越前守源信吉 - Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi –

越前守源信吉 - Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi -
越前守源信吉
– Echizennokami Minamoto no Nobuyoshi –
 
越前守信吉は初代信濃守信吉の三男で、山城国平安城に住して槌を振るいました。同銘が数代続く信吉の中でも越前守信吉が最も技術が高く、明暦頃から元禄にかけての作品を残しています。
 
この刀は反り程好、一見単調な直刃に見えるも、仔細に鑑ると刃縁に細かな変化が見られる玄人好みの一刀。昭和26年の岐阜県大名登録であることから、伝来の良さもうかがい知ることができます。
お求め易い価格にて御案内致しますが、居合や試斬のお稽古用としてお求めされるお客様は、申し訳ございませんが、本刀とそのうぶの拵の保存愛護のためにも御購入をお見送り頂くか、或いは稽古用の拵を新調されることを前提にお求め頂ければ幸いに存じます。
 
裸身重量722グラム。  拵に納めて鞘を払った重量984グラム。

無銘 ~上研磨仕上がりほやほや~

無銘 ~上研磨仕上がったばかり~
無銘
– Mumei –
 
兵庫県下よりうぶで買い付けた古刀仕込みの陸軍刀です。
当店にて上研磨を施しました。
地鉄は板目杢交じりでよく練れて肌立ち、匂口沈みごころで直刃調に小湾れや互ノ目を交え、横手下には二重刃風の刃も見られます。
一切の曇り無き清々しい研ぎ澄まされた地刃をご堪能下さると共に、是非とも保存刀剣鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量618グラム。  拵に納めて鞘を払った重量964グラム。

無銘(末三原)

無銘(末三原)
無銘(末三原)
– Mumei (Suemihara) –
 
備後国三原派は、備前・備中の両国に近いが、備前伝及び山城伝いずれの影響も受けず、鎌倉末期より室町末期まで一貫して大和伝を遵守しています。 従来は、正家が祖であるとされてきましたが、同工の年紀入りの作刀がいずれも南北朝期である為、最近では鎌倉末期の国分寺助国を祖とするという説が有力となっています。 三原派は、年代で大きく三つに分かれ、南北朝より以前を古三原、室町初中期を三原、室町末期を末三原と呼称しています。 また、三原派は古い時代から評価が高く、現在でも国の指定である重要文化財や重要美術品などに多くの作刀が指定されるなど、斯界で高く評価されています。
 
この刀は先反り(腰反りよりやや上から反る)で元先の差が開いた上品な姿をしており、粕立った大肌に湾れ調子の直刃を焼いた作品で、刃中変化に富み、小足が入るなど古雅な作風を示しています。一般的に末三原と言えば刃中の働き乏しい単調な直刃出来のものが数多経眼されますが、本刀はその出来口から、末三原と言うよりは三原(室町中期)と鑑る方が自然なように思われます。
 
裸身重量590グラム。

無銘(末関)

無銘(末関)
無銘(末関)
– Mumei (Sueseki) –
 
末関とは室町後期の末古刀期に活躍した美濃刀工の総称。三本杉で知られる孫六兼元も末関刀工の一人です。
本刀は個銘極めがされておらず、大きく末関と極められた一刀ですが、その出来栄えは刀剣趣味人なら誰もが末関と鑑る典型的な作風であり、延びた切先も、室町後期に流行った典型的な体配を示しており、地鉄が白く肌立つ作品が多く経眼される末関にしては、緻密に練られた肌は大人しく立ち、美しく纏められています。特筆すべき疵欠点もございません。写真では帽子の焼刃が見辛いですが、焼刃が抜けている等と言った欠点はございませんのでご安心下さい。
また、本刀は当店にて上研磨を施しました。研ぎあがったばかりの清々しく、凜とした末関の刃の美しさをご堪能下さい。
 
附属する陸軍刀拵は、常に見るものより鐔が厚い高級品で、元は二鐶吊りの九四式の第二佩鐶が外されたもの。清原なる将校が所持していたもののようで、金具や柄木に至るまで、全てに「清原」とけがかれています。
 
裸身重量611グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,074グラム。

無銘(法華) ~南北朝末期~

無銘(法華)
無銘(法華)
– Mumei (Hokke) –
 
鎌備後国法華とは、三原派とは別系の備後国葦田郡の国分寺跡に於いて鍛刀した一派を指し、その祖を助国と伝え、日蓮宗の信者に支持されていたとも云われています。 現在の鑑定基準として、法華極めの無銘物は、南北朝~室町初期にかけての作とされています。
 
この刀は総体に淡く映りが立ち、匂口沈みごころの直刃調小乱れを焼いた作品。鎬に彫られた二本樋の棟側チリが幅広く、これもまた本刀の特徴の一つと言えるでしょう。
600有余年の長き月日を生きてきた本刀を手に、遥かなる歴史浪漫をお楽しみ下さい。
 
裸身重量555グラム。

別人長光

長光

長光 - Nagamitsu –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/662/00.html

長光と言えば備前の長光がまず思い出されますが、同銘工は大和國をはじめ、他の諸国にも確認されております。本刀は『長』の字を独特の書体で銘切っており、俗に言うところの別人長光(備前長光とは異なるという意味)正真と鑑せられる一刀です。
平地、鎬地共に、肌が荒れた感じの部分が見られますが、掲載しております写真は、撮影時の照明の加減により、いささか肉眼で見るよりも、肌の荒れが目立って見えるもので、実際に手にとってご覧頂きますと、写真程いやらしさを感じません。
また、手持ちバランスが良く、刀身自体軽目ですので、居合の稽古には頗る使い易く、必ずや御満足頂けるものと自負致しております。
※木はばき

裸身重量555グラム。

無銘(兼辰) ~上杉家お抱え工。春日山城でも作刀した名工~

無銘(兼辰)
無銘(兼辰)
– Mumei(Kanetoki) –
 
兼辰は室町時代初期から江戸時代の新刀期にかけて同銘を数える美濃を代表する刀工です。名工として名高い兼常と所縁あり、上杉家のお抱え工として春日山城に於いても作刀していました。
 
この脇指は身幅が広く、寸法の割りに反り深めで、掟通りの桧垣鑢に尖り刃交じりの互ノ目乱れ。匂口を深く焼いているのは組討時の折損を避けるための実用を選んだためと推測され、区に見られる研ぎ溜まりや、刃区を下げられている点などから、相当に働いてきた様子と戦国時代当時の世相を窺がうことができる浪漫溢れる一刀です。
 
現状では惜しいかな切先先端が僅かに欠けています。部分研磨ご希望の方はお気軽にご用命下さい。
 
裸身重量306グラム。

縁頭の御案内

縁頭14点ご紹介致します。

 

更に詳細な写真や法量については、美術刀剣 刀心WEBサイトからご覧下さい。

http://nihontou.jp/choice03/tousougu/fuchikashira/list.htm

美術刀剣 刀心の新着商品紹介で、何故値段を伏せているのか?

美術刀剣 刀心がSNS広告で価格を伏せる理由

 

このブログや私のフェイスブック、ツイッターなど、各SNSを通じて新着商品の紹介をしていますが、いつも写真の価格欄にモザイクをかけていることに、皆様はお気づきでしょうか?

町のスーパーや家電製品店の広告を見ると、どれだけ安く販売するかを広く知らしめるために、大きく価格が掲載されていますよね。

しかし、美術刀剣 刀心では私の拘りから、それをしておりません。

食品や家電製品と違い、刀剣はそれぞれが一点物。その月々の店の経営状況に合わせ、価値あるものも時には破格の価格で紹介することがあります。

例えば先月は売上が少なく、ノルマに達していない場合など、先月分も含めて利益を出したいとの思いから、100万円の価値ある刀剣でも70万で販売することがあるわけです。

お店としてやっていくからには、周囲の反響を呼ぶように、

100万円のところ→70万円!!

などと広告すべきなのでしょうが、私は刀剣が好き過ぎてそれができません。故に商売下手です。

でも、それでいいと思っています。

消費者であるお客様の感覚にも問題があるのですが、100万の価値ある刀を70万で販売した場合、長らくコレクターのもとに収蔵され、代替わりする際に再び市場に出る時くらいにしか再評価されない現実があります。おわかりでしょうか?

解り易く例を出しますと、

A店で100万円の価値ある刀が70万円で売られていた。→Bさんが購入、数ヶ月で他の刀に買い替えのためC店に下取りに出す。→C店は100万円の価値がある刀なので適正評価である100万円で売りに出す。→家電製品や日用雑貨と刀剣を同じように考えている一部の消費者で、過去A店で70万円で売られていたことを知る人は、同一作品の刀がA店では70万だったのに、C店では100万で販売している。C店はぼったくりだ。と間違った個人的主観をネット上で拡散する。→C店はその刀が売れないためA店と同じく70万まで値下げする。或いはそれより安く販売する。→益々その刀の価値が正当に評価されず、安価な刀としてレッテルを貼られてしまう。

と言う悪循環を生み出すのです。

私は刀が好きなので、100万の価値ある刀は100万で販売され、消費者もその価値を認識し、正当な評価額である100万で購入すべきだと考えています。それが刀を守っていくことだと信じてやみません。

ただ、私も家族を養わなければならない現実問題もあり、正当な評価額より安く販売せざるをえない状況に陥ることもありますし、自分自身が若い頃、なかなか刀を購入することができなかった経験があるので、心ある方、本当に大切にしてくださる方にはなるべく金銭的負担をかけさせたくないという気持ちもあります。

そこで私は新着刀剣の紹介宣伝はしても、価格は伏せるようにしているのです。

買い手が付き、その刀が嫁入りすると同時に詳細データを速やかにWEBサイトから削除し、ブログやSNSに残る情報から、その刀の販売価格を残さないように心がけることで、何らかの事情で再び市場にその刀が出た時に、その価値を守ることに務めているというわけです。

過去、ブログでも度々言ってきましたが、未だに私の店『美術刀剣 刀心』を利用される方の中に「なんぼか安くならへんの?」と値切る方が散見されます。日用雑貨や家電量産品ではないのです。武士の魂とまで称された日本刀。武士の時代は終りましたが、刀剣をお求めになられる方は、私から見れば刀を求める武士と同じ。己の命を託し、勝負事に用いる道具を購入するにあたって、「引く」「負ける」は縁起の良い買い方ではありません。ご自身で求めようとする刀の価値を下げる行為は、刀剣という贅沢品を趣味にされるからにはおやめになってください。

物には物の買い方というのがあるものです。

伯耆守藤原信高 ~尾張新刀を代表する名工 愛媛県大名登録刀~

伯耆守藤原信高 ~尾張新刀を代表する名工 愛媛県大名登録刀~
伯耆守藤原信高
– Houkinokami Fujiwara Nobutaka –
 
信高は、政常・氏房と共に尾張新刀を代表する刀工。中でも信高は六代まで続き、初代から五代までが伯耆守を受領している名門。各代の銘振りが似ているため、代の判別は難しいですが、反りが浅い寛文新刀体配であることから、初代~三代までのいずれかの作であろうと鑑せられます。
 
この刀は地鉄が総体に目立って肌立ち、堀川國廣を連想させます。相伝色濃い出来口で、大粒の沸が刃縁を飾り、それが地に零れ地鉄に銀河の如き景色を見せ、足や金筋を交えた湾れ調子の互ノ目乱れの粋を楽しめる一刀で、特筆すべき疵は無く、磨り上げられていることのみが惜しまれる優作です。
 
当店買取時には古新聞に包まれ、はばきも何もなく、裸身で薄錆に覆われた状態でした。研磨順番待ちなど、数年の長き諸工作期間を終え、この度再びその輝きを取り戻した信高。
拵は店主町井勲(修心流居合術兵法創流者)監修の下、本刀のために各職方が精魂込めて造り上げた本拵です。親鮫をぐるりと一枚で巻いた柄を黒塗りにし、赤備えの剛の士をイメージして赤色の裏革にて捻り巻きに仕上げました。切羽も本手造りのガッチリとした造りですので、武術の心得ある方にも御満足頂ける拵であると自負致します。
昭和26年3月6日と、かなり初期の段階の登録であることから、親藩である伊予松山藩15万石、松平家旧蔵の一刀と推測されます。
上研磨仕上がったばかで清々しく、大名家伝来の来歴良い信高刀、中心を伏せれば堀川國廣に思わず入札したくなる名品を是非この機会に御入手下さい。市場初登場です。
 
裸身重量688グラム。  拵に納めて鞘を払った重量940グラム。