美術刀剣 刀心の新着商品紹介で、何故値段を伏せているのか?

美術刀剣 刀心がSNS広告で価格を伏せる理由

 

このブログや私のフェイスブック、ツイッターなど、各SNSを通じて新着商品の紹介をしていますが、いつも写真の価格欄にモザイクをかけていることに、皆様はお気づきでしょうか?

町のスーパーや家電製品店の広告を見ると、どれだけ安く販売するかを広く知らしめるために、大きく価格が掲載されていますよね。

しかし、美術刀剣 刀心では私の拘りから、それをしておりません。

食品や家電製品と違い、刀剣はそれぞれが一点物。その月々の店の経営状況に合わせ、価値あるものも時には破格の価格で紹介することがあります。

例えば先月は売上が少なく、ノルマに達していない場合など、先月分も含めて利益を出したいとの思いから、100万円の価値ある刀剣でも70万で販売することがあるわけです。

お店としてやっていくからには、周囲の反響を呼ぶように、

100万円のところ→70万円!!

などと広告すべきなのでしょうが、私は刀剣が好き過ぎてそれができません。故に商売下手です。

でも、それでいいと思っています。

消費者であるお客様の感覚にも問題があるのですが、100万の価値ある刀を70万で販売した場合、長らくコレクターのもとに収蔵され、代替わりする際に再び市場に出る時くらいにしか再評価されない現実があります。おわかりでしょうか?

解り易く例を出しますと、

A店で100万円の価値ある刀が70万円で売られていた。→Bさんが購入、数ヶ月で他の刀に買い替えのためC店に下取りに出す。→C店は100万円の価値がある刀なので適正評価である100万円で売りに出す。→家電製品や日用雑貨と刀剣を同じように考えている一部の消費者で、過去A店で70万円で売られていたことを知る人は、同一作品の刀がA店では70万だったのに、C店では100万で販売している。C店はぼったくりだ。と間違った個人的主観をネット上で拡散する。→C店はその刀が売れないためA店と同じく70万まで値下げする。或いはそれより安く販売する。→益々その刀の価値が正当に評価されず、安価な刀としてレッテルを貼られてしまう。

と言う悪循環を生み出すのです。

私は刀が好きなので、100万の価値ある刀は100万で販売され、消費者もその価値を認識し、正当な評価額である100万で購入すべきだと考えています。それが刀を守っていくことだと信じてやみません。

ただ、私も家族を養わなければならない現実問題もあり、正当な評価額より安く販売せざるをえない状況に陥ることもありますし、自分自身が若い頃、なかなか刀を購入することができなかった経験があるので、心ある方、本当に大切にしてくださる方にはなるべく金銭的負担をかけさせたくないという気持ちもあります。

そこで私は新着刀剣の紹介宣伝はしても、価格は伏せるようにしているのです。

買い手が付き、その刀が嫁入りすると同時に詳細データを速やかにWEBサイトから削除し、ブログやSNSに残る情報から、その刀の販売価格を残さないように心がけることで、何らかの事情で再び市場にその刀が出た時に、その価値を守ることに務めているというわけです。

過去、ブログでも度々言ってきましたが、未だに私の店『美術刀剣 刀心』を利用される方の中に「なんぼか安くならへんの?」と値切る方が散見されます。日用雑貨や家電量産品ではないのです。武士の魂とまで称された日本刀。武士の時代は終りましたが、刀剣をお求めになられる方は、私から見れば刀を求める武士と同じ。己の命を託し、勝負事に用いる道具を購入するにあたって、「引く」「負ける」は縁起の良い買い方ではありません。ご自身で求めようとする刀の価値を下げる行為は、刀剣という贅沢品を趣味にされるからにはおやめになってください。

物には物の買い方というのがあるものです。

伯耆守藤原信高 ~尾張新刀を代表する名工 愛媛県大名登録刀~

伯耆守藤原信高 ~尾張新刀を代表する名工 愛媛県大名登録刀~
伯耆守藤原信高
– Houkinokami Fujiwara Nobutaka –
 
信高は、政常・氏房と共に尾張新刀を代表する刀工。中でも信高は六代まで続き、初代から五代までが伯耆守を受領している名門。各代の銘振りが似ているため、代の判別は難しいですが、反りが浅い寛文新刀体配であることから、初代~三代までのいずれかの作であろうと鑑せられます。
 
この刀は地鉄が総体に目立って肌立ち、堀川國廣を連想させます。相伝色濃い出来口で、大粒の沸が刃縁を飾り、それが地に零れ地鉄に銀河の如き景色を見せ、足や金筋を交えた湾れ調子の互ノ目乱れの粋を楽しめる一刀で、特筆すべき疵は無く、磨り上げられていることのみが惜しまれる優作です。
 
当店買取時には古新聞に包まれ、はばきも何もなく、裸身で薄錆に覆われた状態でした。研磨順番待ちなど、数年の長き諸工作期間を終え、この度再びその輝きを取り戻した信高。
拵は店主町井勲(修心流居合術兵法創流者)監修の下、本刀のために各職方が精魂込めて造り上げた本拵です。親鮫をぐるりと一枚で巻いた柄を黒塗りにし、赤備えの剛の士をイメージして赤色の裏革にて捻り巻きに仕上げました。切羽も本手造りのガッチリとした造りですので、武術の心得ある方にも御満足頂ける拵であると自負致します。
昭和26年3月6日と、かなり初期の段階の登録であることから、親藩である伊予松山藩15万石、松平家旧蔵の一刀と推測されます。
上研磨仕上がったばかで清々しく、大名家伝来の来歴良い信高刀、中心を伏せれば堀川國廣に思わず入札したくなる名品を是非この機会に御入手下さい。市場初登場です。
 
裸身重量688グラム。  拵に納めて鞘を払った重量940グラム。

無銘 ~室町初期應永頃の反り深い作品~

無銘 ~室町初期應永頃の反り深い作品~
無銘
– Mumei –
 
兵庫県下の旧家よりうぶ出しの一刀をご紹介致します。
本刀を見て誰もがまず思うことは、その反りの深さではないでしょうか。一見鎌倉期の輪反りに見えるも、仔細に見ればそれとは異なり、重ね厚い丈夫な姿であることから室町初期、應永頃の打刀であることが判ります。
踏ん張りがついた姿は優雅で、武器であることを忘れさせる程です。沸が強く、刃縁には大粒の沸が盛んに見られ、躍動感ある互ノ目を焼いています。指表中間部にやや荒れた感じの肌が見られますが、総体的に健全。うぶ買い付けの姿そのままでご紹介致しますので、経年による拭いヒケや一部錆が見られます。
然るべき諸工作を施し、鑑定書を付けて出世させ、後世に伝え遺して頂きたい逸品です。
 
裸身重量744グラム。

奥州住道長(新々刀) ~新撰組隊長近藤勇の愛刀としてよく知られる会津の名刀~

奥州住道長(新々刀) ~新撰組隊長近藤勇の愛刀としてよく知られる会津の名刀~
奥州住道長(新々刀)
– Oushu ju Michinaga –
 
道長は三善長道の弟と伝えられ、新撰組隊長近藤勇の愛刀としてよく知られています。
慶応2年11月15日、近藤勇は三善道長へ会津の山本覚馬を通じて作刀を依頼。仕上がった刀は会津藩士永田権之助・清治親子が受け取って七条木津屋橋の近藤勇まで持参しました。それほど会津の三善道長は当時人気が高かったのです。
 
この刀は柾目に杢交じりの肌立った地鉄によく地沸が付き、互ノ目乱れの刃縁にも盛んに沸が付き、打除や二重刃風の刃を見せ、覇気ある出来口を示す作品で、鍛錬疵等は皆無の良刀です。
附属の打刀拵は兜図の縁頭がついた江戸期の古い拵で、黒蝋塗の鞘に鯉口には宣徳(真鍮)製の口金が付けられ、大東亜戦争時には軍刀として携えられたため、野戦用皮覆と縁に皮のストッパーが被せられていますが、これらを外して頂ければ、元の打刀拵に戻せます。
近藤勇も所有していた会津道長の良刀を是非コレクションにお加え下さい。
 
裸身重量696グラム。  拵に納めて鞘を払った重量948グラム。

拵入り無銘刀 ~少年用・女性用・試斬稽古用としてお薦め~

拵入り無銘刀 ~少年用・女性用・試斬稽古用としてお薦め~
無銘
– Mumei –
 
無疵無欠点。匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き、足よく入った作品です。
寸短めですので、少年用、女性用の居合用真剣として、また、試斬稽古用として御活用下さい。
 
8月31日までは消費税当店負担! お買い得な期間中に是非お求め下さい。
 
裸身重量860グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,143グラム。

肥前國住伊勢大掾藤原吉廣 ~初代忠吉門人~

肥前國住伊勢大掾藤原吉廣 ~初代忠吉門人~
肥前國住伊勢大掾藤原吉廣
– Hizennokuni ju Isedaijo Fujiwara Yoshihiro –
 
肥前刀を代表する初代忠吉に学んだ吉廣は、近江大掾忠廣との合作も遺しています。名を吉左衛門といい、寛文頃伊勢大掾を受領しました。
この刀は上士が好んで用いた寸短い一刀で、控え目釘穴が空けられており、切先はやや延びて、短いながらも鋭さを感じさせます。
肥前刀の特徴はなんと言っても精良なる小糠肌。地鉄が薄いのも特徴の一つで、この刀もその例に洩れず皮鉄が薄いため、現在はところどころ荒れた肌が見られることが惜しまれるものの、精良なる部分もしっかりと残っております。
刀剣趣味人垂涎の在銘肥前刀、附属する鮫研出鞘の打刀拵も立派です。お求め易い価格で御案内致します。
8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく!!
 
裸身重量596グラム。  拵に納めて鞘を払った重量854グラム。

明寿作之 昭和五十六年十月日 ~8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく!!~

明寿作之 昭和五十六年十月日 ~8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく!!~
明寿作之 昭和五十六年十月日
– Akitoshi –
 
手元資料乏しく明寿刀工についての解説を省略致します。
この刀は柾気強い地鉄に匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼いた作品で、乱れの谷には刃先に迫らんとばかりに長く足が入り、刃中賑やかな出来口を示しています。
手頃な価格で二尺四寸を越える居合稽古用真剣をお探しの方や、これから刀剣趣味を始められる方にお薦め。
8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく!!
 
裸身重量799グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,065グラム。

越後國住貞晃作之 昭和五十九年八月日 ~8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく~

越後國住貞晃作之 昭和五十九年八月日 ~8月31日までの期間限定特価をお見逃しなく~
越後國住貞晃作之 昭和五十九年八月日
– Echigonokuni ju Sadaaki –
 
本名野口晃一。昭和四年生まれ。新潟県南魚沼郡塩沢町(現南魚沼市)で鎚を振るいました。師は同郷の渡辺雲龍子貞次で、昭和35年に入門。入選十八を数える新潟の著名工です。
この刀は柾気が強い地鉄に匂口明るい互ノ目乱れを焼いた作品で、刃中には足や葉、蛇の目と言った働きが見られ、切先延びた姿が鋭く豪壮なる出来口で、白鞘と拵が附属しており好ましい一刀です。
お求め易い低価格にて御案内致しますので、この機会にコレクションにお加え下さい。居合・試斬稽古にも真向きです。
 
裸身重量915グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,177グラム。

應紀藩杉浦君需西備尾道住正光 慶應二丙寅二月造之 ~紀州徳川家留守居役杉浦家伝来刀~

應紀藩杉浦君需西備尾道住正光 慶應二丙寅二月造之 ~紀州徳川家留守居役杉浦家伝来刀~
應紀藩杉浦君需西備尾道住正光 慶應二丙寅二月造之
– Kihan Sugiura no kimi no motomeni ouzu Seibi Onomichi ju Masamitsu –
 
小杢混じりの柾気強い地鉄に小沸本位の直刃を焼いた作品。重ね厚く身幅広い頑強なる造り込みで、手持ちずっしりとしており、刀の重さだけで容易く裁断できる感が漂い、時は幕末、倒幕派との戦いに備え、実戦刀として鍛えさせた一刀と思われます。
作者である正光に関しては手元資料乏しく詳細が判りませんが、銘振りに偽物臭は感じられません。
中心銘文にある杉浦家は、紀州徳川家の留守居役を勤めた家で、屏風の下張りから発見された紀州藩杉浦家文書は稀有な17世紀の武家文書群として和歌山大学が現在所蔵しています。
現状古研ぎで小鎬と区上の棟に一部錆が見られますが、地刃の観賞には支障なく、尚欲を言えば再研磨を施し、保存刀剣審査を受審して更に価値を高めたい一刀です。
当店にて再研磨、保存刀剣鑑定書取得後はお値段も大きく変わりますが、現状のままお求め易い低価格にて御案内致しますので、この機会に是非コレクションにお加え下さい。
 
裸身重量1,042グラム。

刀の鐺を地につける所作について

私が天心流の杖太刀なる所作について、ここで意見を述べたところ、未だ頭の固い連中やそれを認めたくない人が、未だ幕末の写真を指して、杖太刀の所作は当然のように行われていたとのたまっている。

声を大にして言おう。

「当時の写真撮影法を研究してださい。」

 

おたくま新聞さんが昨年四月に鶏卵写真について記事にされていますので、まずはその記事をご紹介しましょう。

http://otakei.otakuma.net/archives/2016041304.html

リンクを辿るのが億劫だという方のために、おたくま新聞さんの記事を転載させていただきます。

 

おたくま新聞

1850年にフランスで発明された「鶏卵紙写真」ってご存じですか?写真のプリント技法のひとつで、卵の卵白を使うことからその名が付けられています。日本でも幕末から明治にかけ撮影された写真にはこの「鶏卵紙」をもちいてプリントされたものがいくつも存在しています。

現代でも一部の写真ファンや研究家など限られた人によって再現されていますが、商用的にはほぼ廃れている技法。その鶏卵紙の技術を商用復活させようという試みが行われていると聞きつけ、撮影モデルをかねて体験撮影に行ってきました。

おたくま新聞

昨年の2015年中頃、テレビで取り上げられた野良猫の聖地「夕焼けだんだん」を見にいったとき、辺りを散歩していたところ古本屋におかれたチラシで湿板写真館を知りました。その後、店主でカメラマンの和田氏にはガラス湿板の写真を撮ってもらい記事で紹介させていただいたのですが、カメラが趣味ということもあり今でもやりとりが続いています。

以下、ある日の会話。
カメラマン和田氏「鶏卵紙用の液沢山作りすぎて、どれが何やらわからなくなってきた。」
私「鶏卵紙、やってみた~い!」

そんな会話の後、和田氏より連絡!
鶏卵紙写真、見に来ないか。モデルもやってみてという事なので、サバイバルゲームの装備を手にそそくさ行ってきました。

現場の湿板写真館はJR日暮里駅から徒歩5分ほど。入り口からして昭和のレトロな雰囲気、なんとなく安らぎを感じます。中のスタジオは10メートル四方位。

今回、撮影に使用したカメラは日本製の案箱カメラ。
アメリカ製のものより3分の1ほどの値段で手に入り、しかも作りがカッチリ精密にできていて扱いやすいとか。最近、フランスでも湿板写真の人気がでてきて、ヤフオクでも簡単には落札できなくなってきたそうです。

古いカメラというものはフィルムが手に入らなくなると人気が落ちるものだそうですが、湿板写真の場合、撮影直前にガラスに感光材を塗り、露光後に現像、定着まで一気にやらねばならない手間はかかるものの、自分で感光板を作れることが知れ渡ってアート写真用に人気がでているそうです。

さて、撮影に取りかかります。今回はアメリカ軍海兵隊が現在使用しているMERPAT、Marine Patternの略でマーパッドと読みますが、世の中には戦国自衛隊という、現代の軍隊が戦国時代にタイムスリップする映画もあるし、アメリカ海兵隊が日本の幕末で写真に収まる雰囲気もあって良いのではないかということで、もろに現代の装備でやってみました。

今回は大判のB4サイズ大に挑戦です。というのも今回試してみる鶏卵紙の印画紙、ネガとなるガラス湿板と印画紙となる鶏卵紙をピッタリ密着させ、玩具の日光写真の要領で紫外線に露光して作成するため、ネガ役のガラス湿板の大きさにしか写真をプリントできません。今回は鶏卵紙も大きな写真として制作したいため、B4版サイズでやっています。

ガラス湿板自体を写真として使用するなら露光時間は6秒でしたが、今回はそのガラス湿板を長く露光、ネガとして使用するというもの。12秒露光と20秒露光、二通りやってみました。

鶏卵写真というと坂本龍馬の写真がよく知られていますね。高知県立坂本龍馬記念館のHPによると、桂浜の銅像のモデルになった立ち姿のものが2枚、イスに座ってブーツを履いている写真1枚と他にも複数あるそうです。しかも龍馬は名刺代わりに配っていたようで、まだ発見されていない鶏卵紙写真がどこかに眠っている可能性もあるそうですよ。

撮影では坂本龍馬が撮影した時代の露光時間が20秒なので、その露光時間で動かずにいられてキッチリ写るということは、僕が本当に龍馬の時代にタイムスリップしても当時のカメラで撮影できるかも、なんてしょうもないことも考えたりします。ちなみに今回は首押さえ棒という動かないための固定器具を後ろ側でガッチリ装着しました。

さて、ガラス湿板のネガが出来たらいよい鶏卵紙の準備。この鶏卵紙、作成には卵40個文の卵白を一週間以上の手間暇をかけて様々な加工を施して作成したそうです。

まずは20秒露光の濃いものと12秒露光でガラス湿板を変えて短冊状の鶏卵紙でテスト。
よし!この濃いやつで!と張り切ったもののなかなかうまく行かず、後日宅配で受け取ることに。

受け取ったものがこれ。
今回の鶏卵紙、まだまだ改良の余地があり、今年秋から今年末の商業利用を目指すそうです。
この技術、出来上がったら一生の宝物としての重みのある写真が出来そう。楽しみです。

 

 

以上がおたくま新聞さんの記事ですが、注目すべきは身体を固定する器具!

幕末に撮影された写真の多くに不自然さを感じたのはこれだったのですね。

ちなみに明治前半から中頃くらいまで、「横浜写真」という海外向けの写真が流行った時期があるそうで、その頃にTHEジャパンみたいな写真を撮って、日本旅行のお土産に売っていたらしいという情報も寄せられました。

案外私たちが幕末サムライの写真だと思っている物の中に、武士の時代が終った頃に撮影された件の土産用写真が混じっている可能性も高いかと思われます。

そして、写真撮影時、演出と身体を支える役割を担ったものが刀を含めた道具類であることが下に紹介する写真でわかるのです。

長崎大学収蔵のこの写真、解説には以下の通り。

『立てた三味線に軽く左手を乗せ、簾の衝立に右手を添えて立つ女性。壁に掛けられた掛け軸その下に置かれた鉢植えは不自然。演出写真である。』

この写真一枚を見ても常識をお持ちの方でしたら、「刀もこれと同じようにポーズづけで立ててるんだな。」とお解かりいただけるはずですが、この写真を示してもなお、頭が硬い人達は、以下の写真を掲げてこう言うのです。

武士の棟梁すら刀を立てている。岩倉具視も太刀を立てている。このことから鐺を地につけるのはあたりまえに行われていた。と…

どちらの写真も手にしている刀剣の外装は素晴らしいもので、重要刀装指定を受けるレベルの物です。江戸時代は特に物を大切にリサイクルも盛んに行われていました。そんな時代に刀の外装を傷める所作をとるでしょうか? また、江戸時代は他人の刀を預かる際には、鞘を素手で触らないほど厳格に刀の地位が確立されていました。

上の写真を良く見ると、屋外ではなく屋内。そして柔らかい絨毯の上であることがわかります。また、鐺を地につける禁忌感は無かったと主張される方、例えば海外旅行先などで見知らぬ風習に出会ったとき、それを親切に教えてくれる人がいれば、ほぼ躊躇無くそれに従いませんか? 更に解り易く例えるなら、指を洗うためのフィンガーボールの存在を知らない人が、「これは喉が乾いた時に飲む水だよ。」と間違った所作を教えられても、それが当たり前だと思って飲んでしまうでしょう?

幕末の写真撮影でも同じことではないでしょうか? 写真家の指示に何の抵抗も無くほぼ従うのではないでしょうか。

とにかく、槍の石突と刀の鐺を同じように考えてはいけないのです。長柄の石突はその名の如く、地に突き刺すことを前提に、それに適した構造になっています。槍の石突には繊細な彫物や象嵌を見かけないではありませんか。皆まで言わないと理解できないのでしょうか?

そしてこのブログで外国人写真家によってポーズづけされたのでは?との私の意見に対し、日本人写真家も同じようなポーズ写真を撮っているのだから、鐺を地につける禁忌感は無かったと主張される方も、上述のように写真家によるポーズが一般化されれば、自ら同じポーズをとる者も現れます。鐺を地につけるのが写真撮影時の一種の作法であり、それが当たり前だと思っているのですから。

 

以下、日本人写真家が撮影したもの。

高杉晋作だとされる有名なこの写真を指して、「高杉晋作ほどの教養のある二百石取りの上士がこうしているのですから杖についちゃいけないというお作法は江戸時代には「無い」とみるべきでしょうか。」との意見を出された方もおられますが、これは笑止。

幕末の写真を日常を写したスナップ写真と同様に考えてはいけません。

剣道の稽古中の合間に撮影したのなら、わざわざ大小刀をこれみよがしに後ろに演出物として配置はしません。そもそも道場内にこのような腰掛ける設備?があったでしょうか? 常識で考えればポーズづけされての写真だと簡単に解るものです。それこそ言葉を返せば、高杉晋作ともあろう人が竹刀の剣先を地につけるでしょうか? と言えます。

 

さて、先程話題に出しました固定器具ですが、よくよく写真を見ると、案外写っているのを発見できます。

 

士の格好をした町人

左人物の左足後ろに固定器具の脚が写っています。

こちらの女性の背後にも、衝立とは別の脚が写っているのが解ります。

 

武士が鐺を地につけた写真が多いのは、ポーズづけと身分象徴の演出、そして身体をぶらさぬようにするための三脚効果であったことが、これらの写真から読み取れるのです。

そして、鐺を地につけることに対して禁忌感があったことを証明する写真も数多残されています。

足の上に刀を立てる士

地に鐺を付けることが当たり前のように行われ、禁忌感がなかったというのなら、写真中央の人物のように、足の甲に鐺をつける者がいることはおかしいということになります。

頭が固い人を相手に色々と書き連ねることも疲れました。今回の記事で良識ある皆様がご判断くださればと思います。