無銘 (同田貫) 身幅広く切先延びた豪壮な一刀

無銘 (同田貫)
– Mumei (Dotanuki) –
 
 
肥後同田貫派は室町期の九州を代表する流派として名高く、一門には正國、上野介、又八、左衛門等の多くが排出されました。
この派は身幅広く、重ね厚く平肉の豊かな豪壮な造り込みの刀で知られますが、一方で鎬造りの刀の他に大身槍や大振りの薙刀の作例も数多く経眼されます。
 
この刀は大きく磨り上げられた現在も、二尺五寸近い刃長と、広い身幅を誇っており、鋭く延びた切先が如何にも同田貫らしい武骨さと強さを感じさせます。刃文は表は直刃調に所々湾れごころを交え、横手下で互ノ目を焼き上げて飛焼かかり、裏は直刃調に湾れを交え、、刃中には小足や砂流、金筋等が見られ、様々な景色を見せてくれます。
 
既成品の鞘に納まりますので、安価にて拵製作も可能です。
 
裸身重量987グラム。  ※委託品
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です