修心館大阪北道場 

大阪北道場チラシ

4月から本格的に活動開始予定の大阪北道場では、プレオープン中の現在も、入門希望者を募っております。

主に指導は私の長男である町井友哉が行いますので、私とはまた異なる雰囲気の中で私が組み立てなおした居合術を学んで頂けます。

月謝は

一般の方 8,000円

大学生の方 6,000円

中・高校生の方 5,000円

と現在のところ定めております。小学生の方に関しましては、友哉と御相談下さればと思います。

 

大阪北道場一期生として、ご一緒に居合術を楽しまれてみませんか?

地下鉄天神橋筋六丁目駅11番出口から徒歩四分と、非常に便利な立地にあります『侍会館』にて、毎週月曜の夜に稽古を致します。

居合形はそのまま体術になる

居合は刀を使うだけの武術だと思われがちですが、私の見解では違います。

普段単独で行う居合形、実は体術の要素が多々含まれています。

居合形は刀の抜き差しを覚えるためのものではなく、体術を身につけるために、刀という定規を使っているものだと私は考えています。

そのため修心流居合術兵法の稽古では、時折この動画のように居合形を体術に応用した居合柔術の稽古を行っています。

居合形を考案した先人には頭が下がる思いでいっぱいです。

 

第三回修心流居合術兵法北京支部直伝稽古

17日、午前10時より午後8時まで、修心流居合術兵法北京支部五輪館道場に於いて、第三回直伝稽古を開催しました。

今回の稽古課題は【初伝形を初伝之抜にて全11本を覚える】ということで、みっちりと単独で行う居合形稽古を指導。

今回、新たな試みとして、稽古の様子をVR撮影しました。

まるでその場にいるような感覚で修心流居合術兵法の稽古を見ることができるようにするそうです。

当日は北京のラジオ番組から取材も受け、その取材陣が業を体験したいとのことでしたので、組居合脇指居業之部の動きを体術で表現。何が起きたのか解らない一瞬で倒される様子に大変驚かれていました。

 

撮影したVR動画を拝見。切先が飛んでくる臨場感は半端なく迫力がありました。

今回の講習会に限らず、日本国内での指導でも感じることですが、「指導者に頼りすぎ」なのです。

物理的な解釈も当然致しますが、基本は自分自身が眼で業を盗まなければ上達はありません。

単独で行う形稽古の場合、手本を示す指導者の形をそのまま真似るのが最善の近道。なのにそれすらできない人が多いのです。

刃の角度、腕の角度、足がどの位置にあるのか? と言ったことは、説明を受けずとも自らが気付いて真似なければいけません。

長丁場の指導の中で、同じことを注意されるのはせいぜい2度までに留めるべきであり、形を抜く度に毎回注意を受けているようでは、技術は何も身につきません。門弟達には『まず眼で形を盗む』習慣をしっかりと身につけてもらいたく思います。

 

 

 

活きた形を身につける ~中伝形 浮雲~

単独で形稽古を行う居合形。
やもすれば単なる踊りになりがちです。
活きた形を身につけるには、形の想定をしっかりと頭に叩き込み、受けを置いて実際に業をかけることが必要となります。

 

例えば英信流で言うなら「浮雲」と呼ばれる形。道場や先生方、また、名を変えた夢想神伝流などを見るに、同じ形なのに同じ形に見えないですよね。

 

それはなぜか?

 

実際に受けを置いての稽古をせず、単独での形稽古ばかりをしていたからだと私は考えています。
同じ業でも、相手の位置や手足の角度によっては確かに業の所作は変わってきますが、想定が同じであれば形が変化するはずがありません。

 

今回の動画の後半では、中伝居合形「浮雲」の稽古風景を御紹介しています。
この動画を通じて修心流居合術兵法(旧称 無双直伝英信流町井派)にご興味を持って頂き、その名を知って頂ければ幸いです。

己の中心を護り、敵の中心を捕る

今夜の定例稽古課題。

 

・初伝居合形五本目迄。丁寧にゆっくりと抜く。

・模擬刀での紙斬りを少々。

・各々で稽古したい形を抜く。速さについてもそれぞれに任せる。

・剣術(鐔留)

 

動画を撮ろうかと思っていたのですが、稽古に集中して撮り忘れてしまいました。

また機会があれば御紹介致します。

剣術“鐔留”は、怖がって横に逃げたり、腰を捻る動きでは、自ら自滅してしまいます。己の中心をしっかりと護りながら、敵の中心を瞬時に捕ることが成功の秘訣。

地に伏す相手を斬る ~八重垣等での斬り下ろし~


切り倒しまたは引き倒して、地面に伏す相手を真向に斬るには、振り下ろす刀を地面すれすれでビシッと止める技術が必要。
この動画は刃がついていない居合稽古用模擬刀を用い、低い位置に垂らしたコピー用紙を、地に刀を当てずに斬る様子を映しています。

ゆっくりと正確に形を稽古する

居合術は刀を抜き差しするだけの武術ではありません。
身体操作を身につけるにおいて、日本刀という物差しを用い、形稽古の中で無駄な動きを排し、身体本来の動きを探求するものです。

故に速抜きでの形稽古は初伝之抜、中伝之抜、奥伝之抜の三伝をしっかりと身につけた後に初めて行うものであり、速抜きを行うと言うよりは、必然的に速くなっているというのが理想かと考えます。
昨今、居合の形稽古において鞘を削る、割ってしまうという方がおられますが、そう言った順序を無視し、三伝を身につけていない状態で速抜き稽古を行ったり、速抜きすることこそが居合、剣術だと勘違いした稽古をするから、刀身にヒケ(擦り傷)をつけたり、鞘を無駄に壊してしまうのです。

数字を覚えた程度で因数分解はできないのと同じです。足し算引き算、掛け算割り算と言った、基礎をしっかりと身につけて初めて因数分解ができる。
自身の愛刀の鞘を覗き、削りカスや切り傷があるようでは、まだまだ速抜き稽古が出来る段階ではありません。

急いては事をし損ずる

昔の人はこのような言葉も残しておられます。
焦らず、楽しく、ゆっくりと稽古を重ねましょう。

初伝居合形

無双直伝英信流町井派を改め、修心流居合術兵法に名を変えてからは、本家を名乗る無雙直傳英信流の連盟や団体に遠慮することがなくなり、思いのまま、気の向くままに自由に稽古をするようになりました。
形を通して身体捌きを身につけるにあたっては、初伝形も初伝之抜、中伝之抜、奥伝之抜と三種にわけ、それぞれのレベルに合わせた稽古を行っています。

ざっくばらんにその違いを記しますと、初伝之抜では両手を刀にかけるまでの動きに特徴があり、横一文字の後の振りかぶりまでの動きでは両手にて受け流す形を作りながら行います。中伝之抜では半身のきりかたが初伝と異なり、両手で受け流す形だったものを片手で行います。一般的な英信流の居合に見る形に近いですね。奥伝之抜では両手のかけ方が手からではなく、肘の抜きにて行い、振りかぶりは片手受け流しまたは中心立ての要領で行います。

それぞれ納刀の動きも異なり、初伝之抜でははばき元から。中伝之抜では刀身の中程から。奥伝之抜では物打からとなるのですが、正面から見るとこの三伝の納刀はいずれも同じ動きに見えます。

他流や他道場では、奥納刀と言えば手首をくるっと返し、切先納めますが、修心流では独特の術理があって、こうした奥納刀を良しと考えておりません。あくまで三伝の納刀はいずれも同じ動きでなければならないのです。その理由についてはここでは触れません。

速さとは自ら速く動くものではなく、無駄の無い動きの中で自然と出来上がってくるものだと考えています。
故にゆっくりと丁寧に反復して居合形を抜く稽古を重ねるのです。
ゆっくりと正確な動きができないのに、速く動いてもそれは無駄な動きの塊であり、隙多き動きなのです。

修心流居合術兵法 アメリカシアトル支部直伝講習

9月8日に関空を発ち、アメリカのシアトル空港に降りました。
半年間、支部としてではなく、修心流居合術兵法稽古会と題して活動していたシアトル(カークランド)の方々を、このたび正式にシアトル支部として認定する記念すべき稽古会。

20160908-1
9ヶ月ぶりに訪れるカークランド

9日は尾中シアトル支部長の御厚意により、シアトルの街を観光。
20160909-1
清々しい朝

20160909-2

20160909-3

20160909-11

ブルース・リーの葬儀が行われた教会。今はバーになっているそうです。
20160909-13

20160909-12

珈琲豆焙煎工場が附属しているスターバックス。一号店と並び人気が高いそうです。
20160909-10

店前のタイルには珈琲豆があしらわれています。
20160909-9

20160909-8

20160909-7

20160909-5

20160909-6

ブルース・リーが眠る墓地へ。
20160909-16

20160909-19

20160909-20

20160909-21

同墓地でフリーメイソンのマークを発見。
20160909-22

昼食は生牡蠣。
20160909-17

20160909-15

提供される牡蠣の産地を示した地図。
20160909-14

ブルース・リーの母校でもあるワシントン大学。とにかく敷地が広大です。
20160909-23

20160909-24

20160909-25

20160909-26

20160909-27

20160909-28

20160909-29

20160909-30

20160909-31

20160909-32

20160909-33

20160909-34

20160909-36

20160909-37

20160909-38

20160909-39

20160909-51

20160909-40

20160909-42

20160909-43

20160909-41

20160909-44

20160909-45

校内のこの広場が、ブルース・リーがジークンドーを教え始めた場所とのこと。
20160909-35

水上飛行機が空を舞う。
20160909-46

20160909-47

20160909-49

20160909-50

夕食はシアトルで有名なフライドチキン屋へ。
20160909-48

夕方からはシアトル支部定例稽古に赴き、門弟一人一人に直伝指導。

シアトル支部稽古場。
20160909-52

10日と11日の二日間は、10:00~17:00まで、みっちりと直伝講習会。
しかし時間が過ぎるのはあっという間で、時間が足りないと思うほど熱が入った稽古ができました。
今回の講習会には遠くコロラドからも三名の合気道経験者が参加され、日頃合気道で学ぶ剣の術理を、修心流居合術兵法の稽古の中で再確認されました。

img_9054

img_9053

img_9042

img_9041

img_9039

img_9038

稽古課題は

・居合初伝形初伝之抜
・二刀
・脇指組居合居業之部数本
・居合柔術
・剣術(主に請流)

など。

今後の活動が期待されるシアトル支部。次回の直伝指導が楽しみです。

盗む

居合術を教授する時、私がよく門弟に言う言葉。

眼で盗め!

手取り足取り教えるのは簡単で、教わる方も「なんて親切な指導」と思うことでしょう。
しかし、RPGを攻略本を見ながら安易にクリアするようで私は嫌いです。

そう言う指導は短期間で形は上手になれても、技術としては身につかないのではないかと考えます。

とにかく「眼で盗め!」と口うるさく指導するのですが、正直なところ「何を見てたの?」と落胆することが多い。
形の手順をすぐに覚えることができなくても、一刀一刀における刀の位置、角度くらいはせめて一度で覚えてもらいたい。
一度で覚えることができなくても、10ある動きならその中の1だけでもいいから、己の眼で見て覚え、身につけてもらいたい。

どうしてそんなことをするんですか?

と言った質問も良いが、初心者のうちはただ黙って師の動きを忠実に写すことに専念すべし。