揺れる

一概には言えないのかもしれませんが、ユーチューブなどで様々な居合関連動画を見るに、軸を揺らす、或いは揺れている人をよく見かけます。
そう言う人に限って、何かしら古流派の宗家という肩書きを語っている傾向が強い。

武術とは余計な動きを排除して行き、自然な動きを求め、その結果それが速さとなるものと信じています。

鯉口や柄に手をかけるにしても、横から掴みに行く動きは隙でしかなく、誘いの意味で行うならまだしも、そのような意味もなくされているのであれば、それは生き残れる居合とは言えないと考えます。

家を建てるにしても、しっかりと芯柱を垂直に建てるからこそ他の柱も支えられるわけですから、それは人の身体も同じと言えるでしょう。

演武を見て、何か疑問に感じたときには、この世の法則をまず考えれば答えは必然的に出るものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA