越中住人則成作 昭和二二十九年十月日 ~町井勲監修 本武用拵新調済み~

越中住人則成作 昭和二二十九年十月日 ~町井勲監修 本武用拵新調済み~
越中住人則成作 昭和二二十九年十月日
– Ecchu junin Norinari saku –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/718/00.html

本名は吉田盛三。昭和5年7月28日生まれ。富山県南砺市在住。大西貞成刀匠、高橋次平刀匠に師事し、後に宮入行平刀匠にも学ばれ、宮入一門会の会員であり、昭和59年第20回新作刀展での努力賞をはじめ多数の入賞経験を持たれています。

本作は切先延びた豪壮な姿が印象的で、鎬地に鍛え筋あるも使用上には全く問題ございません。
店主 町井勲監修にて武用に適した本拵を新調致しました。拘りに拘り抜いた本格的な武用拵にて存分に武術稽古にお励み下さい。
拵新調に伴い、素銅はばき、素銅切羽、継木も新調しました。鐔とはばきを外した状態でもピタッと所定の位置で止る本手造りの切羽! 必ずや貴方様の良き武術鍛錬刀となること間違いございません。
※拵に納める際には素銅はばきを。白鞘に納められる際には素銅はばきを継木に装着し、銀はばきを刀身に装着して下さい。

裸身重量860グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,132グラム。

立子山住人藤安将平作 ~手軽に将平作品を楽しむことができる小刀~

立子山住人藤安将平作 ~手軽に将平作品を楽しむことができる小刀~

柾目鍛えの肌に地沸ついて地景頻りに入り、匂口明るく冴え、長い砂流の如き金筋が一際輝く作品。御家やお子様の御守刀としても申し分ない逸品です。
刀剣ですと高額な将平の作品ですが、小刀でしたらお手軽にお楽しみ頂けます。サイズが小さいというだけで鍛法は全く同じ。地刃の出来は存分にお楽しみ頂けます。是非この機会に将平をご入手ください。

裸身重量20グラム。  鞘を払った重量27グラム。

和泉守藤原國貞(初代)

和泉守藤原國貞(初代)
和泉守藤原國貞(初代)
– Izuminokami Fujiwara Kunisada –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/403/00.html

和泉守国貞は天正十七年日州飫肥に生まれ、上京して堀川國廣の門人となり、師の没後は國廣の高弟である越後守国儔に学んだと言われます。元和六年頃、初代河内守国助と共に大阪に移り、大坂新刀創始者の一人となった名工で、元和九年九月和泉守を受領、晩年には入道して道和と号しています。
子の井上真改も初期銘を和泉守國貞と銘したので、刀剣界では両者を区別するために、初代國貞を「親國貞」、二代國貞を「真改國貞」と呼称しています。

この脇指は長らくコレクターの下で秘蔵の物とされてきましたが、今回、生前における遺品整理ということで当店が売却のお手伝いをさせて頂くことになりました品です。
小板目肌が細かく詰んだ鍛えに地沸微塵に厚くついた地鉄は、流石大阪新刀の巨匠と感嘆するばかりであり、湾れ調子に互ノ目を焼いた刃文は匂口明るく冴え、刃中まで強く沸付き、足・葉入って覇気に満ちた出来口を示す作品です。

店主 町井勲からの一言。
大阪新刀の始祖、親國貞の刃中良く煮えた名脇指です。指裏中央よりやや下、刃先から一ミリ程度のところに極小さな鍛え筋が見られますが、殆ど気になりませんし、全体の地刃の冴えがそれを十二分に補っています。とにかく沸が強いため、カメラのオートフォーカスが正しく作動してくれず、刃文の撮影は本当に手こずりました。拙い写真技術のため、本脇指の出来の良さを存分にお伝えできていないかと思いますが、実物を手にしていただければ惚れ惚れすること間違いございません。刀剣趣味玄人にもお薦めの名品です。

裸身重量559グラム。

相模守藤原泰幸 ~尾張関を代表する名工の豪壮な一刀~

相模守藤原泰幸 ~尾張関を代表する名工の豪壮な一刀~
相模守藤原泰幸
– Sagaminokami Fujiwara Yasuyuki –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/402/00.html

相模守藤原泰幸は初代能登守の子と伝えられ、名を新兵衛と言い、初代泰幸(能登守)と共に名古屋城下長島町に住して鎚を振るいました。
初代に比して銘鏨・茎鑢ともに深いことが特徴で、初代は中心尻が刃上がり栗尻であるのに対し、二代泰幸は剣形となります。
尾張は美濃と隣接する土地柄から、美濃刀工の移住が多く、それら尾張で活躍した美濃鍛冶の作品を尾張関と称します。中でも政常、氏房、信高、泰幸が有名で、美濃本国とやや趣を異にする独自の作品を残しており、がっしりとした強い姿のものが多く見られます。

杢目肌良く練れて詰み、刃縁柾がかり、地沸付いた地鉄に刃縁大粒の沸がついた直刃を焼き、小足が入る。元幅がうんと広く、元先の差が開いた造り込みは、見た目より手持ち軽く、扱い易さを感じさせる出来口です。

店主 町井勲からの一言。
指裏物打より下の刃縁に小さな鍛え筋とフクレがありますが、それ故に尾張新刀を代表する泰幸の剛刀を御手頃な価格でお求め頂けるチャンスです。尾張士(さむらい)の武辺の心意気を感じさせる一刀。是非この機会にお求め下さい。
※この脇指は委託品です。

裸身重量591グラム。

肥後守國康 ~華やかなる拳形丁子~

肥後守國康 ~華やかなる拳形丁子~
肥後守國康
– Higonokami Kuniyasu –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/401/00.html

肥後守國康は名を小林源左衛門と称し、摂津国で活躍した初代河内守國助の三男で、兄弟に二代河内守國助(中河内)、武蔵守国次、伊勢守国輝などの名工達を抱えた名家出身の刀工です。
作風は二代國助に酷似しており、國助に比して作品が少ない点から察するに、兄國助の代作を多く務めたものと推測されます。

この脇指は小板目肌が良く練れて地沸つき、地景入り、二代國助然とした拳形丁子を交えた覇気溢れる乱れ出来で、刃縁には繊細なる砂流が随所にかかり、足よく入り、一切の破綻が無い、國康傑出の出来口を誇る作品です。

店主 町井勲からの一言。
地刃共に完璧な國康の名脇指です。見た目の華やかさのみならず、大業物としてもその名を轟かせる大阪新刀の巨匠の作品を、是非この機会に御入手下さい。重刀も狙えそうな見事な出来だけに、もっと高値をつけたい名品です。

裸身重量606グラム。

加州住兼則作 貞享二年二月吉日 ~大業物~

加州住兼則作 貞享二年二月吉日
加州住兼則作 貞享二年二月吉日
– Kashu ju Kanenori saku –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/400/00.html

加州兼則は美濃を本国とする刀工。美濃の刀鍛冶は優れた作刀技術を買われ、古刀末期から新刀初期に諸国の城下町へ移住し、兼則同銘工は上杉氏の越後国春日山、朝倉氏の越前国一乗谷、越前松平氏の福居地、越中富山、尾張名古屋、信州など近隣諸国へ展開しました。

この脇差は志津三郎兼氏の流れを汲む炭宮派作之丞兼則の作で、江戸初期の寛永頃、金沢城下に移り住んで鎚を振るい、その刃味鋭く、大業物としてその名を馳せた名工で、地鉄は小板目が良く練れて詰んで細かな地沸が付き、小足頻りに入った中直刃を巧みに焼き上げた作品。

店主 町井勲からの一言。
刀剣趣味人憧れの大業物! 年紀入り在銘の加州兼則のご紹介です。精美な地鉄が見事な一刀で、現状では古研ぎのため、ヒケなどが目だってみすぼらしく感じられるやも知れませんが、地刃の観賞は可能な状態です。大業物の出来を存分にご堪能頂きたく、期間中にお求め頂きました方には、美術観賞用上研磨を施してお納めさせて頂きます。

裸身重量533グラム。

若狭住冬廣作 永禄四年八月日

若狭住冬廣作 永禄四年八月日
若狭住冬廣作 永禄四年八月日
– Wakasa ju Fuyuhiro saku –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/399/00.html

冬廣は若狭国小浜の刀工で、本国は相州。二代次廣が室町中期の文明頃若狭に移住し、その子である冬廣に始まりました。代表工としては天文頃の久右衛門尉、永禄頃の藤左衛門尉がおり、代々同銘が同地に続いています。
西国武将の冬廣への信頼は厚く、若狭のみならず、伯耆、出雲、備中にも赴いて作を遺しており、新刀期における冬廣は、四代冬廣が備中移住後に若州冬廣の名称を継いだ若狭大掾冬廣をはじめとして、本家の高橋姓の冬廣と別家した兼村姓の冬廣系と同じく加藤姓の冬廣系に分かれ、江戸時代後期まで大いに活躍しました。

この脇指は無鑑ではありますが、永禄年紀が切られていることから、藤佐衛門尉冬廣の作と思われ、板目肌杢まじりの地鉄に地景が入り、匂口明るく冴えた尖りごころの互ノ目乱れを焼き、湯走が見られ、足入り、細かな砂流がかかるなど、見所多く、美術刀剣として飽きを感じさせない一刀です。

附属の拵は製作当時の姿をそのまま現在に伝える肥後系の名拵で、切羽一枚に至るまですり替わることなく伝来してきたオリジナル。
菊花図を巧みに刻した銀一作の縁頭と鐺の仕事は見事で、江戸初期頃まで遡るであろう肥後鐔が装着されており、柄糸の間から顔を覗かせる猪と牡丹を手に跪く人物の目貫もまた粋であり、経年による小さな鞘の凹みはあるものの、総体に保存状態は良く、拵だけでも独り歩きできる逸品です。

店主 町井勲からの一言。
製作当時のまま現在に残る拵は大変貴重です。金具の仕事も見事ながら、全体のシルエットも申し分なく、明るく冴えた疵気が無い刀身も魅力的。今後も現状をのままに後世に伝えていくべく、御購入の後には是非とも保存刀装審査を御受審頂きたい内外共に価値ある名品です。

裸身重量432グラム。  拵に納めて鞘を払った重量613グラム。

菊紋 和泉(以下切)(和泉守来金道)

菊紋 和泉(以下切)(和泉守来金道)
菊紋 和泉(以下切)(和泉守来金道)
– Izuminokami Rai Kindou(Kinmichi) –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/398/00.html

初代和泉守来金道は、美濃兼道の次男で、文禄二年(1593年)に父兼道と三人の兄弟(伊賀守金道、丹波守吉道、越中守正俊)と共に上京しました。
同じ三品派の刀工である近江守久道家とは深い血縁関係にあり、初代久道は二代来金道の門で兄弟々子でもある三代来金道の次男を養子に迎えて二代久道を継がせ、今度は逆に二代久道の長男が、二代久道の実兄である四代来金道の養子となり五代来金道を継いでいます。その為、初代から三代までの久道家と三代から六代までの来金道家の合作刀が比較的見られます。
※三品派は、志津三郎兼氏の子孫である兼道(初代陸奥守大道)を祖とし、兼道の子である伊賀守金道、来金道、丹波守吉道、越中守正俊の四兄弟を中心とする一派。

この脇指は二代越後守来金道の子である三代和泉守来金道の作で、彼の子に四代和泉守来金道と二代近江守久道がいます。
身幅広く、重ね厚めの力強い姿で、緻密に練られて詰んだ小板目肌が美しく、処々柾がかり、地景よく入り、地沸つき、刃文は湾れ調子の互ノ目乱れで匂口明るく、地刃共に冴えた作品で、磨り上げられていることが惜しまれます。

裸身重量552グラム。

文珠

文珠
無銘(文珠)
– Mumei(Monju) –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/397/00.html

文珠とは江戸初期頃に活躍した紀伊の大和手掻系の刀工一派。初代の手掻包永は、般若の文殊菩薩の剣を鍛えた功により文殊四郎の名を与えられ、それ以降、手掻派は文殊姓を名乗り、本家は代々文殊四郎を襲名したと言われています。
同派からは南紀重國も排出しており、新刀然たる派手な刃文がもてはやされたこの時代に於いて、文珠派は大和伝を墨守した古雅な作品を数多く遺しています。

この脇指は杢目に柾がまじった地鉄が良く練れて少しく肌立ち、地沸付いて地景入り、匂口は明るく冴え、湯走や打除風の刃を交えた大和伝に、時世の流行に沿った相州伝を加味した作品で、物打辺りに見られる大互ノ目は南紀重國を思わせる出来口を示しています。

附属する拵は黒蝋鞘が色褪せて焦茶色になっている点から、鞘は江戸中期を下らない古い拵であることが窺がえます。切羽の一枚に至るまですり替えられることなく、小柄も失われずに装着されており、拵製作当時の様相をそのままに伝えていることは稀有であり大変貴重。柄糸が経年により風化の状態にありましたので、当店にて同質同色の撮み巻きを施しました。
総体に赤銅の黒と黄金色を基調とした絢爛豪華な金具を用いたこの脇指を、腰に帯びていたのは相当なる上士であったことでしょう。本刀を手に歴史浪漫をご堪能下さい。

店主 町井勲の一言。
上述の通り内外共に貴重且つ価値ある逸品です。旧家からのうぶ買い付け品だからこその歴史ある拵。今後もうぶの姿を後世に遺していくためにも、御購入後は保存刀装鑑定を受審され、内外共に大切に伝来させて頂きたい一刀です。

裸身重量387グラム。  拵に納めて鞘を払った重量579グラム。

高田河内守源本行作 享保十歳八月日 ~綾杉肌見事~

高田河内守源本行作 享保十歳八月日 ~綾杉肌見事~
高田河内守源本行作 享保十歳八月日
– Takada Kawachinokami Minamoto no Motoyuki saku –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/396/00.html

本国豊後。初銘を行春、のち行平と改め、紀行平の裔と称す。延宝中唐津に移り、のち武蔵江戸に来て麻布、鷹番に住し、また相模にて綱廣に師事し、再度唐津に住しました。 本阿弥家より本の一字を受けて本行と改名し、老後は豊後太郎と唱え、銘文の「本」の字を松葉の如く崩して切ったことから、世に松葉本行として名高い業物刀工です。

店主 町井勲からの一言。
この脇指は綾杉肌が良く練れて、刃縁は地鉄に絡んで様々な様相を見せ、働き豊かで飽きを感じさせません。一見単調な広直刃に見えるも、仔細に見るとその変化に驚かされる出来良い作品です。
現状でも地刃の観賞はできますが、厳しい眼で鑑て言いますと、研ぎの下地も仕上げもイマイチ。掲載しております拡大写真で斑点状または地鉄が荒れて見えるのは、前研磨者が手を抜き、肉眼では目立たない小錆を残したまま研磨しているためです。これでは本脇指が持つ美術価値をじゅうぶんにお楽しみ頂くことができません。最高の状態をお楽しみ頂きたく、また、理想的な状態で後世に遺したいと言う思いから、上記期間中にお求め下さった方には、美術観賞用上研磨を当店にて負担致します! 大変お得なこのキャンペーン期間中に是非本刀をお求め下さい。

裸身重量447グラム。