肥前國住近江大掾藤原忠廣 ~保存状態抜群の海軍長剣拵付き~

肥前國住近江大掾藤原忠廣 ~保存状態抜群の海軍長剣拵付き~肥前國住近江大掾藤原忠廣
– Hizennokuni ju Omidaijo Fujiwara Tadahiro –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/689/00.html

小板目肌が良く練れて詰み、刃縁に添って淡く映り立つ地鉄に直刃調の刃を焼き、湾れ交え、足・葉入る。
附属の海軍長剣拵は保存状態抜群で未使用に近く、鞘は藍鮫巻きの研ぎ出しで、金具は今尚山吹色に輝いており、大日本帝国海軍の威光を今に伝える旧軍資料として非常に価値が高い逸品です。
※うぶ買い付け刀につき未鑑定。

裸身重量831グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,336グラム。

鶴田吉國造 明治元辰十二月日 ~上研磨し上がったばかり~

鶴田吉國造 明治元辰十二月日 ~上研磨し上がったばかり~
鶴田吉國造 明治元辰十二月日
– Tsuruta Yoshikuni –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/688/00.html

鶴田吉國に関する手元資料乏しいため、作柄についてのみ記述致します。
この刀は元は二尺三寸五分から四寸程の長さで中心尻に控え目釘を穿っていたようですが、鍛えられてから割りと早い時代に区送りされ、現状の刃長になっています。その際控え目釘も新たに穿かれたようで、旧所有者の武に対する思い入れが感じられます。
無地肌になりがちな新々刀期の作品が多い中、小板目肌が肌立ち、淡く白気映りごころが立つなど、古雅な雰囲気を漂わせ、匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き上げています。刃中には砂流や足が見られ、互ノ目の頭が割れた物、尖りごころの刃も交えています。

附属の拵は堅牢なる焦茶色の石目塗りで、縁頭と鐺は桜花図肥後象嵌の逸品。更には鐔まで肥後に拘った纏まりある肥後拵で気品に満ちた作となっています。柄巻きは裏革巻です。
※刃区から2~3ミリ上がったところに2ミリ程度の小さな刃切が見られます。はばきで隠れる場所であることと、少し区を送れば除去できることから、刃切問題無しとの日本美術刀剣保存協会の判断により、保存刀剣鑑定書が交付されました。(保存刀剣審査当店受審)

尚、この刀は当店にて上研磨を施しました。研磨代だけでも相当な金額がかかっておりますので、それらを考えると表記価格はかなりお安くお得です。どうぞ前向きにご検討下さい。

裸身重量797グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,097グラム。

備前長船住横山祐包 慶應元年八月日 友成五十八代(以下切) ~拵入り~

備前長船住横山祐包 慶應元年八月日 友成五十八代(以下切) ~拵入り~

– Bizen Osafune ju Yokoyama Sukekane –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/687/00.html

友成五十八代孫と銘する横山祐包は、祐盛の養子で、加賀介祐永と共に新々刀期の備前刀を代表する刀工として著名。作風は小板目肌よく詰んだ鍛えに、刃文は匂出来で匂口の締まった華やかな丁子乱れを得意としていますが、穏やかな直刃の作も見受けられ、年紀を切った作品は天保六年頃から明治五年まで経眼されます。

この刀は重ね厚く、小板目よく詰んだ肌に匂い本位の明るく冴えた直刃を焼き、鼠足を交えています。銘の上を軽く擦られており、若干底銘気味ですが、特筆すべき鍛錬疵は無く、価格的にもお楽しみ頂ける一刀です。はばきが長いので、実質二尺四寸の刀としてお使い頂けます。
尚、気まぐれで安価表示しておりますので、気分次第で現在の表記価格より値上げする可能性がございます。お求め易い低価格表示のうちにお求め下さい。

裸身重量864グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,119グラム。

守光 ~うぶ在銘備前古刀が破格値!!~

守光 ~うぶ在銘備前古刀が破格値!!~守光
– Morimitsu –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/686/00.html

室町前期永享頃に活躍した備前の小反り系鍛冶、三代守光と思しき一刀です。
うぶ中心在銘で姿も良く、江戸期に中心の反りを伏せ、斬り易い姿に手を加えられています。中心反りを後世に伏せることで、全体の反りを調整する方法は古来よりよく行われていることですので、欠点には入りませんからご安心頂いて結構ですが、惜しいかな所々に深い錆があります。
砥ぎで押し切れば、かろうじて匂口を残しつつ仕上げなおすことができるやもしれませんが、前にこの守光を手がけた研師は、元の姿を残すことを選択し、敢えて深錆を残したまま仕上げたようです。そのため深錆の影響により刃毀れ状になっている所が数箇所ございます。
杢目錬れた地鉄には淡く乱れ映りが立ち、うぶ在銘古刀として資料価値高い一刀ではありますが、美術刀剣の世界での評価はどうしても低くならざるを得ません。今回破格値で御案内致しますのは、この一刀をぞんざいに扱わず、将来的にしっかりとした工作を施していただきたいがためです。
うぶ在銘の備前古刀をお探しの方、また、居合形稽古用に手持ちバランス最上の一振をお探しの方、是非この守光刀をご検討下さい。

附属の拵は江戸期の古いもので、鞘は痛みなく保存状態は良好。鐔は長正(花押)の在銘品。柄は後補のため刀身は柄に対して刃寄りになっていますが、そのままお使い頂くことが可能です。鞘と柄のズレを気にされる場合は、有償になってしまいますが、当店にてしっかりと柄の調整をさせていただきますのでお気軽に御相談下さい。※工賃は2万円程です。

裸身重量557グラム。  拵に納めて鞘を払った重量833グラム。

本部道場定例稽古 2017.10.12 ~袈裟崩~


何も解説は致しませんが、動画から何かを感じ取って頂けると嬉しく思います。

無銘(玉心斎正蔭) ~山浦一門鈴木正雄門~

無銘(玉心斎正蔭) ~山浦一門鈴木正雄門~
無銘(玉心斎正蔭)
– Mumei(Gyokushinsai Masakage) –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/684/00.html

正蔭は名を五島鯉介と言い、越中国富山に生まれ玉心斎と号し、はじめ鈴木正雄の門人となり、後に水心子正次の下で作刀を学びました。越後国高田に住し、山浦一門らしい互の目乱れを得意する刀工です。

この刀はフクラ枯れごころの鋭い造り込みで、小板目肌柾流れの地鉄に映りが立ち、匂口明るく冴えた焼刃を逆互ノ目で焼き上げ、刃中よく足が入り、地鉄に絡んで砂流が随所に見られ、互ノ目を分断するかの如き沸の強い太い金筋や、互ノ目に噛み合わんばかりの湯走を伴うなど、山浦一門らしい覇気溢れんばかりの出来口を誇っており、附属する拵は源平合戦図の金具で統一された気品ある上拵で、本刀の価値を更に高めています。
恐らくは在銘であったと思われますが、山浦一門というだけあって、清麿等に化かさんとして悔しいかな無銘にされたものと推測され、現状は斑状に一部薄錆が見られますが、特筆すべき疵欠点は無く、然るべき研磨を施し後世に伝え残して頂きたい逸品です。
刀剣愛好家垂涎の山浦清麿一門の上拵入り覇気に満ちた上作を、是非この機会にお求め下さい。

裸身重量695グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,000グラム。

筑後柳河住久廣 慶應二年八月日 ~特別保存刀剣鑑定書付き~

筑後柳河住久廣 慶應二年八月日 ~特別保存刀剣鑑定書付き~
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/683/00.html

信濃守武藤久廣は、銘鑑によると宗廣(同田貫宗廣か?)門とあり、柳河(柳川)藩立花家の御抱鍛冶として鎚を振るいました。

この刀は杢まじりの小板目肌が良く練れて詰み、小沸本位の明るく冴えた直刃に、足が頻りに入って小乱れを成して刃中も沸づいた玄人好みの出来口の逸品で、柳河藩工として活躍した久廣の技量を余す事無く発揮した作品です。

裸身重量871グラム。

伯州住秀春 慶應三二月 ~刀工自ら刃味を試し、満足行く作にのみ銘を切ったと伝わる~

伯州住秀春 慶應三二月 ~刀工自ら刃味を試し、満足行く作にのみ銘を切ったと伝わる~
伯州住秀春 慶應三二月
– Hakushu ju Hideharu –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/682/00.html

秀春は大慶直胤の門人の秀直に学び、安政四年に帰郷。直胤門流の備前伝を得意とした秀春は己の刀身に自ら強度試験を行い、その課題を通過したものだけに切り銘をしたと伝わっています。そのため秀春の刀は強度や粘りはもちろん、抜群の刃味を誇ったと言われています。

この刀は緻密に練られた肌が詰んで美しく、一見単調に見える直刃は、匂口が明るく冴え、刃縁には細かな金筋が多々見られ、刃中には葉や、葉が連続してあたかも雲棚引く様を見せる玄人好みの出来口を示した一刀。
区が送られ、中心尻が切られていることこそ惜しまれるものの、磨り上げても尚腰に帯びていたいと思わせる一刀だったのでしょう。特筆すべき疵欠点は無く、現状は擦れ傷多数で切先先端を欠いているも、帽子の焼も幅広くしっかりとあるので、再研磨後が非常に楽しみな逸品です。

銀切羽の新調並びに美術観賞用上研磨予定です。工作未着手の期間のみ表示価格でお譲り致します。工作後は大きく価格も変わりますので、低価格でお求め頂ける工作未着手の今の期間に是非お申し込み下さい。

裸身重量770グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,048グラム。

和泉守兼次 伝来の良い逸品

和泉守兼次 伝来の良い逸品
和泉守兼次
– Izuminokami Kanetsugu –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/156/00.html

美濃國兼次は、直江志津初代兼氏の子、または門人と伝え、以降銘鑑によると同銘が六名確認できます。

和泉守を受領している記述は見られませんが、姿や刃文の構成などから鑑て、天正頃に活躍した兼次であろうと鑑定書では極められおり、桧垣鑢をかけた中心に切られた銘振りには偽銘臭は感じられず、極めとしては首肯できると考えます。

この短刀は緻密に練られた杢目が少しく肌立って美しく纏まっており、総体に地鉄の色は白っぽく、この頃の美濃物によく見られる尖り刃まじりの互ノ目乱れを匂口尋常に焼き上げた作品で、砂流や金筋が見られ、覇気に満ちた作風を示しており、附属する拵もコンディションが良く、金着の上等な切羽が江戸期から装着されていた様子を見るに、高禄の士の指料であったことが窺がえ、伝来の良い一刀であることが判ります。
お求め易い低価格で御案内致しますが、粗末にされず大切に次の時代に引きついてくださる方にお譲り致したく思います。

裸身重量225グラム。  拵に納めて鞘を払った重量392グラム。

刀 無銘 ~二尺四寸一分 拵入り~

無銘
– Mumei –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/681/00.html

柾目鍛えの地鉄に、ふわりと柔らかい感じの互ノ目丁子を焼いた作品で、刃中には長い金筋が顕著に見られます。鍛え疵や刀身中央部の焼が弱く匂口判然としない等、美術鑑賞刀としては欠点がございますが、居合稽古やちょっとした畳表試斬稽古には問題なくお使い頂けます。
30万円を切るお買い得価格で御案内致しますので、是非ご検討ください。

裸身重量831グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,104グラム。