盛光(加州)

盛光(加州)
– Morimitsu(kashu) –
 
 
加州盛光は南北朝時代の中期も後半に入る應安頃に活躍しました。数代あるのか室町前期にも加州盛光と鑑せられる作品が見られるため、本刀も應永頃の作と鑑せられる可能性がありますことを予めご承知おき下さい。
 
この脇指は身幅の割に重ねが薄く感じられる造り込みで、純粋に南北朝期の作品と鑑ても良さそうに感じられます。地鉄は杢目肌が良く練れて詰み、特に黒味がかった鉄交じり、経年による研ぎ減り等も影響してか、肌に荒れが感じられるところが惜しまれるも、互ノ目乱れを焼き上げた刃文は見事なまでの刃中の働きが見られ、互ノ目の谷を幾重もの金筋や砂流がつなぎ、その様はあたかも霞がかった早朝の山々を見るようで幽玄さを感じさせます。
当店にて研磨済みです。研ぎ上がったばかりの地刃を御堪能下さい。
※本刀は研磨前の錆身の状態で、既に日本美術刀剣保存協会より正真とのお墨付きを頂いております。
 
裸身重量295グラム。
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

備州長船忠光 明應八年二月日

備州長船忠光 明應八年二月日
– Bishu Osafune Tadamitsu –
 
 
長船忠光は勝光・宗光等と並ぶ末備前を代表する刀工で、彦兵衛尉・修理亮・九郎左衛門・平右衛門尉等の俗名を冠する諸工がおり、総じて末備前の中では直刃の上手として知られる名工です。
 
この脇指は程好く元先の差が付き、切先は延びごころ。地鉄は杢目肌が良く練れて詰んで精美で、淡く映り立つ。刃文は匂口締りごころに小沸ついた中直刃を焼き上げており、刃縁には金筋や稲妻が見られ、細く打除風の刃をも交えた、まさに直刃を得意とした忠光らしい出来口を示しています。刀身には疵や欠点は無く、研磨を施せば特別保存刀剣の認定を受けると思われます。
 
附属の拵は今や貴重な完全なるうぶ品。切羽の一枚に至るまですり替えなく、当時のままのオリジナル。鞘に目立つ凹みもなく状態は頗る良好。縁頭に栗形、返角に指裏の瓦に至るまで全て一作金具。小柄も失われることなく添えられているのが非常に好ましい。こちらも特別保存刀装の認定を受けることでしょう。
 
裸身重量344グラム。  拵に納めて鞘を払った重量544グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

源寿王 昭和五十一年二月日

源寿王 昭和五十一年二月日
– Minamoto no Jyuo –
 
 
本名、柳川昌喜。大慶直胤の末葉と言い三代直弘同人。明治43年生。埼玉県狭山市鍵山に住し、父である二代直弘(柳川才次郎)の下で昭和3年より作刀を学び、戦後は昭和30年より鍛刀を再開。平成6年9月に87歳で没しました。
初銘は「直弘」と切り、後に大宮在住の弟子であr松原英一氏に直弘の名を譲って晩年は「寿王」と銘し、直弘の名は現在埼玉県児玉在住の小島寛刀匠が五代目として襲名しています。
 
系譜は以下の通り
※大慶直胤―-初代直弘(土野留助)―-二代直弘(柳川才次郎)―三代直弘(柳川昌喜)―四代 直弘(松原英一)―五代直弘(小島寛)
 
この太刀は柾気が強い小板目鍛えの地鉄に、匂口明るく馬の歯乱れの如き丁子乱れを焼き上げた作品。太い足にて丁子を数個一括りにし、各丁子にも足や葉が入り、細かな砂流も見られ、変幻自在なる刃中の働きが楽しめる出来口を示しています。
 
裸身重量892グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

包真

包真
– Kanezane –
 
 
大和手掻派は、東大寺の西の正門である碾磑門の外辺に居住して作刀したことからこの名があるといわれています。包永を祖とし、鎌倉時代中期から室町時代末期に及んで活躍しており、室町時代のものは「末手掻」と称されています。
包真は南北朝期~室町期に渡り数代続いた刀工で、手掻本流の優工です。
 
この刀は寸短めで、所謂片手打と称される室町中期の体配を、うぶの姿のままとどめており、延びた切先が鋭さを感じさせて力強く、小板目肌がよく練れて詰み、匂口明るく冴えた互ノ目丁子乱れは、鎬に向かって暴れ、飛焼盛んに交えて皆焼がかり、刃中には金筋や砂流が顕著に現れ、荒沸が付くなど躍動感溢れる出来口を示す、同工屈指の名作です。
現状でも観賞に支障は全くございませんが、出来が良い一刀だけに、上研磨を施した上で特別保存刀剣審査を御受審頂きたく、研磨代を考慮した価格で御案内致します。
 
附属の拵は当店にて店主町井勲監修の下製作致しました武用拵で、寸分の狂いもない完品です。デザインの良い金具を用いているので見た目もスッキリとしており、薄手の鐔を装着しているため、将来、鐔の交換をされる場合を考慮して、切羽は三枚仕立にしております。鋭さ感じさせる手持ちの良い末関の一刀を是非この機会にお求めください。附属の拵は大和本流の名品を是非この機会にコレクションにお加えください。
 
裸身重量825グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,061グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
元先の差程好くつき、反り頃合。地鉄は杢目肌よく練れて詰み、あたかも刃取りをしたかの如く刃縁に直ぐ映り立つ。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き上げ、尖りごころの刃や互ノ目丁子、互ノ目足交じり、飛焼風の湯走を見せる。前所有者が斬稽古用に内曇迄の白研ぎにしてあります。仕上げ研磨御希望の方は、10万円(税込)にて承ります。
 
附属の拵は当店にて店主町井勲監修の下製作致しました武用拵で、寸分の狂いもない完品です。デザインの良い金具を用いているので見た目もスッキリとしており、薄手の鐔を装着しているため、将来、鐔の交換をされる場合を考慮して、切羽は三枚仕立にしております。
 
裸身重量667グラム。  拵に納めて鞘を払った重量913グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

兼永

兼永
– Kanenaga –
 
 
室町後期永禄頃に活躍した兼永と鑑せられる。僅かに区を送られているが、それでも二尺四寸近い刃長があり、延びた切先が鋭さと物斬れの良さを感じさせる。
地鉄は杢目肌、刃縁鎬地柾となった典型的な美濃伝の鍛法で、刃文は匂口明るく冴えた三本杉に互ノ目丁子を交え、砂流や沸筋が顕著に看られ、足入り、出来が良い。
 
附属の拵は当店にて店主町井勲監修の下製作致しました武用拵で、寸分の狂いもない完品です。デザインの良い金具を用いているので見た目もスッキリとしています。薄手の鐔を装着しているため、将来、鐔の交換をされる場合を考慮して、切羽は三枚仕立にしております。鋭さ感じさせる手持ちの良い末関の一刀を是非この機会にお求めください。
 
裸身重量780グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,012グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
元先の差が開いた優しい姿。地鉄は杢目肌が良く練れて少しく肌立ち、刃と棟は柾がかる。刃文は直刃調に互ノ目を交え、刃中には砂流、互ノ目足、金筋や稲妻等の働きが看取出来、観賞刀としてもお楽しみ頂ける出来口。
当店にて銀はばきと居合稽古用に武用拵を新調致しました。薄手の鐔を装着しているため、将来、鐔の交換をされる場合を考慮して、切羽は三枚仕立にしております。気持ち良く御所持頂ける一刀です。手持ちバランスも良く、片手操作にも適しています。
※拵写真は同デザインの金具を使用した物を転用しております。
 
裸身重量726グラム。  拵に納めて鞘を払った重量968グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

長光 ~鑑定書付きの利刀をお手頃価格で~

長光
– Nagamitsu-
 
 
昭和19年陸軍々刀技術奨励会展に於て、「指定刀匠の部」に名前を連ねている昭和前期の名工市原長光。号を一龍子と称しました。
 
戦時中岡山刑務所の所長であった江村繁太郎は、模範的な受刑者の更生を願い、市原一龍子長光を招聘して受刑者に先手をさせ、刑務所内に於いて数多の日本刀を鍛錬しました。
そのため俗に市原長光の作は、世上、「監獄長光」と言われていましたが、岡山刑務所で鍛えられた作には「江村」と銘切られていたため、長光個銘の作を指して「監獄長光」と呼称するのは間違いと言えます。
戦時中という世情もあり、まともな美術研磨を施された作品が少ないため、単に本鍛錬軍刀の一つと括られ勝ちですが、入念なる研磨を施して見るとその技量の高さに誰もが驚く昭和の名刀で、利刀としての評判は当時から高く、陸軍受命刀工としても活躍しました。
 
この刀は小板目肌が良く練れた地鉄が柾流れ、地景入り、小湾れ調子に互ノ目を焼き上げた作品で、匂口は明るく、刃中には細かな砂流や金筋、稲妻が見られます。
 
附属の拵は数寄者が近年他店にて誂えたもので、柄にガタツキはなく、鐔にも責金がなされているので派手な鐔鳴りはしません。
 
裸身重量747グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,045グラム。
※委託品
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
地鉄、杢目肌良く練れて少しく肌立つ。刃文は焼頭の高さが揃った互ノ目乱れで、柔らかさを感じさせる。帽子は直ぐ調に軽く湾れ込み、先は丸く短く返る。
製作年代が室町中期~後期辺りと鑑せられる脇指。致命的な疵欠点無く、研ぎ減りも感じられないしっかりとした作品。刀剣趣味初心者の方、まずは一振刀剣を所有してみようと思われる方に、お求め易い価格で御案内致します。低価格表示しておりますが、いい加減な品物ではございません。長い歴史を生きてきた一刀ですから、観賞用として歴史浪漫を楽しんで頂ける方にお譲りしたい一振です。保存刀剣審査受審価値有り!!
 
裸身重量382グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
地鉄、杢目肌良く練れて刃縁柾がかる。刃文はぼうっとした感じなれど、地鉄に絡んで多種多様なる変化を見せ、金筋や砂流かかる。
刀剣趣味初心者やこれから刀剣を学ぶにあたって、まずはお手頃な真剣をとお探しの方に、大変お求め易い価格で御案内致します。興味本位で御購入になり、ぞんざいに扱うようなことだけはなさらないでください。
 
裸身重量141グラム。  拵に納めて鞘を払った重量グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。