アートミックスジャパン 修心流居合術兵法公開演武の御案内

アートミックスジャパン 修心流居合術兵法公開演武

http://artmixjapan.com/program/artist07.php

アートミックスジャパン 修心流居合術兵法公開演武

いよいよ3日後となりました。

今回は趣向を変え、単に演武を披露するだけではなく、“古の士達が何を目的に形を創案したのか?” “各々の形で何を学ぶのか?”を居合形解説やその術理を解説しながら実演させていただきます。

巷の居合教本には記述されていない古流居合術の奥深さと真髄を、会場に集う皆様に少しでも知っていただければ幸いに存じます。

平日の夜ということもあって、なかなかお出かけしづらいかもしれませんが、是非ともお足をお運びください。

修心流居合術兵法 剣術形九本目 ~冠落~

稽古を体系化していくために形を構築していく中、暫くその形を稽古していないと「あれ?○○ってどんな形だっけ?」と自分自身でもわからなくなることがあります。

今回御紹介するものも、以前は「鐔留」と言う名称で構築したものですが、毎回相手の刃が己の鐔に当るというわけでもないので、この度「冠落」と名称を変更しました。こんな風に業名を気軽に改編できるのも、新興流派ならではの特権だと考えています。

とりあえずどんな形だったのかをいつでも思い出せるようにと、今回は形の紹介を兼ねて動画を掲載した次第です。

この冠落という形ですが、己から仕掛けていくのと、相手の袈裟を待って応じるのとの二種あり、前者は業を成立させやすいものの、日本刀の体配と構造を考慮すると、刀への大きな損傷は免れません。一方後者はそれ相応なる技術が必要となりますが、刀への負担は少ないため、長く刀を使い続けることが可能ですので、私はこちらの使い方の方が日本刀には適っていると考えています。

刀  無銘(仙台安倫)

刀  無銘(仙台安倫)

刀  無銘(仙台安倫)

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/563/00.html

 

安倫は江戸初期の承応頃を始祖として、その名跡が九代継承され、明治にまで及んでいます、痛切に、m江戸の大和守安定に学んだ安倫は初・二代と言われ、初代は初銘を倫祐といい、遊慶倫助の子で、余目五左衛門と少子、承応三年、大和守安定門に入り、翌明暦元年に没したと伝えられています。また、二代は初代の弟で、兄同様余目五左衛門と称し、明暦二年、弟籐八郎(安次・河内守國次養子)と共に江戸に出て安定門となり、のち帰国、おおいに活躍したと言われます。なお、仙台立て藩主綱宗公は鍛刀を好んで遺例がありますが、その相槌を行ったのはこの工のことであります。初代が早世の為に同工の安倫銘の作刀が見られないことから、二代が事実上の初代であり、世に二代を以って初代とする向きがあります。

この刀は小板目肌が良く詰み、杢が交じった鍛えに地沸が微塵につき、地景が細かに良く入り、匂口は明るく冴え、小湾れを基調に互ノ目を焼き、足よく入り、匂深で、沸が厚く付き、刃縁から地に向かって沸零れ、砂流かかり、庵棟のおろしをやや急峻に造り込んで、焼刃の湾れが所々角張る風を見せ、安倫の技量の高さを存分に示した作品です。
尚、数代続く安倫ですが、中でも二代は業物として知られています。

附属拵の角頭の大きさが合っておりませんので、新たに角頭を新調されることをお薦め致します。

裸身重量750グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,009グラム。

ギネス世界記録六冠達成 ~Most martial arts sword cuts in one minute (rush straw)~

昨年、6つ目のギネス世界記録に挑む旨、こちらのブログでも記載していましたが、その後一切記録に関する記述を致しておりませんでした。

これは今回ギネス社の動画公開に合わせた配慮であり、記録更新失敗のためではなかったことをここに明言させていただきます。

同種目の記録保持者であるギリシャ人の方が、挑戦日を過ぎても一向にギネス記録に関して私が記載しないことに対し、「町井はギネス更新に失敗した」と早とちりされ、ギリシャの地では一部のマスコミが、「現代の侍、町井勲がギリシャ人が保持するギネス記録更新に挑み失敗した!」と大々的に報じる事態を招いてしまいました(苦笑

本日改めまして昨年11月20日に、私が“ギネス世界記録六冠達成”したことをご報告致します。

今後も己の目指す居合術の極みを求め、精進して参ります。

ギネス公式サイトでも大きく御紹介頂いております。

http://www.guinnessworldrecords.com/news/2017/3/video-japanese-martial-arts-master-attempts-katana-world-record-464271

ギネス世界記録六冠達成

昨夜の稽古

アメリカシアトル支部から太田さん、大阪北道場から一人、修心館スタッフが一人、私の長男、次男、三男が稽古に参加し、久し振りに稽古場に活気が溢れました。

前半は中伝形を。後半は中伝形を活かした居合柔術を稽古しました。

 

腕の力で攻めては相手が踏ん張るばかりです。いかに力まず、ぶつからず、己の軸で制するかが肝要です。

刀 一心 昭和十八年三月 ~陸軍受命刀工~

刀 一心 昭和十八年三月

刀 一心 昭和十八年三月 ~陸軍受命刀工~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/545/00.html

 

一心とありますが、満鉄刀とは関係ありません。刀工銘“一心”は岐阜県関市にて活躍した昭和の刀工です。本名を谷川慶治と言い、昭和16年9月12日に陸軍受命刀工に任命されました。

この刀は戦中に打たれた刀身に稀に見る、匂口が無いタイプ。そのため刃文写真は割愛させていただきます。刀身には鍛錬時の疵欠点はありません。刀工銘の上と柄の兜金(頭金具)に名古屋工廠刻印“名”が打たれています。

附属の九八式軍刀拵は、未使用と称しても過言ではない保存状態の良さ。金具番号は全て“722”で揃っており、はばきの台尻にも鏨で“722”と刻され、鞘の鯉口内部にも“722”と記載。柄木にも“722”の番号が刻されています。
現在匂口が無い刀身や工廠刻印が打たれた刀身には登録証が発行され辛い状況ですので、本刀の存在は大戦時の軍刀の歴史を物語る上でも大変貴重な存在で、資料的価値も高いです。軍装コレクター垂涎の一刀を是非この機会にお求め下さい。
※本刀は委託品です。

裸身重量776グラム。 拵に納めて鞘を払った重量1,087グラム。

敵の刀を足の指で挟む ~釘打~

昨年の元日に放送されましたフジテレビの特番『さんタク』の中で、相手の刀を足の指で挟む業がありますと話しましたが、今回御紹介する稽古動画の中に、「釘打」と呼ばれるその形が収録されています。

あくまで約束稽古による動画ですので、実戦で使用するには間を詰めると同時に右足膝が高く上がらないと使えません。かなりの錬度が必要となる業ですが、相手の刀の棟を踏み抑えると同時に親指と人差指で挟み込み、刀を握る相手のバランスを崩す様子は御確認いただけるものと思います。

神速の居合術 修心流居合術兵法【初伝形】 DVDがBABジャパンより発売されます

修心流居合術兵法 初伝形DVD

神速の居合術 修心流居合術兵法【初伝形】

修心流居合術兵法のHOW-TO DVDがBABジャパンより発売されます。

修心館からもお求め頂けます。

お申し込みは

syuushinkan@nihontou.jp

へどうぞ。

居合形はそのまま体術になる

居合は刀を使うだけの武術だと思われがちですが、私の見解では違います。

普段単独で行う居合形、実は体術の要素が多々含まれています。

居合形は刀の抜き差しを覚えるためのものではなく、体術を身につけるために、刀という定規を使っているものだと私は考えています。

そのため修心流居合術兵法の稽古では、時折この動画のように居合形を体術に応用した居合柔術の稽古を行っています。

居合形を考案した先人には頭が下がる思いでいっぱいです。

 

北京で見つけたお店

叙々苑?

昨年12月に修心流居合術兵法中国北京支部五輪館道場に指導に訪れた夜のこと。門弟達と夕飯を一緒にすべく、街を歩いていると、「叙々苑」を発見!!

「おっ!」 北京にも叙々苑あるんだね!」

と門弟に言ったところ、

「老師、よく見てください。叙々苑ではありません。」

と返事が返ってきました。

 

??

 

よぉ~く看板を見てみると…

叙々苑ではなく叙上苑でした(驚

 

これ、絶対に叙々苑意識してますよね?

看板の書体も似てますし…(苦笑