三品但馬守兼光 ~摂津國尼崎藩工~

三品但馬守兼光 ~摂津國尼崎藩工~
三品但馬守兼光
– Mishina Tajima no kami Kanemitsu –
 
本工の兼光は江戸中期に槌を振るった刀工で、尼崎藩工として活躍しました。銘鑑によると享保と寛延にそれぞれ同銘の兼光が確認でき、本刀は寛延頃に活躍した兼光と鑑せられます。
 
この刀は小板目肌良く練れて詰んだ地鉄に、粕立った大肌風の肌を交え、刃文は中直刃調に互ノ目足を盛んに交え、刃縁に湯走風の働きを見せ、身幅広めで帽子が延び、豪壮な造り込みになっています。
 
裸身重量870グラム。
※委託品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です