本部道場斬稽古(2016年8月14日)

お盆休みということでいつも稽古場として利用している自治会館が休館のため、この日は斬稽古を行いました。

前日の晩に畳表を浸けて準備をしていたのですが、稽古予定時間少し前から雷雨が襲い、あわや稽古中止かと思われましたが、幸い18時頃から雨がやみ、予定通りの稽古ができました。
この日も稽古参加者は二名だけと寂しい稽古ではありましたが、その分たくさん本数を斬ることができたので、参加した門弟達はラッキーでした。

そろそろ中伝を印可したいと思う柳原君ですが、ここのところ斬稽古の成績が非常に悪い。
袈裟すら思い通りに斬ることができないスランプ状態に陥っています。

この日の稽古で重点的に改善点を指導し、なんとか袈裟斬りはできるようになったものの、完璧なものとは呼べないレベル。
今後の精進を期待。

門弟達の稽古の様子はまだまだ披露できるレベルではないため、いつものように私による試斬動画を掲載します。
あくまで刃筋確認が目的ですので、派手な斬り方は稽古しませんが、この日は遊び心もあり、逆手での斬上も稽古してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA