筑前住山口安宗作 昭和丙寅年八月吉日 ~美術観賞用上研磨完了!~

筑前住山口安宗作 昭和丙寅年八月吉日

筑前住山口安宗作 昭和丙寅年八月吉日
– Chikuzen ju Yamaguchi Yasumune saku –
 
本名山口実、明治43年生。福岡県筑紫郡住。全日本刀匠会会員。新作名刀展努力賞始め入選多数の受賞歴を持つ現代刀工です。
 
この刀は特筆すべき疵欠点が無い非常に良く出来た一刀で、小板目肌が良く練れて詰み、地沸付いて精美なることは下に掲載する写真からもお判り頂けるはずです。刃文は明るく冴えた互ノ目乱れ。刃縁によく沸が付き、刃中の小板目肌にも沸が絡み、判然と刃肌を目視することができます。砂流や金筋も見られ、美術鑑賞刀としても申し分ない出来口。
 
仕入当初は居合稽古に使用されていた経歴から、数多のヒケ、薄錆が見られました。今の時代、研磨や諸工作にお金をかければかけるほど利益は望めない時代なのですが、根っからの刀好きが災い(お客様にとっては幸い)し、贅沢にも美術観賞用上研磨を施しました。
キリリと筋がピシッと立った鎬筋や小鎬をご覧頂ければ、研磨仕事の入念さを容易に御理解いただけるはずです。
さぁ、これだけコストをかけた無疵無欠点の現代刀を、採算度外視の低価格で御案内致します!! これを逃すと「逃した魚はでかい!」になりますよ!!
元々が美術鑑賞兼居合稽古用としてバランス良く鍛えられた刀ですから、当然ながら手持ちバランスも最高に良いです。
 
店主 町井勲からの一言。
本当に採算度外視で上研磨を施しました。6月23日までは当店が消費税を負担させて頂くというサービスまでおつけしましたが、実際のところ期間中にお買い上げ頂くと儲けがございませんので、心優しいお客様は、6月24日以降にお求め下さい(笑  柄は上等な革巻きです。
 
裸身重量742グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,002グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA