相州鎌倉住□行光 元徳三年(以下不明) ~映りの綺麗な一刀~

相州鎌倉住□行光 元徳三年(以下不明)
– Soshu Kamakura ju □ Yukimitsu –
 
 
銘の真贋不明。中心の状態等から察するに、焼き直し(再刃)ではないかと思われますが、それにしては出来が良すぎます。刃文には一切の破綻が無く、匂口は明るく冴え、刃中の働きも盛ん。地鉄には映りも立っており、ひょっとしたら… と好奇心をくすぐります。大阪にお住まいだった某コレクター(故人)愛蔵の一刀で、生前当店にて美術鑑賞用上研磨、上銀はばき、上白鞘を施しました。現在もコンディションは抜群です。製作年代を無難に室町時代と表記しましたが、日本美術刀剣保存協会未審査につき、こうした大銘物はひとくくりに偽物と決めつけず、一度保存刀剣鑑定を受けられるのも一興かと思います。仮に正真銘で焼き直しであったとしても、資料としてとても面白い一刀です。
※審査で偽銘と判断された場合、銘を消して中心を仕立て直せば保存刀剣鑑定は合格するものと思われます。
 
裸身重量409グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

長船宗久 ~当店にて色々新調しました!!~

長船宗久
– Osafune Munehisa –
 
判然と肌立った杢目鍛えの肌が印象的。寸法の割に身幅広く、湾れ調子に互ノ目乱れを焼き上げ、刃中も肌に絡んで複雑な働きを見せ、金筋や稲妻等見所多き出来口を示しています。
中心尻に四角い隠し鏨が見られ、資料としても面白い一刀です。当店にて白鞘、上銀はばき、美術鑑賞用上研磨を施しました。清々しい研ぎ上がったばかりの地刃の冴えをお楽しみください。
※委託品。銘の真贋保証はございません。
 
裸身重量259グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

備州長船祐光 永享十年二月 ~低予算でお探しの方!是非!!~

備州長船祐光 永享十年二月
– Bishu Osafune Sukemitsu –
 
 
刀身に鍛錬疵は無く、匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き上げている。御守刀や懐剣をお探しの方、これから刀剣趣味を始められる方にお薦めの一刀です。
※銘については首肯しかねますので、出来が良い無銘短刀としてお求めください。
 
裸身重量103グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

丹波守吉道 ~見応えのある刃文~

丹波守吉道
– Tanba no kami Yoshimichi –
 
 
丹波守吉道の御家芸、小沸本位の二重刃を幾重にも重ねて焼き上げる簾刃、見応えある一刀です。
 
裸身重量753グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~お求め易い低価格での御案内~

無銘
– Mumei –
 
 
杢目肌良く練れて詰んで少しく肌立った地鉄に直刃を焼き上げた作品。焼き出し部分は匂口が潤み、金筋や稲妻を交える。現状、古研ぎで一部薄い錆が見られますが、このままでも地刃の観賞は可能。
附属の拵は上等な革巻きの柄で堅牢なる仕上がりです。現状のまま、または再研磨を施して観賞刀としてお楽しみ頂くも良し、居合等武用刀として愛でて頂くも良し。お値段もお求め易い低価格で御案内致します。
 
裸身重量1017グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

越前住下坂貞廣 ~特別保存刀剣鑑定書付きがお求め易い価格で!~

越前住下坂貞廣
– Echizen ju Shimosaka Sadahiro –
 
 
貞廣は康継一門越前下坂派の刀工で、寛永17年(1640年)越前下坂に生まれ、越前の他、京でも作刀しました。
 
この刀は杢目肌良く練れて詰んだ精良な地鉄に、匂口明るく冴えた直刃を焼き上げ、刃縁に小沸が付き、刃中には細かな働きや鼠足、ほつれ等が見られます。
反り浅目で帽子がやや延び、身幅広目で重ねもしっかりとした丈夫な姿に、控え目釘を穿った様は、単なる美術鑑賞刀ではなく、刀本来の実用面も考慮した造り込み。どのような武辺者の腰に添えられていたのでしょうか。想像するのもまた一興。
 
裸身重量828グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

薩摩守藤原金高 ~丁子刃見事!~

薩摩守藤原金高
– Satsuma no kami Fujiwara Kanetaka –
 
 
杢目肌がよく練れて肌立った地鉄に、刃文の焼頭に沿って淡く棒映りが現れ、匂口極めて明るく冴えた互ノ目丁子乱れを巧みに焼き上げています。刃中には砂流や葉、金筋、足といった働きが顕著に見られ、頗る出来が良く、美術鑑賞刀として申し分ない出来口の一刀です。
 
附属の拵は穀物の種を蒔いて模様をつけた変わり塗り鞘で、刀身の出来に相応しい上等な金着はばきが誂えられています。鐔は実戦に於いても頑強なる板鐔で、銘が切られていますが当店では読解できませんでしたので、是非お客様ご自身で銘文についてお調べになってください。縁頭も飾り気がない赤銅磨地。まさに武辺者の好む拵です。
 
裸身重量455グラム。  拵に納めて鞘を払った重量693グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

山城大掾藤原義行 ~豊後住山城大掾藤原義行 と共に是非大小で!~

山城大掾藤原義行
– Yamashiro daijo Fujiwara Yoshiyuki –
 
 
江戸前期の寛文頃に豊後の高田で槌を振るった義行の脇指です。
緻密に練られた杢交じりの小板目が詰み、少しく肌立って精美。刃文は匂口明るく冴え、一切の破綻が無く、刃縁には繊細な働きが観取されます。
刀996 豊後住山城大掾藤原義行 と共に是非大小でお求めください。
 
裸身重量516グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~これから刀剣趣味を始められる方に!~

無銘
– Mumei –
 
 
杢目肌鎬地柾。互ノ目を三つ乃至四つつず一山に焼き上げた作品。これから刀剣趣味を始められる方にお薦め。
 
裸身重量594グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

國政 十六 ~身幅広く豪壮な一刀!~

國政 十六
– Kunimasa –
 
 
身幅広く、重ね厚い豪壮な片切刃造りの脇指で、棟は丸棟になっています。堂々と大きく深く切られた國政の銘には偽銘臭さを感じませんが、著名どころの國政ではなく、名もなき海部系鍛冶の一人ではないかと思われます。
但し、現日本美術刀剣保存協会審査では、著名工と同銘の作品は著名工の銘振りと比較して偽銘扱いになることが多いことも念頭に入れて置いてください。
指裏の中心には十六と切られており、元は城備えの一刀であったことが窺い知れ、資料としてご所持頂くにも適した脇指です。
 
裸身重量627グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。