刀 摂州住康永 ~Sesshu ju Yasunaga~

cm刀 摂州住康永 ~Sesshu ju Yasunaga~

http://nihontou.jp/choice03/toukenkobugu/katana/511/00.html

河内守源康永は八左衛門と称し、紀州石堂派備中守康廣の門に学び、のち紀州から師康廣と共に大坂に移ったことから、大坂石堂に分類される同派を代表する刀工の一人です。
弟子には刀剣業物位列最上大業物として名高い多々良長幸や阿波守康綱が居り、康永もまた刃味鋭く、業物としても名高い名工です。

この刀は杢目鍛えの肌が良く練れて詰んで総体に映りが立ち、所々に澄肌が交じり、地景入り、石堂派が得意とする丁子乱れを焼いています。
附属の拵は返角と小柄笄の二所物が欠けているものの、縁や鐔は在銘で仕事も良い。

裸身重量715グラム。 拵に納めて鞘を払った重量1,028グラム。

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA