隠岐國住人沖光作之 昭和二二十八年十二月日 ~実用兼美の元陸軍受命刀工~

隠岐國住人沖光作之 昭和二二十八年十二月日 ~実用兼美の元陸軍受命刀工~
隠岐國住人沖光作之 昭和二二十八年十二月日
– Okimitsu –
 
本名、原寛。昭和3年生れ。島根県隠岐郡西ノ島住。大東亜戦争時には陸軍受命刀匠として数多の利刀を鍛え、陸軍々刀技術奨励会々長賞等入選多数。国工院会員名誉宗匠を務めるなど、上工としてその名を轟かせた名工です。師は原角太郎(初代沖光)。
 
反り程好く上品な体配で表裏に刀樋を丸留めとし、地鉄は杢目肌流れて少しく肌立ち、ふわりと柔らかい感じの互ノ目丁子乱れを巧みに焼き上げて、刃中よく沸えて足盛んに入り、帽子は直ぐ小丸に返る。
美術鑑賞用の上研磨が施されている点から鑑ても、注文打ちにて入念に鍛えられ、全ての諸工作を最上の仕事で仕上げられた逸品です。
現在刀身が納められている白鞘とは別に、佐藤寒山先生による鞘書白鞘が附属しております。
地刃の美しさはもとより、利刀として名高い名工故に、試斬抜刀を嗜まれる方々から、今尚人気が高い昭和の名刀。家宝としても恥じない一刀です。
 
裸身重量890グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~研磨渡し 居合形稽古に最適

無銘 ~居合武用に最適 研磨渡し~
無銘
– Mumei –
 
柾目肌流れて肌立った地鉄に古雅な直刃を焼いた作品。
現状では素人が耐水ペーパーなどで全体を擦っているためみすぼらしいですが、美術鑑賞用研磨を施し、美しく蘇らせて納品させていただきます。再刃などの焼き直しでなければ宇多または波平あたりで極めがつきそうです。
現状渡し御希望の方はお値段御相談に応じますのでお気軽にお問い合わせください。
※鞘の鯉口刃方に修復痕在り。
 
裸身重量702グラム。  拵に納めて鞘を払った重量990グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~古来より剛の者に許されし朱鞘~

無銘 ~古来より剛の者に許されし朱鞘~

無銘
– Mumei –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/742/00.html

小板目肌肌立ち、互ノ目調子に互ノ目丁子乱れを焼く。刃縁より平地に向けての働きが顕著に見られ、刃中には葉や小足が頻りに入るなど見どころ多い出来口。
数多の戦によって刀剣の需要が求められた時代の作だけに、使用上問題ない鍛え疵はそのままに仕上げられています。美術刀剣としての地位が確立された現代に於いては、少しの疵でも敬遠されがちですが、士達が日常腰に帯びる実用刀は、本刀のような質実剛健たるものが好まれました。
美術鑑賞用としても見どころある作品ですが、武用刀として申し分ない作品です。

附属の拵は柄が新調されており、がたつき無くしっかりとしています。私見では鞘は時代物を塗り直したものと見受けますが、中身に相応しく、シンプルながらも見る者の目を惹きつけます。

裸身重量834グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,107グラム。

各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

鐔5点追加しました。

お求め易く税送込です。

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/tuba/list.htm

在光

在光
在光
– Arimitsu –
 
銘鑑によると、備前國に在光と銘切る刀工が六名確認でき、最も古い在光は室町中期文明(1469~)頃であり、続いて永正、天文、天正と、室町後期に渡って活躍しています。
この短刀は無鑑のため、いずれの在光か判断しかねるも、寸法体配から鑑るに六寸程の短い鎧通しが流行した室町中期の作と思われます。
 
地鉄は青味を帯びた杢目肌が流れて肌立って地景入り、匂口は深く明るく、元に飛焼を交え、砂流入る。刃の沸は地にこぼれ、強い沸映りを呈し、現状は古研ぎでヒケあるも、特に手をかけて頂く必要なく、そのまま御鑑賞頂けます。
※真贋保証はございませんが、偽銘であったとしても出来が良いので美術鑑賞刀として申し分ございません。
 
裸身重量95グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

山上則久 ~武用刀をお探しの方にお薦めの一刀~

山上則久 ~武用刀をお探しの方にお薦めの一刀~

山上則久 昭和二二十五年十一月
 
山上則久。本名、山上重則。新潟県刈羽郡刈羽村大字刈羽在住。師は陸軍受命刀工として刃味鋭い利刀を鍛えた実父、山上昭久。
 
小板目柾流れの詰んだ地鉄に地景入り、足頻りに入った互ノ目丁子乱れを焼いた作品。刃中砂流かかる。
手持ちバランス良く、居合等の武用刀として扱い易い一刀で、附属の拵は黒の牛表革にて柄巻きがなされ、柄には一切のがたつきが無く、しっかりとしていて好ましい状態。
則久は父昭久譲りの利刀を鍛える刀工。居合稽古のみならず、試斬抜刀の稽古にもお薦めです。
 
裸身重量755グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,017グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

大和守安定 ~刀剣乱舞や沖田総司の愛刀として名高い最上大業物~

大和守安定
– Yamatonokami Yasusada-
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/164/00.html

少しく肌立った地鉄には淡く沸映りが立ち、刃文は匂口極めて明るく冴えた多湾れ調子の互ノ目乱れに砂流かかる。
安定は本国越前。名を富田総兵衛と言い、初代康継の門人といわれ、近年の研究で紀州石堂派の出身であることが有力視されています。
江戸に出て神田白銀町に住しました。その作品は斬れ味が優れていることで知られ、山野加右衛門、山野勘十郎などの試切銘が入った作品が多く経眼されます。幕末頃には異常なまでに人気が集中し、新撰組一番隊々長・沖田総司、同じく隊士・大石鍬次郎の佩刀であった事でも知られ、今日でも斬れ味鋭い質実剛健な武士の刀の典型としてその人気を博す、刀剣趣味人なら誰もが知る最上大業物です。
近頃では人気ゲーム『刀剣乱舞』にも登場し、刀剣女子に絶大な人気を得、その名は刀剣を趣味としていない人の間でも轟いています。

附属の拵は黒を基調とした筋違模様の変わり塗りの高級品で、桓武平氏千葉氏族で伊達家と所縁が深い亘理氏の家紋である三日月に一つ星紋が蒔絵され、。縁頭と鐔は秋草図で揃え、目貫は弓矢図。小柄は失われていますが、それ以外は切羽の一枚に至るまで、製作当時の完全なオリジナルで大変貴重。
拵の格式の高さ、蒔絵された亘理氏の家紋からもお察しいただけますように、伊達家高禄の士の指料。是非この機会にお求めください。
尚、現状渡し御希望の方は提示価格よりお安くお譲り致しますので、お気軽にお問い合わせください。
※委託品

裸身重量181グラム。  拵に納めて鞘を払った重量346グラム。

各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

照包 ~拵新調済み~

照包 ~拵新調済み~
照包
– Terukane –
 
反り程好く切先延びた豪壮な姿が印象的な刀です。現状の研磨では鉄肌拭いを黒くさしすぎた感があるので、一部化粧直し或いは再研磨を施して頂くことで、ガラリと印象が変わることでしょう。勿論敢えて再研磨を施す必要はなく、現状のままでもお楽しみ頂けます。
 
附属の黒蝋塗鞘打刀拵は当店にて新調したばかりのものです。鐔は古い時代物、縁頭と目貫は気が利いた新作金具を用いました。切羽は白銀師による本手造り。定められた位置でピシッと留まる絶妙なる職人技術には脱帽。鞘は既製品の鞘を代用することが可能ですので、居合稽古時の鞘削れや鞘割れの際の修理メンテナンスも低予算で可能です。思う存分御稽古の友としてお役立て下さい。
 
裸身重量811グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1070グラム。

大磨上無銘 ~疵気が無く、研ぎ上がりが期待できる刀~

大磨上無銘 ~疵気が無く、研ぎ上がりが期待できる刀~
無銘
– Mumei –
 
杢目肌良く練れて詰んだ綺麗な地鉄に互ノ目乱れを焼いた作品。地鉄には淡く映りが立ち、柔らか味ある互ノ目乱れには尖りごころの刃が交じり、帽子はf表裏共に大きく互ノ目を焼いて丸く返る。疵気が無く、精良な地鉄ですので、是非研磨を施して保存刀剣鑑定を御受審下さい。研磨代を考慮し、思い切った価格で御案内致します。
 
附属の九八式軍刀拵は、佩鐶の下に錆が見られるも、金具周りの桜花葉は摩耗も無く、鐔や目貫に至っては今尚黄金色を保ち輝いています。
 
裸身重量688グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,020グラム。

美術刀剣 刀心 特別企画 本日最終日です

お得な特別企画は本日が最終日です。

お買い忘れはございませんか?