突きを捌くと同時に崩す

4月29日の大阪豊中岡町道場の稽古より

前半は居合形。後半は柄を用いた合氣道で言うところの二教。そこから発展し、相手の突きをいなすと共に崩す稽古を行いました。 動画はその稽古の様子と、私による御手本。人は皮膚接触だけで大きく崩せるものです。

人の身体は面白いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA