鉄鐔は構図はもとより、鉄味を愛でるもの。写真撮影ではねっとりとした感じや潤いある鉄色を表現することがなかなかできません。

最終的には直接手にとってご覧いただくのが一番なのですが、ご来店が難しい方は写真を元もとに御判断頂かないといけません。

それぞれの鉄味を肉眼で見たのと同じように表現する技術が欲しいです。


鐔 586

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/tuba/586/00.htm

 

鐔 587

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/tuba/587/00.htm

 

鐔 588

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/tuba/588/00.htm

鐔5点追加しました。

お求め易く税送込です。

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

鐔に見る匠の技と美意識

松に鶴図透鐔
松に鶴と言えばわが国では縁起の良い図柄として知られています。繊細な鏨使いは見事で、透かしの構図も抜群。この鐔を拵に掛け、祝いの席に赴く士の姿が思い浮かびます。

続いては家紋を画題とした鐔のご紹介です。
丸に揚羽蝶紋透鐔
しっとりと潤いある鉄に揚羽蝶紋が透かし彫りされています。我が家の家紋は一番古い時代には揚羽蝶を用い、続いて丸に片喰紋、丸に剣片喰紋を用いてきました。私は好んで揚羽蝶紋を用いていますが、この鐔は妻に商品の仕入れと言いつつ、実は自分の刀の拵に掛けたいと言う思いから手に入れたものです(笑

丸に抱き茗荷紋透鐔
一見鉄地かと思いきや、素銅もしくは山銅製です。丸に抱き茗荷紋を透かし彫りにした鐔ですが、切羽台が他の鐔に比べるとかなり小さい。茗荷紋も常に見る一般的なものに比べると上部の形が異なるので、少し特殊な抱き茗荷紋と言えます。

こうした家紋を画題とした刀装具は、格式高い士が己の家格を誇示せんとして用いたのかもしれません。
私もいつか揚羽蝶紋をふんだんに散らした豪華な拵を自分のために造りたいと願ってやみません。

刀装具に見る武士の意識と美 ~与ってなぁに?~


葡萄を画題にした鐔です。葡萄は読みの発音が武道に通じるということから、武辺の者に好まれました。今で言うところの駄洒落ですね。
犬を画題にした刀装具は、眺める分には愛らしいのですが、武辺の者にとっては“負け犬”をイメージしてしまうもので、敬遠されたと言われます。


こちらは南蠻と呼ばれる鐔です。デザインがなんとなく海外チックですよね。
中国で造られ日本に輸入されたものもあったと聞きますが、長崎の平戸の金工師がそれら輸入品の鐔の斬新なデザインをいち早く取り入れ、独自に発展したと言われます。
この鐔は上部の宝珠の珠に仕掛けがあり、なんと中の珠がコロコロと動きます。鐔鳴り(鐔が緩く、カチャカチャと音が鳴る症状)を嫌う武士ですが、泰平の世にもなると耳を近づけないと聞こえない程度の音は、風流として許されたのかもしれませんね。


こちらは一見なんの変哲も無い板鐔。しかし驚かされるのはその薄さ!! なんと1.55ミリしかありません!!!
こんなに薄くて大丈夫?? ちょっと不安になりそうですが、そこは鐔工の腕の見せ所!! しっかりと鍛錬された地鉄に自信があるからこその薄さ。軽くて丈夫な鐔を求める士の注文によって造られたのでしょうね。華奢なようで実に力強い一枚です。


こちらは後藤与左衛門信安在銘の龍透かし。摂津国大坂伏見堀二丁目に住し、江戸中期の明和・安永頃に活躍した金工ですが、遺されている作品は極めて少なく貴重です。昔の人名には「与」と言う文字をよく見かけますね。末備前の名工、与三左衛門尉祐定にも与の字がありますが、これ、十を意味する文字なんだそうです。太郎、次郎、三郎、四郎、五郎、六郎、七郎、八郎、九郎、十郎と続き、11番目はと言えば十一郎ではなく、与一となるそうで、そうなると那須与一は十一番目の子。この鐔を造った信安は十人目ということでしょうか。

日本刀のことなら平成の侍、町井勲が店主の美術刀剣刀心にお任せ下さい!
国内外にその名を轟かす居合術家、修心流居合術兵法創流者である町井勲が店主を務める日本刀専門店です。他の刀剣店の追随を許さぬ武用刀への確実な目利きで、貴方の愛刀をお世話させていただきます。

美しき日本刀の世界 ~鐔(鍔)~

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm
鐔23点追加しました。

日本刀に見る美 ~鐔~

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

人物を画題とした鐔の数々

日本刀に見る美 ~鐔~

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

龍を画題とした鐔の数々