無銘 ~古来より剛の者に許されし朱鞘~

無銘 ~古来より剛の者に許されし朱鞘~

無銘
– Mumei –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/742/00.html

小板目肌肌立ち、互ノ目調子に互ノ目丁子乱れを焼く。刃縁より平地に向けての働きが顕著に見られ、刃中には葉や小足が頻りに入るなど見どころ多い出来口。
数多の戦によって刀剣の需要が求められた時代の作だけに、使用上問題ない鍛え疵はそのままに仕上げられています。美術刀剣としての地位が確立された現代に於いては、少しの疵でも敬遠されがちですが、士達が日常腰に帯びる実用刀は、本刀のような質実剛健たるものが好まれました。
美術鑑賞用としても見どころある作品ですが、武用刀として申し分ない作品です。

附属の拵は柄が新調されており、がたつき無くしっかりとしています。私見では鞘は時代物を塗り直したものと見受けますが、中身に相応しく、シンプルながらも見る者の目を惹きつけます。

裸身重量834グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,107グラム。

各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です