濃州関之住兼吉 ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~

濃州関之住兼吉 ~藍鮫研出鞘海軍太刀型軍刀拵入り~
濃州関之住兼吉
– Nohshu Seki no ju Kaneyoshi –
 
関善定派の刀工。
 
緻密に練られた杢目肌が少しく肌立ち、小沸本位の直刃を焼いた作品。特筆すべき鍛錬疵は無く、横手下より焼き幅を広めた刃文構成は、切先の欠けを考慮し、長く武器として使えるように工夫されたもので、室町中期の作品にしばしば見られます。
古研ぎで所々に極小の刃毀れが見られますが、刀の出来は良く、御入手後は是非ともしかるべき研磨をおかけいただきたく思います。
 
附属の拵は人気が高い海軍太刀型軍刀拵で、鞘は藍鮫着せの研ぎ出した高級品。金具の金鍍金も割りと状態が良く、今尚黄金色に輝いています。
 
裸身重量713グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,110グラム。

大磨上無銘 ~鎌倉期まで遡りそうな掘り出し物!?~

大磨上無銘 ~鎌倉期まで遡りそうな掘り出し物!?~無銘
– Mumei –
 
大きく磨り上げられた鎌倉時代は下らぬと思われる太刀。現状では素人による錆を落とした箇所やヒケ等が目に付きますが、姿が美しい一刀です。
 
刃文は小乱れ。匂口は深く、悪い表現をすれば染みた匂口と言えますが、古名刀には本刀のような刃もしばしば見られます。特段硬い感じの刃が見られるので、古い時代の再刃の可能性も否定できませんが、製作年代はかなり遡ると思われます。
本刀のような再刃臭い出来の刀に研磨を施し、保存審査を受審したところ、波平で保存刀剣鑑定書が交付されたこともかつてありますので、むげに再刃物と決め付けず、研磨を施し、ダメ元で保存審査を受審頂きたく存じます。
 
研磨代やはばき製作費を考慮し、格安で御案内致しますので掘り出し物をお探しの方、吉と出るか凶と出るか、是非チャレンジされてください。
 
※研磨・保存刀剣審査を当店にてお任せ下さる方のみ御購入頂けます。
 
裸身重量628グラム。

刀 無銘 ~本漆石目塗鞘の高級九八式軍刀拵入り~

刀 無銘 ~本漆石目塗鞘の高級九八式軍刀拵入り~

刀 無銘 ~本漆石目塗鞘の高級九八式軍刀拵入り~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/589/00.html

 

杢目肌柾流れて肌立った地鉄に、互ノ目乱れ丁子交じりの刃を焼いた長寸の古刀々身が納められた九八式陸軍々刀拵。
九八式軍刀は、鉄鞘やアルミ鞘が人気高いですが、実は本刀の拵のような本漆石目塗りが施された物の方が高級品と言われています。

刀身は元先の差が開いた優雅な姿で手持ちバランス良く、古研ぎ身ながら現状でも御観賞頂ける状態です。はばき元少し上の平地に美観を損なう大きなフクレがあるため、長寸古刀にも関わらずお安く御紹介致しますので、是非この機会にご検討下さい。

居合の稽古演武々用刀として、打刀拵を新調してお使い頂くのも宜しいかと存じます。
※フクレを抑えることが得意な研師がおります。少し手をかけられると今よりフクレが目立たなくなるでしょう。

裸身重量756グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,160グラム。

刀 無銘(兼先)

刀 無銘(兼先)

刀 無銘(兼先)

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/569/00.html

 

古刀の兼先と極められた大磨上無銘のこの刀は、緻密に練られた杢目鍛えの地鉄に白気映りが立って肌立ち、尖り刃交じりの明るく冴えた互ノ目乱れを焼いています。元の方は地鉄に絡んで砂流が顕著に見られ、先の方では互ノ目の焼き頭を二等するが如く足や葉が入り、地刃共に健全で反り姿が美しく、末関の兼先らしい出来口を示しています。
うぶ買い付けの蔵出し刀で、これまでに市場に出た事が無い完全うぶ出しの良刀。自信をもってお薦めす致します。

現状古研ぎ。所々に変色程度の薄錆が見られますが地刃の観賞は可能。良く鍛えられた一刀ですので、是非とも再研磨され、優れた地刃を存分にお楽しみください。

裸身重量752グラム。