀作です。特別保存刀剣鑑定同時審査を是非御受審下さい。
 
裸身重量544グラム。
※委託品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です