無銘 ~町井勲監修、黒蝋塗鞘打刀拵新調済み 身幅広い剛刀~

無銘 ~町井勲監修黒蝋塗鞘打刀拵新調済み 身幅広い剛刀~
無銘
– Mumei –
 
奉書紙を割いたかの如き匂口が特徴的な近代刀です。匂口明るく冴え、身幅は広く、重ねもしっかりしており、手にするとずっしりとした重量感があります。造り込みは鎬幅狭めで鎬高く、いかにも斬撃の抜けが良さそうな雰囲気を漂わせています。
 
現状古研ぎで部分的に薄錆が見られますが、特筆すべき疵欠点無く、剛刀と称すべき武用刀、試斬稽古刀をお探しの方にうってつけの一刀です。先重り重心なので、土壇斬りや多本数斬りでは刃味を発揮してくれそうです。
※畳表試斬にお使いの場合は、寝刃合わせされてからお使いになられると尚良いでしょう。
 
附属する黒蝋塗鞘打刀拵は、居合術家として海外にもその名を知られる刀心店主、町井勲監修によるもので、微塵の狂いもないしっかりとした拵を新調しました。拵新調にあたっては、はばきの台尻の角度で使い勝手も変わって来ることから、町井のこだわりで新たに銀牡丹祐乗はばきを新調。切羽は安価な既製品ではなく、職人による手作りの本銀切羽を誂え、柄は親鮫を贅沢に腹合着せ(一枚巻き)にし、牛裏革にてしっかりと巻き上げました。勿論鞘はこの刀に合わせて鞘師が手造りした本拵で、巷に見る模擬刀鞘の使い回しとは異なります。
旧銀はばきはつなぎの方におつけしていますので、刀身を白鞘に納める際には旧銀はばきを装着下さい。
 
身幅広い豪壮なる試斬稽古刀をお探しの方、居合に於いても豪壮なる刀をご使用になられる方に、絶対の自信をもってお薦めいたします一刀です。
研磨ご希望の方、10万円(税別)にて綺麗に致します。お気軽にご用命下さい。
 
裸身重量1,022グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,303グラム。

伝 備州長船清光 ~町井勲監修 本造り武用拵新調済み~

伝 備州長船清光

刀 無銘(伝 備州長船清光)

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/560/00.html

 

室町時代後期の備前長船の刀工、及びその作刀を総称して末備前と呼称します。中でも清光を名乗る刀工は数多く、五郎左衛門尉・孫右衛門尉・与三左衛門尉・彦兵衛尉・孫兵衛尉などの俗名を冠する刀工の存在が確認されており、祐定、勝光、忠光と共に末備前を代表する刀工の一人として著名で、比較的直刃の作刀が多く残されています。

柄は散逸し、古い塗鞘のみが残されていた本刀を、当店々主町井勲監修の下、気が利いた現代金具を用い、真面目な武用拵を誂えました。
柄は親鮫をぐるっと一枚に腹合着せとし、銀はばきを新調。既製品の安価な切羽が用いられることが多い昨今において、本刀に合わせて手造りした銀切羽を誂えましたので、しっかりと納まり見た目にも清々しい拵に仕上がっています。

古研ぎ身につき、細かいヒケや変色程度の錆が部分的に見られますが、現状でも地刃はご観賞頂けます。居合の形稽古等、存分にお使い頂きいた上で、改めて再研磨を施し、観賞用とされても良いでしょう。手持ちバランスも良いお薦めの一刀です。

裸身重量714グラム。  拵に納め、鞘を払った重量961グラム。

刀 関住福田兼丈作 ~町井勲監修 武用専一仕様 研磨・拵新調済み~

刀 関住福田兼丈作 ~町井勲監修 武用専一仕様 研磨・拵新調済み~

刀 関住福田兼丈作

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/546/00.html

 

本名、福田丈太郎。戦前戦中に活躍した関の刀匠です。

この刀は洋鉄丸鍛工法にて鍛造された品で、関刃物工業組合による検査合格刻印(桜に昭)が指表銘上に刻されています。
現在無知識な登録審査員によって、刻印ある刀を登録対象としない風潮にありますので、こうした刻印入りの刀は貴重な存在となっています。

折り返し鍛錬(古式鍛錬法)にて鍛造された刀には、刃がらみが出たりと、使用上において敬遠される疵がつきものですが、この刀の場合は疵が出ないため、刃がらみが生み出す刃毀れ等を心配することなく、試斬稽古に存分にご使用いただけます。

附属の拵は当店々主である町井勲監修による武用拵で、柄は親鮫をぐるっと一枚腹合着にした贅沢品。柄糸は上品な正絹藤色柄糸にて武用に適した諸捻りで巻き上げました。研磨に関しては細名倉砥までかけた段階でコピー用紙がすっと切れるか確認するよう担当研師に指示しましたので、居合、試斬稽古に存分にお使いいただける仕上がりにしております。
届いてすぐに使える武用刀をお求めの方、是非この一刀をご検討ください。

裸身重量769グラム。 拵に納めて鞘を払った重量1,099グラム。