無銘(新々刀海部)

無銘(新々刀海部)
– Mumei (Shinshinto Kaifu) –
 
 
海部鍛冶は阿波徳島の海部師久を祖として幕末まで幕末まで栄え、江戸時代には蜂須賀家のお抱え工とし徳島城下で活躍した一派です。
作品の多くは片切り刃造で沸出来の物が多く、阿州住某等と銘を切り、刀身銘が多々見られ、棟を鋸刃に仕立てた物も現存します。
 
この刀は元先の差が程好く開き、地鉄は黒味を帯び、柾気が強く、地沸厚く付いて強い印象を与えます。刃文は匂口明るく冴えた緩やかな湾れで、刃中には砂流や金筋が随所に見られ、足入り、指表の区上には二重刃風の刃も見られるなど、地鉄が粗く、数打物のイメージが強い海部刀としては異色の出来の良さを誇る一刀です。
 
裸身重量807グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1052グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です