紀伊國上村康光

紀伊國上村康光
紀伊國上村康光
– Kiinokuni Uemura Yasumitsu –
 
康光は俗名を上村康光と称し、延宝頃に活躍した紀州石堂康綱の門人で、現存する作品は少なく希少です。
 
この刀は反り浅目にして元先の差が開きごころで帽子が延び、地鉄は小板目が柾に流れ、淡く乱れ映りが立ち、匂口明るく冴えた丁子乱れを焼いた作品で、いかにも紀州石堂らしい作風を誇っています。
手持ちバランスも良いこの康光。和歌山出身の方や在住の方、郷土刀の資料として如何でしょうか?
 
裸身重量687グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA