備中守藤原清宣 承應二年八月日 ~清宣傑作刀~

備中守藤原清宣 承應二年八月日 ~清宣傑作刀~
備中守藤原清宣 承應二年八月日
– Bicchu no kami Fujiwara Kiyonobu –
 
備中守藤原清宣は、美濃関七流の徳永派の鍛冶で、初代近江守清宣の子です。鍛刀の評価としては初代より上手と云われ、地刃優れた作品を残しています。
 
この脇指は、元先の幅差が上品に開き、重ねも厚く健全。反りが程好く美しい姿に、小板目杢交じりで鎬際柾目の肌がよく練れて詰み、地沸ついて地景入り、なんとも言えぬ精良な地鉄。刃文は匂口明るい中直刃で、僅かに広狭を持たせ、一際明るく二重刃を焼き、互ノ目足入り、物打辺りには解れ風や食い違い風の刃を交え、帽子は直ぐに先丸く返り、単調なる直刃に見えるも見どころ多く、美術館商用上研磨の状態も良い上に、キッチリとした下地研磨がなされているため、見た目にもスッキリと、凛と整えられた姿に地刃の見事な冴えは、飽きを感じさせず、まさに備中守藤原清宣名作中の名作です。特別保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
 
裸身重量582グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です