刀  福岡住正次作 昭和十八年八月日

刀  福岡住正次作 昭和十八年八月日福岡住正次作 昭和十八年八月日
– Fukuoka ju Masatsugu saku –
 
匂口明るく冴えた互ノ目乱れに太い足が入り、身幅広く豪壮ながらも、身幅の割りに重ね薄く、樋が入っているので見た目より軽く感じます。
長く居合刀として愛用されてきたため、皮柄巻きの菱崩れが見られますが、御使用上は問題ありません。柄巻き直しご希望の方は、正絹、革どちらも2万円(税別)にて承りますのでお気軽にお申し付け下さい。
身幅が広い試斬稽古刀をお探しの方にもお薦めの一刀です。
 
裸身重量740グラム。  拵に納め、鞘を払った重量1,112グラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA