刀剣趣味を始められたい方へ

刀剣趣味を始めたいという方から、御相談を頂く事がたまにあります。

そのような方々にまず知って頂きたいのは、刀剣は贅沢品であり、高価であるということです。

例えば二尺四寸程あって、錆びていなくて、拵がついていて、それでいて10万円くらいで…

そのような価格では希望にそった刀は買えません。

予算の目安としては以下のような感じでしょうか。

 

刀…白鞘入りで最低でも20万円。拵入りでまともに使える状態のものであれば30万円。

脇指…白鞘入りで最低でも10万円。拵入りでまともに使える状態のものであれば20万円。

短刀…白鞘入りで最低でも10万円。拵入りでまともに使える状態のものであれば20万円。

 

上記は鍛錬疵が多少あったり、一部錆があったり、古研ぎであったりといったコンディションのものになります。

研ぎあがりピカピカの刀剣類は上記価格ではまず買えません。

 

また、ネットオークションでの刀剣の購入は大変リスクが高いです。

つい先日もヤフオクで落札した刀の登録証が偽造されたものであり、新規登録しようとしたところ、美術価値無しと判断されて登録不可となってしまい、購入金額十数万が水泡と帰したという苦い体験をされた方がおられました。

ネットオークションに出品されている品が全て悪いものとは限りませんが、なにやら理由ありの品や、怪しい品が多く散見されます。

サクラによるテコ入札によって相場以上の価格で落札させられてしまうという事例もありますので、ネットオークションはリスクが高いということをしっかりと踏まえた上で楽しまれてください。

よく、掘り出し物という言葉を耳にしますが、安く良い物を買うことが掘り出し物ではなく、適正価格で良い品を買うことこそが掘り出し物だと思うようにされますと、刀剣趣味で下手を打つことは少ないと思います。

これまで身の周りの人達で、刀剣で損をする人の共通点を挙げますと、「名刀を格安で買おうと言う欲が強い」に尽きます。

 

今回の記事、皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

小刀5点追加しました

お好みの品があればお気軽にお問い合わせください。

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/kogatana.htm

小刀20口掲載致しました!名品揃いです。お見逃しなく!!

全部で20口。

兼元をはじめ、著名工による小刀の名品揃い。

・綱廣
・綱英
・古山陸奥助弘元
・國次造之
・伊豆守定廣
・津田越前守助廣
・尾崎源五右衛門助隆
・丹波守吉道
・播州手柄山麓藤原氏繁作
・水府住徳勝作
・信義作
・信義
・兼巻
・対馬守藤原宗利
・尾州鳴海住氏雲
・美濃守藤原政常
・政常入道
・於濃州金崋山長良川辺藤原新古清長
・関盛康
・兼元

価格、詳細はWebページにてご覧くださいませ。↓↓↓
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/kogatana.htm

小刀コレクター放出品!!

美術刀剣 刀心スタッフが朝から一生懸命写真撮影しております。

小刀コレクター放出品 小刀コレクター放出品 小刀コレクター放出品 小刀コレクター放出品

全部で20口。(写真は15口です)

小刀もここまで揃えると壮観ですね!!

兼元をはじめ、著名工による小刀の名品揃い。

WEB掲載までに20口全て纏めて御購入希望される方は御連絡下さい。お値段御相談にのらせていただきます。

安すぎて不安でしょうか?

美術刀剣 刀心スタッフと共に、掲載から数日で全て完売するだろうと思っていた、刀剣趣味初心者応援価格でご紹介している刀剣達。

予想は大ハズレでなかなかお嫁入しません… 解せません…

表記価格が安すぎて、不安を生んでいるのでしょうか??

消費税と送料も含めて6万円~10万円という非常にリーズナブルな応援価格なのですが…

安すぎて不安と言う方、どうぞご安心下さい。

お値段以上の品をご用意しております。

名物 鶴丸國永写し太刀 ~京都藤森神社奉納太刀の兄弟太刀~

名物 鶴丸國永写し太刀 ~京都藤森神社奉納太刀の兄弟太刀~
國永 将平作
– Kuninaga Masahira saku –
 
藤安将平刀匠は昭和二十一年福島県伊達郡生まれ。昭和41年長野県坂城町の刀匠、故人間国宝、宮入行平師に入門。
昭和50年福島県立子山に鍛刀場を開設して独立。以後作刀の研究修練を重ね日本美術刀剣保存協会優秀賞3回、奨励賞6回、努力賞7回を受賞。平成2年には日本美術刀剣保存協会会長賞受賞。同14年日本美術刀剣保存協会寒山賞を受賞。
 
尾張熱田神宮、奈良護国神社など多くの神社で奉納鍛錬を行い、平成20年には、704年、佐備大麻呂の作剣以来、およそ千三百年ぶりに常陸鹿島神宮において日本刀奉納鍛錬を行う。
 
昭和59年秋には伊勢神宮第61回式年遷宮、御神宝太刀謹作奉仕の大役も担い、 先の震災で大きな被害を受けた福島県南相馬の御刀神社復興支援にも大きく尽力され、御神宝となる直刀を謹作奉仕し、直近では福岡の宮地嶽古墳出土大直刀の復元鍛錬など、現代日本刀匠屈指の作刀技術を持っている。
 
平安、鎌倉時代の古刀剣再現への強い想いを持ち、長年研究修練に取り組み、国宝、重要文化財やそれに類する刀剣類、全国の砂鉄や鉄文化の知識見識も豊富で、太刀、刀、短刀、脇指、薙刀、古代直刀など、どれを手掛けても正確で美しい刀姿を造り上げる。
地鉄、焼刃の手際も鮮やかで幅広い製作能力を誇り、中心鑢や銘文といった中心仕立ても現代刀匠随一で、師である行平没後、師の実子である宮入小左衛門行平(宮入恵)を預かり、弟子として鍛刀修業を積ませた経緯からも、師の信任が厚く、その技量の高さを物語っている。
 
近年は奈良正倉院収蔵の直刀、手鉾のなど奈良時代の刀剣類の研究、復元製作にも取り組まれ、上記の御刀神社奉納直刀の焼刃などは神域に入られたと言っても過言ではない。
 
刀心店主、町井勲(修心流居合術兵法創流者、居合に関するギネス記録を6つ保持している)が最も信頼を寄せる現代屈指の刀匠としても知られ、将平刀はテレビ番組内で町井の手によって、鉄パイプ、鉄板切断など日本刀の本分である利刀(折れず曲がらずよく切れるの三事)としての能力も非常に高いことが証明されている。
また将平刀匠は弓、弓道にも深い造詣を持たれており、京都の御弓師柴田勘三郎氏とも長年に亘る親交があって、地元福島では弓術の指導にもあたっている。
人格そして技量に於いても、人間国宝や無鑑査に認定されるべき人物だが、表の世界に出るのを拒み、今尚福島県立子山で黙々と作刀研究に勤しむ生粋の職人肌刀匠である。更なる詳細はこちらをご覧下さい。
 
この太刀は平成30年、京都藤森神社の依頼によって鍛えられた、名物、鶴丸國永太刀の一振。中心の形状はもとより、太刀姿まで本歌鶴丸國永と同寸法にて、今や入手困難となった靖国玉鋼を材料として、丹精込めて鍛え上げています。
通常、数振鍛え上げ、その中から一番出来が良いものを真打として納め、残りの物が影打と呼ばれますが、今回の鶴丸國永写しに関しては、納期の都合上、一番最初に焼き上げた太刀を納めました。つまり、この太刀は真打に劣る影打ではなく、藤森神社に奉納された鶴丸國永写し太刀の兄弟太刀となります。
現状では打卸状態ですが、明るく冴えた直刃が確認出来、研ぎ上がりが非常に期待できる一刀で、美術観賞用上研磨を施し、鶴丸紋入りのはばきを添え、上白鞘を誂え、家宝としてご所持頂くに相応しい名品に仕上げて納品させて頂きます。拵の御相談もお気軽にどうぞ。
※更に本歌に迫るべく、國永銘をもう一度切り直す予定です。
 
裸身重量 807グラム。※打卸状態での裸身重量計測につき、研磨完了後は幾分軽くなります。

筑州住源信國光昌造 明和三年八月日 ~信國系の名工~

筑州住源信國光昌造 明和三年八月日
– Chikushu ju Minamoto Nobukuni Mitsumasa saku –
 
 
筑前信國派は初代京信國より四代目の信國定光が、南北朝の戦乱で焦土となった京から宇佐八幡宮が有る宇佐に移住し、安心院氏に仕えたことによって興りました。十二代信國吉貞は安心院氏滅亡後、新領主となった細川忠興に仕官を迫られましたが、前の豊前国領主黒田長政公に仕える約束していたため、慶長7年(1602年)、彦山参詣に託けて妻、長男吉政、家来を伴い、半ば脱出の体で筑前へ移住し、黒田長政に仕えました。
本刀を鍛えた信國光昌は、初代信國吉政系の名工で、弥九郎重久の養子。名を又左衛門、助左衛門と称し、信國光正同人と言われ、文化元年七月十八日に没しました。
 
この刀は元先の差が程好くついた上品な刀姿に、よく練れた精良な地鉄。匂口明るい広直刃調子に角がかった互ノ目を焼きあげ、刃縁の変化に富み、金筋や砂流を随所に見せた賑やかな出来口です。
 
裸身重量717グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘(長船祐光) ~伝来の良い名品です~

無銘(長船祐光)
– Mumei (Osafune Sukemitsu) –
 
 
六郎左衛門尉祐光は、小反利光の子で、右京亮勝光、左京進宗光兄弟の父であり、永享から文明頃にかけて活躍しました。同時期の「寛正則光」で名高い五郎左衛門則光とは作風や銘字が似ている点から、兄弟ではなくとも同じ長船の一家内にあったと思われます。作風は則光と比して優しいものが多く、両者は応永備前から末備前の中間に位置する長船正系の良工です。
 
この脇指は姿良く、淡く映り立った杢目鍛えの地鉄に、腰が開いた互ノ目乱れを焼いた作品。特筆すべき疵欠点も無く、備前刀を勉強するにはもってこいの一刀で、附属する金着牡丹鑢はばきからも察せられるとおり、伝来の良い名品です。
 
裸身重量394グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

石見守藤原正直 ~槍の名工正直の名品~

石見守藤原正直
– Iwami no kami Fujiwara Masanao –
 
 
石見守藤原正直は、寛永頃(1624~1644)に備前岡山に於いて作刀していた刀工で、元は備後の貝三原の出身と云われています。経眼する作品には特に槍や薙刀が多く、この槍は中心(なかご)もうぶのままで好ましく、精良な地鉄にしっかりと元から先まで焼刃を焼いた一筋です。
写真では形状の都合上、光線の反射によって刃文が見辛いですが、実物は肉眼で焼刃を確認できる状態ですのでご安心ください。
 
裸身重量158グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

大小刀 遠州住磯部一貫斎光廣 為原田延次郎氏 昭和丁巳年八月吉日

大小刀 遠州住磯部一貫斎光廣 為原田延次郎氏 昭和丁巳年八月吉日
遠州住磯部一貫斎光廣 為原田延次郎氏 昭和丁巳年八月吉日
– Enshu ju Isobe Ikkansai Mitsuhiro –
 
磯部光司、大正四年九月十日生まれ。 宮口一貫齋寿廣の門人で、宮口一貫齋恒寿に続いて一貫斎を襲名し、師寿廣より「廣」の一字を賜る。 全日本刀匠会会員、昭和三十五年努力賞受賞。その後も精力的にコンクールに出品を続け、多数の入選経験を持つ刀匠です。
 
刀 小板目肌良く練れて詰み少しく肌立ち、地沸ついて地景入る。匂口明るく冴えた互ノ目乱れを小沸本位で焼きあげ、足よく入る。
脇指  小板目肌良く練れて詰み少しく肌立ち、地沸ついて地景入る。匂口明るく冴えた互ノ目乱れを小沸本位で焼きあげ、足よく入る。
 
大小共に同地鉄、同焼刃で仕上げた光廣の作品。原田延次郎なる人物による特別注文打ちで、相当な費用をかけて仕上げられています。当然ながら美術鑑賞用上研磨が施されており、地刃共にしっかりと観賞できる逸品。
一部に鞘擦れ等経年による研磨劣化は見られるものの、敢えて手をかける必要は無く、そのままお楽しみ頂けますが、気になる方は部分研磨をお引き受け致しますので、お気軽に御相談下さい。※部分研磨は有償です。
6月末日までの刀剣趣味者応援特別価格をお見逃しなく!! 期日が過ぎましたら650,000円(税・送込)となりますのでお急ぎください!!
 
(大)裸身重量858グラム。 (小)裸身重量711グラム。