備州長船祐定 天文十年八月日

備州長船祐定 天文十年八月日
– Bishuosafune Sukesada –
 
 
反り深く、元先の差開いた上品な姿。地鉄は杢目肌よく練れて少しく肌立ち、刃文は直刃調に極僅かに湾れ、刃中は砂流や金筋が現れ、刃縁に打除風の刃や二重刃風の刃を伴い、帽子は直ぐに丸く返る。
手持ちはバランス良く手元重心。茎は斬撃力高い打刀として用いるためであろう、棟方を削ぎ落して茎の反りを抑えている。
 
附属の陸軍九八式軍刀拵は残念ながら刀身と拵は後家で、切羽も通番号が揃っていないものの、金具の山吹色もしっかりと残っていて状態は良く、分解しない限りオリジナルに見紛う。
 
裸身重量724グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,131グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です