大和國住包明

大和國住包明
– Yamato no kuni ju Kaneaki –
 
 
本刀の作者である包明は、初銘を正吉と言い、大和国で活躍した刀工で、包保に作刀技術を学びました。師である包保に倣って左字に銘切った作品も在ります。
 
この刀は小板目肌が良く練れて詰んで地沸付き、地景入り、刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き、物打辺りでは互ノ目丁子を交え、刃縁に大粒の沸が賑やかに付き、刃中には地鉄に絡んで細かな砂流や金筋、葉が見られ、帽子は横手上で大きく互ノ目を焼き込み、先は直ぐに大丸に返っています。
 
経年によるヒケが見られますが、現状のままでも御観賞に支障は無く、手持ち手元重心でバランスが良く、扱い良さを感じます。
※樋の中に埋鉄が在ります。
 
裸身重量754グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

濃州住田代角兵衛兼信作

濃州住田代角兵衛兼信作
– Noshu ju Tashiro Kakube Kanenobu –
 
 
新刀期における美濃鍛冶の代表的な流派は、田代源一兼信派や、大道派及び三阿弥派、寿命派等で、中でも田代源一兼信は美濃国安八郡神戸を主な鍛刀地として数代に亘って栄えた流派である。
尚、田代角兵衛兼信は陸奥守兼信二代目に相当する刀工で、家伝に従い尖り互ノ目を得意としており、新刀業物刀工としても著名。
 
本作は、濃州住田代角兵衛兼信作と長文にて銘を有しする陸奥守兼信二代の作。緻密に練られた小板目肌はよく練れて精美で、乱れ映りが立ち、刃文は家伝を忠実に踏襲した三本杉風の小互ノ目で先尖る典型的な出来口。地刃共に一切の破綻が無く、兼信会心の作と言える。
古研ぎながらも地刃の観賞には支障ないも、出来が良い刀だけに上研磨化粧直しを施し、末長く御愛蔵頂きたい一刀です。
 
裸身重量773グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘(末関)

無銘(末関)
– Mumei(Sue Seki) –
 
 
反り深い、すらりとした姿が美しく、延びごころの切先が鋭さを感じさせる。地鉄は杢目肌が良く練れて肌立ち、匂口明るい丸みを帯びた互ノ目を巧みに焼き上げ、刃縁には砂流が随所にかかり、沸筋が吊橋の如く、互ノ目の山と山を繋ぎ、あたかも渓谷を眺望するかのような感を与える一刀です。
研磨も下地が良く、刀の顔である物打から切先にかけての鎬筋や横手、小鎬が凛と立ち、清々しい気持ちにさせてくれます。
保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
 
裸身重量716グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

濃州関住一文字源天秀鍛之

濃州関住一文字源天秀鍛之
– Noshuseki ju Ichimonji Minamoto Amahide –
 
 
福本天秀は本名をは福本秀吉と言い、株式会社関日本刀鍛錬所に所属した刀工で、一文字天秀と名乗りました。活躍したのは昭和前期で、数多の軍用刀身を鍛え、その強靭さと刃味には定評があり、聖代刀匠位列に於いては、上工の列、大業物関脇格に列しています。
 
この刀は元先の差が程好く開いた上品な姿で、地鉄は杢目柾流れで緻密に練られて少しく肌立ち、地景入り、刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れで、焼頭の匂口が締り、刃中には地鉄に絡んで現れた金筋や砂流が随所に見られ、蛇の目の如き葉を交え、角がかった刃交じり、帽子は直ぐに丸く返っています。
 
附属の陸軍九八式略式軍刀拵は金具の状態が良く、今尚山吹色に輝いており、通常、野戦用革覆の下は白木のままの鞘が散見される中、本拵は本漆で黒く鞘が塗られた高級品です。
 
現状でも地刃の御観賞可能ですが、本鍛錬の出来良い一刀ですので、余力ある方はしっかりとした研磨を施し、天秀の地刃の冴えをお楽しみになられては如何でしょうか? 保存刀剣鑑定もゆうに合格する優刀です。
 
裸身重量741グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,081グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘(肥前國廣)

無銘(肥前國廣)
– Mumei(Hizen Kunihiro) –
 
 
肥前國廣は初代忠吉の異母弟であり、門人でもあった相右衛門廣貞の長男で、名を橋本六郎左衛門と称した脇肥前を代表する刀工の一人。寛永から万治に至る年紀入りがあり、八十五歳という長寿を全うしました。
この系統は皆乱れ刃が上手で、特に國廣は廣貞の如く激しい乱れ刃を焼いて上手です。弟の播磨大掾忠國(初代)に比して作品数は極めて少なく希少であり、その技量は頗る高いことで知られます。
古来より切れ味の良さに定評があり、江戸期の著書「古今鍛冶備考」にも業物として記載され、『山田浅右衛門押型』所載の國廣は、『脇毛之辺、落可申候』と注記があります。
 
本作は身幅重ねしっかりとして反りは浅く、切先やや延びごころの体配で、良く練れて詰んだ小板目肌に互の目丁子を焼いた作品で、足盛んに入り、刃中には砂流が顕著に見られ、よく沸づいて冴えた匂口を示すなど、脇肥前の技量を余すことなく発揮しており、昭和26年の大名登録刀であることからも、その出来栄えと伝来の良さを窺がい知ることができます。
 
うぶ出しの一刀です。前所有者逝去後、長らく手入れされることなく眠っていたため、所々に薄錆があります。そのため研磨代金を考慮した価格で御案内させて頂く次第です。しっかりとした身幅と重ねに加え、二尺四寸余の刃長は観賞刀としても、居合の形稽古用としても魅力的な一刀。是非この機会に現存作品少ない希少な國廣を御入手ください。
※委託品。是非とも脇指554(肥前佐賀住國廣)と共に大小でご所持下さい。
 
裸身重量832グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

京都ぶらり歴史探訪 ~大人気の刀剣第三弾~

https://www.bs-asahi.co.jp/kyoto_burari/

 

本日20時より BS朝日 京都ぶらり歴史探訪

是非御覧下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
反り深い、すらりとした姿が美しく、延びごころの切先が鋭さを感じさせる。地鉄は杢目肌が良く練れて肌立ち、匂口明るい丸みを帯びた互ノ目を巧みに焼き上げ、刃縁には砂流が随所にかかり、沸筋が吊橋の如く、互ノ目の山と山を繋ぎ、あたかも渓谷を眺望するかのような感を与える一刀です。
研磨も下地が良く、刀の顔である物打から切先にかけての鎬筋や横手、小鎬が凛と立ち、清々しい気持ちにさせてくれます。
保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
 
裸身重量716グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

祐定

祐定
– Sukesada –
 
 
杢目鍛えの地鉄に直刃調子の刃を焼き、匂口は深く潤み、刃中には砂流が見られる。古い時代の再刃物につき、本刀を鍛えた刀工のオリジナリティは失われているものの、白鞘やはばきも附属しているので、これから刀剣趣味を始められる方や、再刃物の資料として、お求め易い低価格で御案内致します。
 
裸身重量396グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

浪花住剣龍子貞晴(刻印) 慶應元乙丑歳八月

浪花住剣龍子貞晴(刻印) 慶應元乙丑歳八月
– Naniwa ju Kenryushi Sadaharu –
 
 
剣竜子貞晴は大坂月山貞吉の門人で、月山貞一の兄弟々子になります。慶応から明治にかけて活躍した名工ですが、現存する作品の数は少なく貴重で、これは貞吉の代作を務めていた為と考えられます。
 
この脇指は刃長から見てもお判り頂けるかと思いますが、寸延びの短刀として鍛えられたものであり、身幅広く豪壮で、地鉄は小板目が良く練れて詰み、刃縁には柾気が強く現れ、それに絡んで刃文は総体に砂流が顕著に現れています。匂口は明るく、足頻りに入り、互ノ目には尖りごころの刃が交じり、物打から先は互ノ目丁子が棟に向かって大きく延び、やや皆焼がかった出来口を示し、帽子は乱れ込んで先直ぐに丸く返っています。
 
打粉を用いた保存手入がなされていたため、現状では地鉄にやや拭いぼけが見られますが、特段急ぎ化粧直しや再研磨の必要は無く、このまま地刃の観賞をお楽しみ頂けます。
出来良い一刀ですので、是非とも特別保存刀剣鑑定を御受審頂き、出世させて末長く御愛玩頂ければと思います。
 
裸身重量355グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
茎に反りが付き、総体に細身で鋭さを感じさせる造り込み。地鉄は小板目肌立ち、淡く映りごころ在り。刃文は匂口締まりごころの直刃で、帽子は大丸で焼き詰め風に短く返る。
 
裸身重量128グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。