短刀  高田住平守重

高田住平守重

短刀 高田住平守重

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/152/00.html

 

日本刀銘鑑を紐解くと、高田派の守重は室町前期永享頃に一人、他に文明、永正、天文に同銘工が確認されます。本刀は天文頃の守重と鑑て良いかと個人的には考えますが、日本美術刀剣保存協会に於いては銘振りを疑問視する意見もあり、現時点では保存刀剣の合格基準には至りませんでした。

しかしながら破綻無く緻密に練られ、地景頻りに入って淡く小乱れ映り立つ杢目肌は見事であり、直刃調に細かな尖り刃を焼いた作風は、多くの高田派の作品に経眼されるところですので、銘への疑いを気にせず、上の出来でご判断下さればと思います。お求め易い価格を提示させていただきますので、刀身の出来を愛でて下さる目利きの方、この機会に是非ご検討下さい。

附属の拵は扇の的を題材にした縁頭に、江州の宗典分派と伝わる野村包教在銘の鐔がついており、柄巻きは縁頭の題材に合わせ、弓矢図の現代目貫を用い、近年に巻き直されています。
※お手をかけず地刃を御観賞頂ける状態ではありますが、棟角に何かを打ちつけたような跡が数箇所あります。

裸身重量266グラム。  拵に納めて鞘を払った重量480グラム。

 

短刀  備州長船清光 天文二年二月日

短刀  備州長船清光 天文二年二月日

短刀  備州長船清光 天文二年二月日

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/151/00.html

 

祐定と共に末備前を代表する清光の天文二年の年紀入りの短刀です。
地鉄にはほのかに映りごころも現れており、焼刃はしっかりとあって、刃中の働きも楽しめる出来口ではありますが、惜しいことに鍛錬疵が目立ちます。
当店にてうぶで買い付け、登録の手続きから研磨まで全ての作業を行いました。安い研磨ではありますが、コストは相当にかかっているものの、美観を損なう疵があることから赤字覚悟の低価格で御案内致します。末備前と清光の参考品として御所持頂ければと思います。
※埋鉄を施し、もう少し良い研磨を施すことで、かなり見た目が変わるかと思います。ご興味ある方は御相談下さい。

裸身重量223グラム。

短刀(懐剣) 正栄

正栄

正栄

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/150/00.html

 

日本刀銘鑑を紐解くと、江戸後期に正栄と名乗る刀工が二名見当たります。一人は尾崎助隆の養子である源左衛門正栄。もう一人は奥田栄一郎正栄で、共に江戸後期に攝津国で活躍しました。
日本美術刀剣保存協会による鑑定では国を記載せず、単に新々刀とあることから、どのような見解なのかを尋ねたところ、俗名がない正栄銘に関しては資料が乏しく、そのため上記両名を含み、銘鑑漏れの正栄銘刀工も想定して個人特定はしないとのことです。

この短刀は小振りながらも鍛えが良く、清廉な水面の底を見るが如く、細かな地景が見られ、地沸付き、匂口明るく冴えた直刃を焼いて、先は大丸に返っています。

現状では気にならない程度の薄錆がはばき元に見られますが、これもうぶ品だからこそ。二百余年の歳月が過ぎた今も尚光を見せる中心。昭和26年岡山の大名登録であることや、拵の様式や刀身寸法、柄に描かれた一重五瓜に違い鷹ノ羽紋などから、池田本家や支藩に嫁いできた姫君の御守刀だったのかもしれず、また、中心の銘は正栄なのに、鞘には守貞と蒔絵されているのも、何か謂れがあるのかもしれません。歴史好きな方は是非この短刀のルーツを探ってみてください。
※仔細がお判りになられましたら是非ともご教授下さい。

裸身重量78グラム。  拵に納めて鞘を払った重量106グラム。

諸刃造短刀 二王清光

諸刃造短刀 二王清光

諸刃造短刀 二王清光

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/149/00.html

 

二王の名の由来については諸説あるものの、周防国の仁王堂が火事に遭った時、仁王像を繋いでいた鎖を清綱の太刀で断ち切って、仁王像を救い出したことに由来するとされるものが通説となっており、二王清重の工銘は室町時代に始まり、戦国最盛期を経て江戸時代前期寛文頃に栄え、幕末まで続いています。

二王派の作品は、大和発祥であるだけに大和色濃が濃く、直刃出来の優作が多く見られ、この諸刃造りの短刀はよく練られて詰んだ精良な地鉄に破綻無く直刃を焼き、その匂口は明るく、見事な出来口を示しており、六寸に満たない小振りな刃長から、製作年代を室町中期と鑑て宜しいかと存じます。

現状古研ぎで一部変色程度の錆が見られます。現状でも地刃を御観賞頂けますが、物が良いだけに是非ともしかるべき研磨を施し、末永く御所蔵頂きたい逸品です。

裸身重量104グラム。

雛刀 藤原正弘 ~大変愛らしい子供用の刀~

雛刀 藤原正弘 ~大変愛らしい子供用の刀~

雛刀 藤原正弘 ~大変愛らしい子供用の刀~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/355/00.html

 

写真だけを見ると刀に見えますが、稚児指または雛刀と呼ばれる子供用の刀です。
大刀を稚児用に縮尺するも、鍛えは刀と全く同じで、小板目が少しざんぐりとした感じの地鉄に、互ノ目乱れを焼いています。勿論刃中に働きも見られます。
御子様の御守刀として、また、江戸期の刀剣資料としてもお薦め致します。

裸身重量177グラム。

短刀 國長

短刀 國長

短刀 國長

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/147/00.html

 

淡く映り立つ地鉄に浅い湾れを焼いた室町末期の作品。

鑑定書付きの在銘古刀をお探しの方、また、これから刀剣趣味を始められるにあたり、まずは最初の一振りをお探しの方に向け、安価で御案内致します。

裸身重量78グラム。

地鉄が良い短刀

短刀 無銘

短刀 無銘

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/146/00.html

 

新々刀無銘の短刀ながら、地鉄が良く纏められ、匂口締まった直刃を焼いた作品。
疵も無く、御守短刀をお探しの方に心よりお薦め致します。
刀剣趣味初心者の方にもお求め易い低価格での御案内ですので、いいなと思われましたら急ぎお申し込みください。

裸身重量123グラム。

末関物の無銘脇指

脇指 無銘

脇指 無銘

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/351/00.html

 

杢目肌が良く練れて肌立ち、匂口明るく冴えた箱がかった互ノ目乱れを巧みに焼き、刃縁と刃中には働きが盛んに現れ、大変見応えある出来口を示す美濃系の脇指です。
相当な錆に包まれていたようで、重ねが減るのを憂い、研師が痘痕状の朽ち込みを敢えて残したまま研磨仕上げしているため、現状ではそれらの痘痕が美観を損ねてしまっています。
出来たい変優れた一刀だけに、将来的に再研磨を施して御所時頂きたく、研磨代を考慮したお値段で御案内致します。

裸身重量558グラム。

地刃冴えた見事な一刀

地刃共に出来最高の一刀


武州出羽守源光平

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/566/00.html

 

光平銘に関しては首肯できないため、出来が良い無銘刀としてお求め下さい。
地刃には一切の破綻が無く、小板目の精良な地鉄に大振りの互ノ目丁子乱れを巧みに焼き上げています。匂口明るく冴え、砂流が随所に見られ、覇気ある最高の出来口を示しています。
無銘にして是非とも保存刀剣審査を御受審下さい。
店主 町井勲のギネス6冠達成記念として、上研磨代を考慮した破格値で御案内致します。

裸身重量699グラム。

因州住藤原兼先  ギネス6冠達成記念特別価格

因州住藤原兼先

脇指 因州住藤原兼先

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/350/00.html

 

美濃の兼先は安土桃山時代頃に備前岡山に移住した後、近江、越前、加賀、越中、因幡などの各地に移住しました。因州兼先は池田家の国替に伴い、備前から因幡国へ移り、鳥取城下に鍛冶場を構え、幕末に至るまで繁栄しました。

元は二尺一寸程の短い打刀として鍛えられた刀です。短めの打刀は上士の指料に多く見られ、本刀も名のある士の腰にあったものと思われます。
※はばきの飲み込みを後に深く加工されているため、白鞘とはばきの間に隙間があります。

裸身重量570グラム。