丁子刃が見事な脇指

丁子刃見事な脇指無銘
– Mumei –
 
特筆すべき疵欠点無し。
小板目肌が良く練れて詰んだ精良な地鉄は、澄み切った湖の湖底を覗き見るが如く奥より肌立ち、匂口明るく冴えた尖りごころの丁子乱れを見事に焼き上げ、あたかも落ちる水滴によって弾ける水面を見ているようです。
指表は派手に乱れるも指裏は大人し目で、表裏でまた違った印象を楽しめます。
 
附属の拵は、鞘を粗目の黒石目で塗り、鐔は國廣在銘の碁石形で、宣徳(真鍮)覆輪がかけられており、裏面に見られる記号らしき銘も興味をそそってきます。
 
派手に乱れた丁子刃だけに、上手な差込研磨を施したい一刀。お求め易い価格で御案内致しますので、この機会を逃さないで下さい。御購入後は是非とも保存審査を御受審されることをお薦め致します。
 
裸身重量516グラム。  拵に納めて鞘を払った重量760グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA