越州敦賀住藤原下総守宗吉 ~典型的な慶長新刀体配~

越州敦賀住藤原下総守宗吉 ~典型的な慶長新刀体配~
越州敦賀住藤原下総守宗吉
– Esshu Tsuruga ju Fujiwara Shimousa no kami Muneyoshi –
 
宗吉は慶長頃の越前国敦賀の刀工で、『日本刀銘鑑』によれば、永享の越州敦賀住宗吉、大永の敦賀住人宗吉作があり、慶長宗吉の後、正保頃の敦賀住藤原宗吉(越後守)と続いています。
 
この刀は元先の幅差目立っては開かず、切先延びた慶長新刀の特徴をよく表した作品で、身幅重ね尋常。鎬高い造り込みで抜けの良さを感じさせる豪壮な一振りです。地鉄は板目がよく練れて肌立ち、地景入り、粕立つところが見られ、刃文は小沸出来の直刃調の刃取りに湾れを交え、金筋入り、砂流かかる。鋩子は直ぐに先丸く返る。
茎はうぶですが、茎反りを抑えるために茎の棟を磨っており、こうした茎棟の形状変更は古作に多々見られるため、勿論完全なうぶであることに越したことはありませんが、この程度ですと欠点の内にも入りません。
力強い慶長新刀姿を堂々と誇る本刀は、刀剣の姿変遷を学ぶ上において、慶長新刀を研究するにはもってこいの好資料として価値高い優品です。
 
裸身重量772グラム。

刀 法華三郎信房(初代) ~宮城県重要無形文化財・無鑑査刀匠! 町井勲監修の武用拵新調済!!~

刀 法華三郎信房(初代) ~宮城県重要無形文化財・無鑑査刀匠! 町井勲監修の武用拵新調済!!~
法華三郎信房(初代)
– Hokke Saburo Nobufusa(First Gen) –
 
高橋昇。明治42年5月15日生。信房氏は歴代刀工、仙台藩の最も優れた刀匠であった山城大掾国包の流れを継ぐ九代半蔵国包(宝歴13年・1763年没)に学び、信房(七代目)の作風備前伝を継ぎました。
初名を景房と名乗り、後に大和伝保昌派の作風の復元に成功して信房と改めました。昭和39年新作美術刀剣展に大和伝を出品し入賞。昭和41年12月には、日本刀鍛錬技術保持者として宮城県指定重要無形文化財の指定を受け、昭和56年には現代刀匠の最高位である無鑑査の認定を受けました。切れ味優れると評判も高く、系統も由緒正しき刀匠です。
 
元先の幅差頃好く開き、中切先延びごころ。反りやや浅めで斬撃に適した実用重視の体配。地鉄は小板目杢交じりで刃寄り流れて地沸がつき、地景入り、刃文は青江に倣った匂口明るく冴えた逆がかった互ノ目乱れに互ノ目丁字を交え、足よく入り、刃中には金筋が見られ、細かな砂流も看取され、鋩子は直ぐに先丸く返っており、初代法華三郎信房の高い技量を遺憾無く発揮した優刀です。
 
附属の拵は町井勲監修の下製作しました武用拵で、柄の芯出し、柄と刀身の芯合わせ等、一切の妥協と他の追随を許さぬ造りになっています。鞘を払って構えてみると、手元重心で扱い易さを感じさせます。是非この機会に町井勲監修武用拵付き初代法華三郎宣房の出来良い一刀をお求め下さい。
 
裸身重量764グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,005グラム。

備前長船住横山祐包作 嘉永四年八月日 ~現代刀のように今尚光る抜群の茎~

備前長船住横山祐包作 嘉永四年八月日 ~現代刀のように今尚光る抜群の茎~
備前長船住横山祐包作 嘉永四年八月日
– Bizen Osahune ju Yokoyama Sukekane –
 
横山祐包は、加賀介祐永と共に備前新々刀を代表する刀工として著名であり、祐定の十三代目、友成五十八代孫と称しており、天保5年頃から明治5年頃迄の作が残されています。
作風は小板目肌がよく詰んだ鍛えに、匂出来の華やかな菊花丁子刃などを焼いており、幕末の備前鍛冶を代表する名工です。
 
この脇指は薄錆身で発見されたうぶ出しの一刀で、はばき、白鞘、研磨等、全ての工作を終え、今回初めて市場に登場します。
元先の幅差頃好く開き、切先やや延び、凛とした姿が印象的。地鉄は小板目がよく練れて詰んで精美であり、一切の破綻が無く、刃文は匂口明るく冴えた逆ごころを交えた見事な丁子を焼いており、刃中には足や葉が頻りに見られ、祐包の作風を存分に示した傑作。鋩子も逆ごころの丁字を巧みに焼き上げ、先丸く上品に返っています。
 
上述の通り、全諸工作を終えたばかりですから、手をかけることなく存分に地刃の冴えを御堪能頂けます。称すべきは茎の状態。まるで現代刀のように今尚光る茎は、まさに『茎千両』の言葉に相応しく。御入手後は現在のコンディションを保つためにも、茎にも刀剣油を塗布して大切に後世に伝え残して頂きたくお願い致します。
 
裸身重量525グラム。

為坪川信三先生源秀宗入道 昭和二二十八年八月 ~建設大臣を務めた坪川信三氏による特別註文の豪刀~

為坪川信三先生源秀宗入道 昭和二二十八年八月
為坪川信三先生源秀宗入道 昭和二二十八年八月
– Minamoto Hidemune Nyudo –
 
身幅広く、重ね厚く、がっちりとした豪壮な一刀。元先の幅差頃好く開いて中切先やや延びごころ。地鉄は小板目よく練れて総体に柾がかり、地沸付いて精美。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目丁字乱れで、刃中には足が頻りに入り、長い砂流が幾重にも、あたかも砂流の如く現れ、鋩子は表裏共に直ぐに先丸く返っています。需銘が切られていることからも察せられるように、政治家、坪川信三氏による特別な註文に応えての力作であり、特筆すべき瑕疵も無く、古研ぎながらも凛としており、現状のままでも美術鑑賞刀としても楽しめる作品です。
※はばき上の棟に錆があります。
 
附属の拵は柄にがたつきも無くしっかりとしており、また、鞘を払って構えてみると、手元重心でバランスが良く、身幅や重量の割に軽く感じられ、扱い良さと刃味の鋭さを感じさせます。居合の稽古にもさることながら、刃筋確認試斬稽古にも適しています。
実用兼美のがっちりとした作品をお探しの方、見逃さないで下さい。
 
坪川信三(1909年11月13日~1977年11月20日)は、日本の政治家(元福井市長、自由民主党衆議院議員)。福井県出身。1959年5月、第11代福井市長。1968年11月、建設大臣(第2次佐藤栄作内閣)。1972年12月、総理府総務長官、沖縄開発庁長官(第2次田中角栄内閣)を務めた。
 
裸身重量914グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,117グラム。

備州長船祐光 永享十年二月 ~お手頃な一刀~

備州長船祐光 永享十年二月 ~お手頃な一刀~
備州長船祐光 永享十年二月
– Bishu Osafune Sukemitsu –
 
刀身に鍛錬疵は無く、匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き上げている。御守刀や懐剣をお探しの方、これから刀剣趣味を始められる方にお薦めの一刀です。
※銘については首肯しかねますので、出来が良い無銘短刀としてお求めください。
 
裸身重量103グラム。

将平作 ~鉄をも断つ現代の名刀 身幅広く豪壮~

将平作 ~鉄をも断つ現代の名刀 身幅広く豪壮~
将平作
– Masahira –
 
藤安将平刀匠は昭和二十一年福島県伊達郡生まれ。昭和41年長野県坂城町の刀匠、故人間国宝、宮入行平師に入門。
昭和50年福島県立子山に鍛刀場を開設して独立。以後作刀の研究修練を重ね日本美術刀剣保存協会優秀賞3回、奨励賞6回、努力賞7回を受賞。平成2年には日本美術刀剣保存協会会長賞受賞。同14年日本美術刀剣保存協会寒山賞を受賞。
 
尾張熱田神宮、奈良護国神社など多くの神社で奉納鍛錬を行い、平成20年には、704年、佐備大麻呂の作剣以来、およそ千三百年ぶりに常陸鹿島神宮において日本刀奉納鍛錬を行う。
 
昭和59年秋には伊勢神宮第61回式年遷宮、御神宝太刀謹作奉仕の大役も担い、 先の震災で大きな被害を受けた福島県南相馬の御刀神社復興支援にも大きく尽力され、御神宝となる直刀を謹作奉仕し、直近では福岡の宮地嶽古墳出土大直刀の復元鍛錬など、現代日本刀匠屈指の作刀技術を持っている。
 
平安、鎌倉時代の古刀剣再現への強い想いを持ち、長年研究修練に取り組み、国宝、重要文化財やそれに類する刀剣類、全国の砂鉄や鉄文化の知識見識も豊富で、太刀、刀、短刀、脇差、薙刀、古代直刀など、どれを手掛けても正確で美しい刀姿を創り上げる。
地鉄、焼刃の手際も鮮やかで幅広い製作能力を誇り、中心鑢や銘文といった中心仕立ても現代刀匠随一で、師である行平没後、師の実子である宮入小左衛門行平(宮入恵)を預かり、弟子として鍛刀修業を積ませた経緯からも、師の信任が厚く、その技量の高さを物語っている。
 
近年は奈良正倉院収蔵の直刀、手鉾のなど奈良時代の刀剣類の研究、復元制作にも取り組んでおり、上記の御刀神社奉納直刀の焼刃などは神域に入られたと言っても過言ではない。
 
刀心店主、町井勲(修心流居合術兵法創流者、居合に関するギネス記録を6つ保持している)が最も信頼を寄せる現代屈指の刀匠としても知られ、将平刀はテレビ番組内で町井の手によって、鉄パイプ、鉄板切断など日本刀の本分である利刀(折れず曲がらずよく切れるの三事)としての能力も非常に高いことが証明されている。
また弓、弓道にも深い造詣を持ち京都の御弓師柴田勘十郎氏とも長年に亘る親交があり、地元福島では弓術の指導にもあたっている。
 
人格そして技量に於いても、人間国宝や無鑑査に認定されるべき人物だが、表の世界に出るのを拒み、今尚福島県立子山で黙々と作刀研究に勤しむ生粋の職人肌刀匠である。
 
更なる詳細はこちらをご覧下さい。
 
真に実用兼美の現代の名刀。御家やお子様の御守刀として申し分ない逸品です。是非この機会に家宝としてご入手ください。
 
 
この短刀は身幅広く、重ね厚く豪壮で、棟は三ツ棟とし、表裏に細目の刀樋を掻き流し、地鉄は小板目よく練れて詰むも少しく肌立って地景入り、刃文は匂口明るくふわりと柔らかい感じの直刃調の刃取りに互ノ目を焼き上げ、鋩子は直ぐ調に互ノ目ごころを交え、先小丸に返っています。
本作が鍛えられた頃は、将平刀匠が様々な焼入れ法を研究していた時期であり、本作はその焼入れ過程を実践すべく複数口鍛えられた短刀の中の一点。常に古刀再現を目指す将平刀匠の血汗滲む努力の様子が垣間見れる作品で、大振りで力強い作品をお探しの方にはうってつけの一口です。
はばき、白鞘、共に将平刀匠自身によって造られています。
 
裸身重量274グラム。

川部北司正次(花押) 天保丙申仲秋 ~華麗な短刀拵入り~

川部北司正次(花押) 天保丙申仲秋 ~華麗な短刀拵入り~
川部北司正次(花押) 天保丙申仲秋
– Kawabe Hokushi Masasatsugu –
 
この短刀は元先の幅差尋常で、地鉄は小板目肌良く練れて少しく肌立って地景入り、匂口明るく冴えた互ノ目乱れには、太い足が頻りに入り、刃中には長い金筋が顕著に現れ、鋩子は直ぐに先丸く返り、焼き出し部分には富士山を眺める西行の後ろ姿を描いた『富士見西行』と呼称される刃文が焼かれており、風情溢れる作品に仕上がっています。
残念ながら銘に関しては首肯出来かねるため、出来が良い無銘短刀としてお求め頂ければと思います。銘消し工作も承っておりますので、お気軽にご用命下さい。
 
附属の拵は完全なるうぶ(オリジナル)であり、はばきは金着せ。卯の花色の蛇腹柄巻きに、黒蝋塗鞘に紋を配した高級品。さぞ身分高き士又はその息女等の懐剣であったことが窺えます。
小柄が失われることなく附属している点も好ましく、拵だけでも独り歩きできる価値ある逸品、お子様の御守刀としても申し分無い作品です。
 
裸身重量87グラム。  拵に納めて鞘を払った重量124グラム。

無銘(新々刀海部) ~鐘馗を刻した短刀拵入り~

無銘(新々刀海部) ~鐘馗を刻した短刀拵入り~
無銘(新々刀海部)
– Mumei(Shinshinto Kaifu) –
 
海部鍛冶は阿波徳島の海部師久を祖として幕末まで栄え、江戸時代には蜂須賀家のお抱え工とし徳島城下で活躍した一派です。
作品の多くは片切り刃造で沸出来の物が多く、阿州住某等と銘を切り、刀身銘が多々見られ、棟を鋸刃に仕立てた物も現存します。
 
この短刀は茎仕立を見るに、元は表裏に銘があったものと鑑せられ、出来優れているが故に銘を消されて無銘にされたものでしょう。
元幅に比して先幅が極端に落ちた、所謂刺刀造(さすがづくり)と称される刺突を目的とした鋭い造り込みで、刃長は短く、重ねが厚く頑丈で、地鉄は小板目杢交じりで柾流れ、緻密に練れて地景入って肌立ち精美。刃文は直刃に互ノ目ごころの刃を交え、刃中には砂流や解れ風の働きを見せ、稲妻入り、鋩子は直ぐに先丸く、返りは堅く返っています。
 
附属の拵はうぶならではの完全オリジナル。一見擦れて漆が磨耗した古鞘に見えるも、これは意図的にあしらわれた、仔細に見ると迫力ある鍾馗が大きく描かれていることに気付きます。表からは見えない指裏に、敢えて鍾馗をあしらった意匠には、我が国ならではの侘寂の心を垣間見ることができる名品です。縁頭は食出鐔一体型の銀無垢製。江戸時代、銀は高価な貴金属であったことは周知の通りですから、この短刀はさぞ高禄の武士またはその妻や娘が懐剣として所持していたことが窺い知れます。
当店にて研磨を施しましたので、手をかけることなく、気持ち良くご所蔵頂けます。拵も是非保存刀装審査を御受審頂きまして、内外共に永く御愛蔵頂ければ幸いです。
 
裸身重量86グラム。  拵に納めて鞘を払った重量151グラム。

短刀 廣房作 ~偽物桑名打を手掛けた名工~

短刀 廣房作 ~偽物桑名打を手掛けた名工~
廣房作
– Hirofusa –
 
廣房は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)に住した刀工で、陸奥守大道一門の門人。九代大道の弟であった三品廣道の長男です。
大道一門は高い技術を持ちながらも、「桑名打」と呼ばれる古刀の偽作の数打物も多く製作しており、その作柄は備前伝を中心として、相州伝や美濃伝と広範囲に渡っており、なかなかの良作も存在します。その中でも廣房は、沸、匂共に深い刃文を焼き、同門の中でも特に優れた腕前の持ち主であったと評されています。
 
この短刀は短寸ながらも姿が良く、重ね厚くがっしりとした体配で、地鉄は杢目が密に練れて詰み、地景入って精美。刃文は匂口明るく冴えた直刃を破綻無く焼き上げ、鋩子は直ぐに先小丸に返っています。茎は未だ光っているところがあり、保存状態は抜群。
桑名打と称される数多の偽物を手掛けた名工の作品を是非この機会に御入手下さい。
 
裸身重量174グラム。

短刀 兼行作 ~再研磨を施して保存刀剣鑑定を!!~

短刀 兼行作 ~再研磨を施して保存刀剣鑑定を!!~
兼行作
– Kaneyuki –
 
兼行と名乗る古刀期の刀工数多存在するため、いずれの兼行かは然るべき鑑定機関に委ねたい。相当働いてきたようで身幅は狭くなっているものの、焼き幅と重ねはたっぷりとあるため、今尚短刀としての機能をしっかりと有している。
地鉄は杢目肌柾流れて地沸付き、刃文は互ノ目に丁字や飛焼を見せ、刃中砂流かかり特に指裏は地鉄に絡んで多様なる働きを見せ、実に見どころが多い。現状の研磨では力不足で本刀が持つ地刃の味を引き出せていないので、是非とも再研磨頂き迫力ある出来口をご堪能頂きたく思います。研磨のご相談はどうぞお気軽に。
 
裸身重量128グラム。