無銘(伝 二王) ~鎌倉時代の名短刀~

無銘(伝 二王) ~鎌倉時代の名短刀~
無銘(伝 二王)
– Mumei(Den Niou) –
 
周防国二王派は、保延頃の清真、または清平を祖として始まると伝えていますが、確実な遺作は確認されておらず、今日では清綱を事実上の祖としています。
清綱の現存する作例では「文永二年三月 清綱」と書き下し銘のある太刀が厳島神社に存在し、次いで建武二年紀の「防州玖珂庄清綱」銘の短刀が知られ、以後同銘は室町時代まで連綿と続いています。
周防国には東大寺などの寺領が多く存在し、二王派の作風に大和色が強いのは、大和本国との交流によるものと考えられており、二王の名の由来については諸説あるものの、周防国の仁王堂が火事に遭った時、仁王像を繋いでいた鎖を清綱の太刀で断ち切って、仁王像を救い出したことに由来するとされるものが通説となっています。
 
この短刀は三ツ棟で細身の鋭い造り込みが印象的であり、元の方は匂口ふわりと柔らかい感じの細直刃で、物打辺りからはぐんと焼き幅を広げ匂口一際明るく冴え、小さな金筋を交え、指裏返り部分には沸筋が食い下がるなど、古調で見所ある作風を示しています。
鎌倉時代から今日まで生き続けて来た歴史浪漫溢れるこの一刀。お求め易い価格にて御案内致しますので、是非この機会にお求め下さい。
 
裸身重量116グラム。

短刀 無銘 ~刀剣趣味を始められる方にお薦めの一刀~

短刀 無銘
無銘
– Mumei –
 
柾気勝ちの小板目肌が肌立ち、明るい匂口にて互ノ目乱れを焼き、細かな砂流がかかった作品。特筆すべき鍛錬疵無く、現状古研ぎのため、ヒケや一部に変色程度の薄錆が見られるも、美術鑑賞刀として申し分ない一刀で、筋違模様の銀着せはばきが装着されている点からも、大切にされてきた様子が窺えます。
これから刀剣趣味を始められる方や、御守刀をお探しの方に、お求め易い価格で御案内致しますので、是非この機会にご検討下さい。
 
裸身重量118グラム。

兼次

兼次
兼次
– Kanetsugu –
 
兼次は因州池田家に仕えた刀工で、因州に移住した兼先の後裔で、数多の利刀を鍛えました。
 
本刀は切先延びごころの鋭い姿に、杢目肌柾交じり大肌見られる地鉄を鍛え、美濃伝らしい尖り刃交じりの互ノ目乱れを焼き、刃縁は地鉄に絡んで砂流が随所に見られ、金筋入った作品で、いかにも兼次らしい覇気に満ちた出来口を示していますが、銘文に関しては個人的に追っかけ銘(無銘物や大磨上無銘物に他者が銘切ること。)ではないかと鑑せられます。
 
現状古研ぎで地刃の観賞に支障はございませんが、一部小錆が見られるものの、美術観賞刀としてじゅうぶんにお楽しみ頂ける一刀です。
居合や試斬などをされるお客様や、これから刀剣趣味を始められるお客様にもお求め易い価格でご紹介致しますので是非ご検討ください。
 
裸身重量661グラム。
※本刀は委託品です。

兼吉 ~関善定派~

兼吉 ~関善定派~
兼吉
– Kaneyoshi –
 
関善定派の刀工。
 
古い金着二重はばきが装着され、昭和26年石川県の大名登録刀であることから、古くは前田家の蔵刀であったものと推測され、杢目肌立った地鉄に直刃を焼き、匂口は深く柔らかく仕上げられています。
戦が多かったこの時代の二尺を切る刃長の作品は、脇指としてではなく、甲冑を装着した際の打刀として鍛えられたものであり、着物に帯巻いて帯刀するのとは違って、鞘引き等が制限される具足姿での抜刀を考慮しての体配で、これは彦根の井伊家に関する軍備資料にもその記述が見られます。
 
現状古研ぎで、長く目立つヒケ等が見られます。現状でも地刃の観賞は可能ですが、伝来の良い一刀だけに然るべき研磨を施し、後世に伝え残していただきたく、研磨代金を考慮した低価格にて御案内致します。
次世代に本刀を伝え残してくださる心ある方にお求め頂きたい一刀です。
 
裸身重量459グラム。 

伝 津藩藤堂家伝来 大磨上無銘越前兼則

越前兼則 伝 津藩藤堂家伝来
無銘(越前兼則)
– Mumei (Echizen Kanenori) –
 
桃山時代、越前国で活躍した越前兼則の良刀です。
兼則は室町時代後期に美濃関で活躍し、後に越前一乗に移り住んで鍛刀した越前刀工で、銘鑑によると「慶長五年」紀の作品や「関ヶ原御陣作之」と所在地名を添えた作品が残されている事から、その製作時期を窺い知る事が出来、その刃味凄まじく、良業物としてもその名を轟かせる名工です。
 
この刀は三重県の伊勢、伊賀を治めた藤堂家伝来品と伝える品で、登録証紛失により現登録証では昭和34年の登録年月日が記載されていますが、登録番号は78番と非常に若く、初期登録が昭和26年大名登録であったことと、藩政時代には直江志津兼友として大切に伝来されてきたことが窺がい知れます。
 
緻密に練られた小板目肌には一切の破綻が無く、明るく冴えた匂口には大粒の沸が盛んに付き、金筋や砂流が随所に見られ、激しくも情緒豊かな情景を見せています。
 
御手頃価格で著名大名家伝来の名品をお探しの方、家宝に相応しい一刀をお探しの方に心より推挙いたします名品です。
 
裸身重量748グラム。
※本刀は委託品です。

越前守源信吉 - Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi –

越前守源信吉 - Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi -
越前守源信吉
– Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi –
 
越前守信吉は初代信濃守信吉の三男で、山城国平安城に住して槌を振るいました。同銘が数代続く信吉の中でも越前守信吉が最も技術が高く、明暦頃から元禄にかけての作品を残しています。
 
この刀は反り程好、一見単調な直刃に見えるも、仔細に鑑ると刃縁に細かな変化が見られる玄人好みの一刀。昭和26年の岐阜県大名登録であることから、伝来の良さもうかがい知ることができます。
お求め易い価格にて御案内致しますが、居合や試斬のお稽古用としてお求めされるお客様は、申し訳ございませんが、本刀とそのうぶの拵の保存愛護のためにも御購入をお見送り頂くか、或いは稽古用の拵を新調されることを前提にお求め頂ければ幸いに存じます。
 
裸身重量722グラム。  拵に納めて鞘を払った重量984グラム。

無銘 ~上研磨仕上がりほやほや~

無銘 ~上研磨仕上がったばかり~
無銘
– Mumei –
 
兵庫県下よりうぶで買い付けた古刀仕込みの陸軍刀です。
当店にて上研磨を施しました。
地鉄は板目杢交じりでよく練れて肌立ち、匂口沈みごころで直刃調に小湾れや互ノ目を交え、横手下には二重刃風の刃も見られます。
一切の曇り無き清々しい研ぎ澄まされた地刃をご堪能下さると共に、是非とも保存刀剣鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量618グラム。  拵に納めて鞘を払った重量964グラム。

無銘(末三原)

無銘(末三原)
無銘(末三原)
– Mumei (Suemihara) –
 
備後国三原派は、備前・備中の両国に近いが、備前伝及び山城伝いずれの影響も受けず、鎌倉末期より室町末期まで一貫して大和伝を遵守しています。 従来は、正家が祖であるとされてきましたが、同工の年紀入りの作刀がいずれも南北朝期である為、最近では鎌倉末期の国分寺助国を祖とするという説が有力となっています。 三原派は、年代で大きく三つに分かれ、南北朝より以前を古三原、室町初中期を三原、室町末期を末三原と呼称しています。 また、三原派は古い時代から評価が高く、現在でも国の指定である重要文化財や重要美術品などに多くの作刀が指定されるなど、斯界で高く評価されています。
 
この刀は先反り(腰反りよりやや上から反る)で元先の差が開いた上品な姿をしており、粕立った大肌に湾れ調子の直刃を焼いた作品で、刃中変化に富み、小足が入るなど古雅な作風を示しています。一般的に末三原と言えば刃中の働き乏しい単調な直刃出来のものが数多経眼されますが、本刀はその出来口から、末三原と言うよりは三原(室町中期)と鑑る方が自然なように思われます。
 
裸身重量590グラム。

無銘(末関)

無銘(末関)
無銘(末関)
– Mumei (Sueseki) –
 
末関とは室町後期の末古刀期に活躍した美濃刀工の総称。三本杉で知られる孫六兼元も末関刀工の一人です。
本刀は個銘極めがされておらず、大きく末関と極められた一刀ですが、その出来栄えは刀剣趣味人なら誰もが末関と鑑る典型的な作風であり、延びた切先も、室町後期に流行った典型的な体配を示しており、地鉄が白く肌立つ作品が多く経眼される末関にしては、緻密に練られた肌は大人しく立ち、美しく纏められています。特筆すべき疵欠点もございません。写真では帽子の焼刃が見辛いですが、焼刃が抜けている等と言った欠点はございませんのでご安心下さい。
また、本刀は当店にて上研磨を施しました。研ぎあがったばかりの清々しく、凜とした末関の刃の美しさをご堪能下さい。
 
附属する陸軍刀拵は、常に見るものより鐔が厚い高級品で、元は二鐶吊りの九四式の第二佩鐶が外されたもの。清原なる将校が所持していたもののようで、金具や柄木に至るまで、全てに「清原」とけがかれています。
 
裸身重量611グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,074グラム。

無銘(法華) ~南北朝末期~

無銘(法華)
無銘(法華)
– Mumei (Hokke) –
 
鎌備後国法華とは、三原派とは別系の備後国葦田郡の国分寺跡に於いて鍛刀した一派を指し、その祖を助国と伝え、日蓮宗の信者に支持されていたとも云われています。 現在の鑑定基準として、法華極めの無銘物は、南北朝~室町初期にかけての作とされています。
 
この刀は総体に淡く映りが立ち、匂口沈みごころの直刃調小乱れを焼いた作品。鎬に彫られた二本樋の棟側チリが幅広く、これもまた本刀の特徴の一つと言えるでしょう。
600有余年の長き月日を生きてきた本刀を手に、遥かなる歴史浪漫をお楽しみ下さい。
 
裸身重量555グラム。