修心流居合術兵法 町井勲直伝講習会の御案内 ~in福岡県~

3月10日(日)
@ 場所は福岡市内・周辺を予定(参加希望者に確認出来次第お知らせ予定)
 
講習会(居合・剣術・居合柔術)
1部 基礎クラス1 10:00―12:00
2部 基礎クラス2 13:30―15:30
3部 応用クラス 15:45―17:45
懇親会 18:30―
 
受講費(両日とも同じ)
1日コース 15000円+会場費(人数割)
2コマ講習 10000円+会場費(人数割)
1コマ体験 5000円+会場費(人数割)
*1コマ体験は、基礎クラス1が対象になります。
*応用クラスの参加には基礎クラス1か2参加が前提になります。
 
会場 :福岡市内・周辺を予定
 
持参する物 :模擬刀、木刀(鞘付きが望ましい)模擬刀がなくても木刀持参は必須。
 
服装は居合稽古着(無い人は、動きやすい運動着と博多帯) 申込先 :syuushinkan@nihontou.jp メール件名に「福岡稽古会」と明記してお問合せください。
 
講習概要:
• 基礎1
無双直伝英信流の初伝形から礼法、基本刀法(鯉口の切り方、抜刀、納刀、斬撃、水平斬)と身体の捉え方。剣術は、真向斬、袈裟斬、斬上げについて学びます。基本として、膝行、坐法、立ち方や半身の切り方。形としては、前敵、八重垣、請流、介錯、抜打を稽古予定。
• 基礎2
無双直伝英信流の中伝形から横雲、虎ノ一足、浮雲、颪、真向を稽古予定。
剣術では三角請、請流しなどの受けを予定。
• 応用クラス
基礎1・2を応用して組居合の形稽古。仕太刀、打太刀の組みで斬る、受けるの間合い稽古を実践に沿って学びます。

修心館東京道場

4月から、大阪豊中岡町道場で修業している北山が、就職に伴いまして上京することとなり、これまでは月に一回または二回の直伝稽古だけだった稽古が、門弟が集まって週に一度は稽古をしようという方向性に向かっております。

直伝稽古は私が関西から出張する兼ね合いもあり、一日一万円の謝礼が必要ですが、門弟同士での稽古は稽古場使用料の割り勘程度で運営しようと思っています。

直伝ではないにしろ、先輩にあたる門弟達から指導やアドバイスを受けることができるので、高い月謝を捻出できない方にも向いているかと思います。

この機会に修心流に入門され、本当に使える武術としての居合術を学びたいと思われる方は、お気軽に私までご連絡下さい。

全剣連や他の居合道連盟を根底から覆しましょう!!

使えない居合は居合ではない!! それはただの健康体操だ!!

居合術を通じて日本人が日本人に戻ろう!!!

諸外国が恐れているもの、それは敗戦国日本が、かつての士(さむらい)精神を持つ日本に戻ること!!!

GHQが武術を禁じたその背景をしっかりと把握し、我々が真の日本人に戻りましょう!!!

2月の東京道場稽古体験者の声

2月24日の東京道場での稽古に参加されたK様から、嬉しいメールを頂戴しましたのでご紹介させて頂きます。

 

 

この度は、御指導頂きまして誠に有難う御座いました。
濃密で貴重な時間、素晴らしい経験をさせて頂きました。
またその上、ご家族の方々との食事の席にまでご一緒させて頂く事になり恐悦至極です。
ブログなどの文体から、その内面の優しさ、飾らないお人柄に惹かれたと申しましたが
実際にお会いさせて頂いた先生は、その更に想像の上を行く素敵で素晴らしい方でありました。
お優しく、もの凄く気さくで、そしてやはり不器用でいらっしゃいました(すみません)
「確認して下さい」とお伝えしようと思いましたが、稽古謝礼金の封を開けずにそのまま
片付けてしまわれた時には、思わず「この方にお仕えしたい」とまるで武士の様な気持ちが沸き起こりました(笑ってください。
稽古では、初伝とは思えない、これは奥義ではないかと思う様な内容に
聞かせて頂いて良いのだろうかと思いながらも、折角頂戴したこの機会にと
終始、先生の一挙手一投足から目が離せずにいました。何度も辛抱強く手本を示して頂き有難う御座います。
痛められていた、手首の方が無事回復されている事をお祈りしております。
お酒が沢山入っていらっしゃったので、ご記憶に残られているか分かりませんが
何度も、修心流へお誘い頂いた事も大変光栄でした。心は既に、勝手に、居合刀をお願いした時点で
先生の下に在るのですが。唯の末端の絵描き屋が出来る事は、先生の近辺でお買物をさせて頂く事位かと考えておりました。
恥ずかしながら、私の小遣いは月に3桁ですので…あまり稽古には伺えないのですが
先生が、東京ではHさんの様に正式入門せずとも来ても良いと仰って下さったので
また貯金をして、東京直伝稽古に伺いたいと思っております。
(本当は、入門して修心館に骨を埋ずめたいのですが)
妻にこの事を相談した所、今より2万円多く稼げば
そのままそれを直伝稽古に使って良いとの事でしたので、頑張ります!
その際は、是非また宜しくお願い致します。
この度は、諸々誠に有難う御座いました。重ねて御礼申し上げます。
K
居合刀を迎え入れる日も楽しみにしております