ブログ

修心流居合術兵法 修心館 館長 町井勲のブログです。
随時更新していますのでお楽しみください。

ブログ一覧

肥前國忠吉 ~手持ちバランスが良く、緻密に練られた地鉄が美しい一刀~

肥前國忠吉 ~手持ちバランスが良く、緻密に練られた地鉄が美しい一刀~

肥前國忠吉 ~手持ちバランスが良く、緻密に練られた地鉄が美しい一刀~
肥前國忠吉
– Hizen no kuni Tadayoshi –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/700/00.html

偽銘なれど姿良く、手持ちバランスが良い一刀。
小板目杢交じりの地鉄がよく練れて肌立ち、中直刃を巧みに焼き上げた作品。
古研ぎ身につき、一部錆を擦り落とした痕や小さな刃毀れが見られますが、現状でも地刃の御観賞は可能で、居合形稽古にも支障はございません。
出来が良い刀ですので将来的には是非とも研磨を施して頂きたく思います。

裸身重量694グラム。  拵に納めて鞘を払った重量952グラム。

刀心(未銘切) ~居合・試斬等 武術修行者垂涎の一刀~

刀心(未銘切) ~居合・試斬等 武術修行者垂涎の一刀~

刀心(未銘切) ~居合・試斬等 武術修行者垂涎の一刀~
刀心(未銘切)
– Toushin –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/699/00.html

畳表を斬るだけだから安い刀でいい。
斬るだけだから安い研ぎでいい。
日頃からそのような声をよく聞かされます…
お客様にはそう言った考えを根本から改めて頂きたく思います。
走ればいいから。そんな軽い気持ちで激安の中古車を買うと、あちこち修理しなければならない箇所が頻繁に出てきて、かえって高くつくものです。
これは武用に用いる刀にも言えること。長年居合を研鑽してきましたが、居合や抜刀を嗜む方の殆どが武用刀の選び方を御存知在りません。
床の間飾りの観賞用ならいざ知らず、実用刀こそ吟味が必要!! 刀身の曲がりや捩れ、柄に捩れはないか? 柄に対して刀身が真っ直ぐに入っているか? 研磨は表裏肉置が同じか? このように精査すべき点が多々あります。
百均のカッターと有名メーカーのカッターとでは、切れ味に大きな差があるように、試斬稽古に使う刀だからこそ、しっかりとした下地研磨が必要です。

刀心店主 町井勲がプロデュースする武用刀『刀心』は、町井勲と藤安将平監修の下、上記の厳しい条件をクリアした刀です。
粘りある地鉄、刃毀れしにくい強靭な刃。まさに武術修業者が探し求める理想の刀です。
製作にはかなりのコストがかかっていますが、模擬刀の拵を転用し、居合用研磨を施すことで廉価での御提供を叶えることができました。
居合、試斬抜刀用の刀をお探しの方、一生涯使っていただける武用刀『刀心』は、トータル的に見て頂くと確実に安い買い物だと実感頂けますので、是非この機会に本物の吟味された最上の武用刀を御入手下さい。
精美な地鉄、ふわりと柔らかい感じの明るく冴えた匂口、この刀、大業物です。

裸身重量833グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,112グラム。

平正良 ~贅を尽くした小脇指拵~

平正良 ~贅を尽くした小脇指拵~

平正良 ~贅を尽くした小脇指拵~
平正良
– Taira Masayoshi –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/wakizashi/389/00.html

薩摩の正良は江戸中期元文頃の初代から享和に活躍した四代までを数える薩摩を代表する刀工です。
この脇指は残念ながら偽銘ではありますが、附属する拵は縁頭と鐔が肥後象嵌唐草図の一作物で鐔は英周在銘。目貫は美濃の蟷螂図、小柄小刀には信國美直金象嵌銘で、小柄袋は永壽在銘と、シンプルながらも贅を尽くした高級品。刀身よりも外装が高く評価される一刀ですが、床の間飾りにも、外装コレクションとしてもお薦めの逸品です。

裸身重量296グラム。  拵に納めて鞘を払った重量460グラム。

長船宗久 ~中心尻に隠し鏨?~

長船宗久 ~中心尻に隠し鏨?~

長船宗久 ~中心尻に隠し鏨?~
長船宗久
– Osafune Munehisa –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/160/00.html

宗久は室町中期永正頃に備前國で活躍した刀工。
当店にて白鞘を新調。上銀はばき、極上研磨を施しました。
宗久銘に関しては現在の日本美術刀剣保存協会鑑定基準にはそぐわない可能性がございますので、保存刀剣合格の保証は致しかねますが、出来が良い無銘短刀と割り切ってお求め頂きたく思います。

杢目肌が良く錬れて肌立ち、地鉄に絡んで刃中に景色豊かな働きを見せる作品。中心尻には隠し鏨のような四角い彫りがあり、一概に偽銘と決め付けるのもどうかと個人的には考えますが、偽物だからこそ敢えて中心尻に四角い彫りを刻むという逆のパターンも考えられます。
いずれにせよ出来頗る良く美術観賞刀として存分に楽しめる一刀です。

裸身重量259グラム。

以南蛮鉄有壽作之 享保四年十二月 ~皆焼刃~

以南蛮鉄有壽作之 享保四年十二月 ~皆焼刃~

以南蛮鉄有壽作之 享保四年十二月 ~皆焼刃~
以南蛮鉄有壽作之 享保四年十二月
– Aritoshi –
http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/tantou/159/00.html

有壽は江戸後期文政頃に活躍した刀工です。この短刀の銘に関しては力が弱く、有壽正真作としては首肯できかねますので、無銘短刀としてお求め下さい。

刀身は変わり鉄を交えた柾目肌に小杢目を交え、上半分は皆焼刃となり、様々な景色を楽しませてくれる秀作です。特筆すべき鍛錬疵はありません。

旧所有者が白鞘に手を加え、拵を作ろうとしていたようです。ご興味がある方は是非拵を完成させ、末永く可愛がってあげて下さい。

裸身重量153グラム。