越住山上則久作 昭和二二十五年春 応関野氏需作之

越住山上則久作 昭和二二十五年春 応関野氏需作之
– Etsu ju Yamagami Norihisa –
 
 
本名、山上重則。新潟県刈羽郡刈羽村大字刈羽在住。師は陸軍受命刀工として刃味鋭い利刀を鍛えた実父、山上昭久。
 
元先の幅差やや開き、切先延びごころ。元幅広く豪壮。地鉄は小板目肌よく練れて詰んで地景入り、刃文は匂口明るく冴えた湾れ調互ノ目丁字乱れで、刃中足盛んに入り、帽子は乱れ込んで先丸く返る。
 
附属の拵は牛表皮にて柄巻が施され、鞘は栗形下迄を巻鮫の研ぎ出しとし、黒地に朱が鮮やかに浮かび上がった曙塗りが粋である。
鞘を払って構えてみると、手元重心でバランスが非常に良く、実際の重さより軽く感じられ、扱いの良さを感じさせます。
 
裸身重量848グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,114グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

筑州柳川住鬼塚吉國

筑州柳川住鬼塚吉國
– Chikushu Yanagawa ju Onizuka Yoshikuni –
 
 
元先の差が程好く開いて中切先に結んだ上品な姿が印象的。地鉄は小板目杢交じり、刃縁柾がかり、細かに肌立つ。刃文は直刃基調に小足を交え、細かな砂流や金筋、打除風の刃が見られ、特に刃縁は柾目に絡んで様々な景色を見せます。帽子は直ぐに先掃き掛けて焼詰風。
 
銘は歓心できませんので出来良い無銘刀としてお求め下さい。茎の反りを伏せていることから、明治頃にはサーベル式軍刀に納められていたものと思われます。指表鎬地切先寄りのところに鍛え筋が在るのみで、他は無疵と称して過言ではなく、手持ちのバランスは手元寄りで軽く、扱い易さを感じさせます。
古研ぎながらもコンディションは良く、しっかりとした上研磨が施されているため、見た目にもスッキリとしており、鋩子の中の働きも大変見易いです。
出来良い一刀ですので、銘を潰して無銘にし、保存刀剣審査を是非御受審下さい。
 
附属の拵は店主町井勲監修の下製作致しました簡易武用拵です。※鞘に目立たぬ僅かな凹みがございます。
 
裸身重量723グラム。  拵に納めて鞘を払った重量968グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

近江守藤原継廣 越前住

近江守藤原継廣 越前住
– Omi no kami Fujiwara Tsuguhiro Echizen ju –
 
https://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/731/00.html
 
越前国には美濃関から移住してきた刀工が数多居り、これらを総称して越前関と呼びます。越前新刀はその優れた斬れ味と、実用刀としての優秀さから、旧幕時代以来重用されました。
その中でも康継は家康より中心に三つ葉葵紋を切ることを許された越前新刀を代表する名工で、本刀の作者である継廣はその三代康継の高弟で、利刀として名高く、業物としても知られます。越前福井から近江膳所に移り、江戸にても作刀しました。
 
この脇指は元先の幅差頃好く開き、切先やや延びごころ。反りも程好くいかにも日本刀らしい姿態。地鉄は小板目杢交じりで鎬地と刃方には柾が現れ、ここに美濃系の刀鍛冶であることが窺える。刃文は、小沸出来で匂口明るく冴え、処々に大粒の荒沸が付き、刃中には砂流が盛んに見られ、互ノ目乱れに互ノ目丁字が交じり、大きな凹凸を見せ、それはあたかも大きな蛙子丁字や兼房乱れを連想させる。帽子は直ぐに先掃き掛けて丸く返る。
 
現状古研ぎで、指裏の元の方には素人による耐水ペーパーでの錆落とし痕が見られるも、地刃の鑑賞には支障ありません。研磨代を考慮した低価格でご案内差し上げますので、余力有る方は是非とも上研磨を施してお楽しみ下さい。当店に御依頼頂ければ見違える姿でお納め致します。
※特別保存刀剣鑑定書は日本美術刀剣保存協会から到着次第お納め致します。
 
裸身重量534グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

鐔3点追加いたしました。

鐔3点 追加いたしました。

無銘(切付銘 愛劔有切断只指凶行)

無銘(切付銘 愛劔有切断只指凶行)
無銘(切付銘 愛劔有切断只指凶行)
– Mumei –
 
 
元先の幅差やや開き、切先延びごころ。小板目肌杢交じりの地鉄少しく肌立ち、刃文は湾れに互ノ目、丁字を交え、足入り、砂流かかり、尖り互ノ目丁字を交え、焼頭丸い互ノ目には蛇の目が見られ、帽子は焼きたっぷりと直調に丸く返る。
平高田辺りで極めがつきそうな一刀で、大磨上無銘ながら、指裏に『愛劔有切断只凶行』との切付銘が見られる。どのような意味なのか、浅学故にその意味は解りかねますが、旧所有者の想いが込められた一刀です。
 
裸身重量462グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~本漆石目塗鞘陸軍九八式軍刀拵入り~

無銘
– Mumei –
 
 
反り浅目の姿から、江戸前期の寛文頃に鍛えられたものと鑑られる。小板目肌杢交じりの地鉄はよく練れて詰み、少しく肌立ちごころ。刃文は互ノ目に互ノ目丁字を交え、所々に荒沸が付き、足入り、砂流、金筋かかり、乱れ調に棟を焼く。
 
附属の陸軍九八式軍刀拵は、本漆による石目塗りの高級品。切羽は一枚にのみ『三五』の刻印があり、他には刻印が無いが、後補ではなくオリジナルである。金具や柄木に『毛利』『モーリ』の罫書き在り。木鞘故に凹み箇所も見られるが、鐺金具の桜花葉の摩耗も無く、総じて保存状態は良好。
研磨を施しお楽しみいただきたい一刀です。
 
裸身重量633グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,001グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

備中守藤原清宣 承應二年八月日 ~清宣傑作刀~

備中守藤原清宣 承應二年八月日 ~清宣傑作刀~
備中守藤原清宣 承應二年八月日
– Bicchu no kami Fujiwara Kiyonobu –
 
備中守藤原清宣は、美濃関七流の徳永派の鍛冶で、初代近江守清宣の子です。鍛刀の評価としては初代より上手と云われ、地刃優れた作品を残しています。
 
この脇指は、元先の幅差が上品に開き、重ねも厚く健全。反りが程好く美しい姿に、小板目杢交じりで鎬際柾目の肌がよく練れて詰み、地沸ついて地景入り、なんとも言えぬ精良な地鉄。刃文は匂口明るい中直刃で、僅かに広狭を持たせ、一際明るく二重刃を焼き、互ノ目足入り、物打辺りには解れ風や食い違い風の刃を交え、帽子は直ぐに先丸く返り、単調なる直刃に見えるも見どころ多く、美術館商用上研磨の状態も良い上に、キッチリとした下地研磨がなされているため、見た目にもスッキリと、凛と整えられた姿に地刃の見事な冴えは、飽きを感じさせず、まさに備中守藤原清宣名作中の名作です。特別保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
 
裸身重量582グラム。

越後守包貞(二代)(坂倉言之進照包)

越後守包貞(二代)(坂倉言之進照包)
– Echigo no kami Kanesada(2nd gen) –
 
二代包貞は初代越後守包貞に学び、娘婿となてその跡目を継ぎ、初め越後守包貞を名乗っていましたが、初代の実子である岩松が成人すると、越後守包貞の名を譲り、自らは坂倉言之進照包と改めました。
包貞から照包に改銘した時期については、「坂倉言之進照包・越後守包貞隠居 延宝八年二月吉日」と銘した作が現存することから、おそらく延宝八年頃と思われます。
作風は助廣に倣った濤欄乱れや文殊風の互の目乱れなどが多く、稀に大湾れや或いは直刃の作も見られ、そのいずれの作柄でも、匂いが深く沸のよくついた、匂口明るい出来口となるのが通例です。
 
この脇指は元先の幅差が開き、反り頃好くついた寛文新刀体配で、小板目に杢交じりの地鉄には、地沸が微塵に厚くついて地景入り、肌立ちごころ。刃文は湾れ調子の互ノ目乱れで、乱れの谷には砂流がかかり、金筋入り、帽子は直ぐに丸く返る。
 
裸身重量530グラム。

刀剣趣味入門用としても、少年用の武用刀としてもお薦めの一刀

刀剣趣味入門用としても、少年用の武用刀としてもお薦めの一刀
無銘
– Mumei –
 
元先の幅差程好く開き、切先やや延びごころ。短寸ながらも姿良く、表裏に刀樋を丸留めにし、杢目鍛えの地鉄は少しく肌立ち、刃文は匂口明るく冴えた小沸本位の直刃で、刃中には足が頻りに入って直刃調小互ノ目乱れを成し、横手下から焼き幅を広げ、帽子は表裏直ぐに丸く返る。
樋入り故に少年用の武用刀としてもお楽しみ頂けます。手持ちバランスも良い一刀です。
 
裸身重量555グラム。

大阪住川野水竜子源貞重作之 昭和庚戊年二月吉日 応需榎木皓一氏

大阪住川野水竜子源貞重作之 昭和庚戊年二月吉日 応需榎木皓一氏
– Osaka ju Kawano Suiryushi Minamoto Sadashige –
 
 
本名、川野重太郎。明治45年3月16日生まれ。月山貞勝の門人で故人間国宝月山貞一とは兄弟々子の間柄です。
昭和10年第1回日本刀展覧会入賞、名誉銀杯を賜る。昭和40年10月7日作刀認可。同41~45年新作名刀展入選。師の貞勝は天皇陛下や皇族方の御誕生記念打や高級将校の需めに応えて式刀を製作しており、貞重らはその向槌を勤め、師の名声を陰で支えた功労者でもあります。
 
この刀は元先の幅差が程好く開いた優雅な姿で、地鉄は小板目よく練れて柾がかり、地沸ついて少しく肌立ちごころに精美。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目丁字乱れで、足が頻りに入り、刃肌に絡んで総体に大振りで美しい砂流が見られ、精良な川のせせらぎを見るが如し。帽子は表裏直ぐに先丸く上品に返っており、月山系だけあって、茎の茎仕立には眼を見張るものがあり、これだけでも美術的価値が高い。需銘があることから精魂込められた注文打の一振であることが窺えます。
 
附属の拵は黒を基調にした変わり篠塗。金具は全て時代物が用いられており、全ての纏まりが良い。研磨は下地研磨からして入念に研がれた美術観賞用上研磨で、今はヒケも見られるも、凛とした切先の仕立てには惚れ惚れします。
鞘から抜いて構えてみると、刀身中央から手元重心で重さの割にバランスが良く、柄にはがたつきも無く良好です。
※鯉口刃方の塗りに筋が見られますが、経年劣化によるものであり、鯉口に割れはございません。
 
裸身重量920グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,214グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。