江藤新平、島義勇が愛した肥前刀 幕末肥前三名工の一人“吉包”

江藤新平、島義勇が愛した肥前刀 幕末肥前三名工の一人“吉包”

江藤新平、島義勇が愛した肥前刀 幕末肥前三名工の一人“吉包”

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/586/00.html

 

吉包は九代忠吉、吉宗と共に、幕末に活躍した肥前の名工で、佐賀七賢人に数えられ、佐賀の乱の首謀者でもある江藤新平島義勇両名の蔵刀も手がけました。
九代忠吉や吉包、吉宗らの存在は広く一般に知られることなく、その現存する作品も極めて少ないところから、八代忠吉の影となり、代作を担っていたものと推測され、彼らの技量が高かったからこそ、八代忠吉が、初代、二代、三代と並び称されるに至った事は容易に想像されることであります。それだけの高き技量を持ちながらも、幕末から明治、そして廃刀令と言う時代の波に翻弄され、刀鍛冶として存分に活躍する機会に恵まれず、その名を知られることもないまま、近年まで高く評価されることがなかった不遇の名匠で、それ故にこの吉包の刀は、幕末の肥前三名工(九代忠吉・吉包・吉宗)の貴重な資料としての価値高く、入手困難なる隠れた名刀です。 地刃晴れ晴れと冴えたその出来口は、師である八代忠吉を卓越したもので、上代の作にも引けをとりません。心境としては売りに出さず、独り密かにこの刀の出来を、生涯に渡って独占したい思いに駆られます。昭和63年の遅い登録ではあるものの、当店所蔵の九代忠吉と拵の様式が酷似している点から鑑みて、この刀も鍋島家に縁ある家やかなりの上士の所有であったものと推測されます。

薄っすらと錆に包まれ、風化してボロボロの柄巻きの状態で発見された本刀ですが、当店にて日本美術刀剣保存協会主催研磨コンクール入賞研師による上研磨を施し、白鞘、継木、正絹柄巻き等の諸工作を全て行いました。
数少ない幕末肥前三名工の一人、今尚中心が光っている極めて保存状態が良い、吉包の刀を是非この機会に御入手下さい。

裸身重量651グラム。  拵に納めて鞘を払った重量984グラム。

関住兼道作 昭和六十二年十月日

関住兼道作 昭和六十二年十月日

関住兼道作 昭和六十二年十月日

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/586/00.html

 

本名小島郁夫。岐阜県関市在住。昭和56年以来新作名刀展の連続入選を続け、努力賞1回、優秀賞を2回受賞。美濃伝作刀保存協会元会長。

指表中央より上の鎬地に肌の荒れた箇所がある以外は疵欠点無く、地鉄も綺麗に纏め上げられており、互ノ目に細かな砂流が顕著に見られます。
格安にて御案内致しますので、居合武用刀をお探しの方、これから刀剣趣味を始められる方、是非ご一考ください。
拵製作12万円より承っております。※親鮫一枚着せ。新作金具代込み。全て本手造りの真面目な拵です。

裸身重量840グラム。

脇指 下総守國義~和泉守國貞(親國門)

脇指 下総守國義~和泉守國貞(親國門)

脇指 下総守國義~和泉守國貞(親國門)

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/354/00.html

 

日向国出身の國義は俗名を鈴木作之丞といい、同郷の大坂新刀鍛冶、和泉守國貞(親國貞)の門に師事。慶安三年に下総守を受領したものとみられ、石見国浜田藩亀井氏のお抱え鍛冶として仕えました。

現状の研磨は拭いを黒く入れすぎた仰々しい感があるので、もう少し落ち着いた化粧に直し、保存刀剣並びに特別保存刀剣審査を是非ご受審下さい。

4月末日迄は特別価格で御案内致します。この機会を逃さないで下さい。

裸身重量453グラム。

刀 兼元(額銘)

兼元(額銘)

刀 兼元(額銘)

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/578/00.html

 

手持ちバランスが良く、肌立った地鉄に互ノ目を焼き、刃中には砂流や金筋などの働きが豊富に見られます。
附属の研出鮫の拵は、近年新調されたものですが未使用につき、非常に綺麗な状態です。上白鞘と継木も附属していますので、なんら手をかけることなくお楽しみいただけます。
※前所有者の方が30万円の予算をかけて新調された拵です。

4月末日までの期間限定特別価格での御案内です。この期間を超えますとこの価格では販売できませんのでお急ぎ下さい。
※兼元額銘の真贋につきましては真贋保証致しかねますので予めご了承下さい。

裸身重量682グラム。  拵に納めて鞘を払った重量964グラム。

刀  濃州関住秀宗作 昭和甲寅年二月日

刀  濃州関住秀宗作 昭和甲寅年二月日

刀  濃州関住秀宗作 昭和甲寅年二月日

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/577/00.html

 

本名を松原龍平。松原兼吉刀匠の子で十三代川島正秀刀匠と中田兼秀刀匠の門人。新作刀展に於いて、太刀・刀・脇差・薙刀・槍の部で連続入選。「松原龍平秀宗」等とも銘切る。

匂口明るく冴え、足よく入った小乱れ調の出来口で、真面目な美術鑑賞用研磨が施されており、見た目にもすっきりと凛々しい一振です。
拵新調費用を考慮し、4月末日迄の期間限定特価にて御案内致します。5月以降はこの価格で販売できません。特価期間中だけがお得に御購入頂けるチャンスです。お急ぎ下さい。

裸身重量839グラム。

刀 忠行 ~手頃な価格の二尺三寸三分~

刀 忠行

刀 忠行

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/573/00.html

 

二尺三寸三分を越える手頃な居合武用刀として、また、初心者入門用としてお求め下さい。
附属拵の縁金具は若芝の在銘品です。

裸身重量718グラム。  拵に納めて鞘を払った重量988グラム。

刀 行長

刀 行長

刀 行長

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/572/00.html

 

國不明行長と極められた行長在銘の刀。元先の差が開いた小切先の優しい体配は、武器であることすら忘れさせてしまいます。
杢目鍛えに少しく肌立ち、匂口沈んだ直刃を焼いた本刀は、俗に言われる甘斬れの一刀で、総体に柔軟な造り込み故に折損し辛いものとなっています。
うぶ出しにて買い受け、当店にて上研磨を施し保存刀剣審査を受審しました。研ぎあがりの清々しい、一切手をかける必要がない美術鑑賞刀を、是非この機会にお求め下さい。中心の味も抜群です。

裸身重量550グラム。

地鉄が良い短刀

短刀 無銘

短刀 無銘

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/146/00.html

 

新々刀無銘の短刀ながら、地鉄が良く纏められ、匂口締まった直刃を焼いた作品。
疵も無く、御守短刀をお探しの方に心よりお薦め致します。
刀剣趣味初心者の方にもお求め易い低価格での御案内ですので、いいなと思われましたら急ぎお申し込みください。

裸身重量123グラム。

研磨が楽しみな無銘の刀

刀 無銘

刀 無銘

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/571/00.html

 

美濃系の古刀と思しき一刀。古研ぎ状態ですが一部に内曇砥をかけたところ、非常に良い刃中の働きが見られ、焼刃も明るく冴えていることが確認できます。
当店にて茶裏革柄巻きを施しましたので、非常にしっかりとした柄に仕上がっており、当初は短めの武用刀をお探しの方向けにと考えておりましたが、出来が良いので観賞刀として御所持頂ければと思います。
是非とも研磨を施していただき、保存刀剣鑑定を御受審下さい。
※刀身に対し鞘が長い造り込みの拵です。

裸身重量692グラム。  拵に納めて鞘を払った重量928グラム。

刀 肥前國住遠江守藤原兼廣 ~脇肥前~

刀 肥前國住遠江守藤原兼廣

刀 肥前國住遠江守藤原兼廣 ~脇肥前~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/570/00.html

 

兼廣は大和大掾兼廣の子で、元禄十一年に遠江守を受領しました。鍋島弥平左衛門嵩就の抱え鍛冶として活躍し、残された作品の数は少ないものの、いずれも良く出来た作品が多く経眼される脇肥前の名工です。

指表の地鉄は詰み、肥前刀らしい地鉄を表し、一方指裏は柾目主体に総体に肌立った表裏で異なる表情を楽しめる一刀。匂口は明るく冴えること見事で、直刃調に小湾れを交えて金筋を交え、指裏は特に刃縁に絡んで、あたかも刃縁を縫うが如く長く細い金筋が現れ、帽子の返りの留めは、忠廣に勝るとも劣らぬ一文字に綺麗に揃い、非常に上品。
上述の通り表裏で異なる表情を見せる点や、上士が好む短めの寸法等から、特別な注文にて鍛えた様子が窺えます。
中心千両との言葉にも相応しい中心と頗る健全な刀身にまずは目を惹かれる脇肥前の名刀です。

現状一部に薄錆やヒケが見られますが、現状でも地刃をご堪能頂ける状態です。
当店にて上研磨を施す予定で、研磨完了後は価格改定を致します。研磨前の今ならお求め易いので、今の時期を逃さないで下さい。

裸身重量761グラム。