清水住盛粋 ~斬鉄剣! 初代小林康宏門人! 見事な地刃の冴え~

清水住盛粋 ~斬鉄剣! 初代小林康宏門人! 見事な地刃の冴え~
清水住盛粋造 昭和五十三年三月吉日
– Shimizu ju Morikiyo –
 
俗名、熊谷一二。大正7年6月7日生まれ。斬鉄剣の異名で知られる初代小林康宏に学ぶ。初銘は盛粋。後に盛重に改め、静岡県清水市山原に鍛刀場を構え槌を振るいました。
 
この刀は小板目肌良く練れて詰み、地景入り、刃縁柾がかった地鉄は少しく肌立ち精美。匂口明るく冴えた直刃調の刃文に、金筋、砂流、互ノ目足、丁子足等を盛んに交え、先の方は小乱れとなった趣深い見事な出来口を誇る一刀。古研ぎのためヒケが目立ちますが、地刃の観賞には支障なく、初代康宏譲りの地刃の冴えと、利刀としての刃味をお楽しみ頂けます。
 
附属の拵は数寄者によって全て真面目な時代金具を用いて誂えられていますが、経年により鞘の刃方棟方に鞘の糊付けが弱っている箇所が見られますので、居合にお使いになられる場合は、安全を考慮し、鞘を修理されてからお使い下さい。
 
店主 町井勲からの一言。
出来が良い一刀ですから、武用刀としてお使いになられた後は、美術鑑賞用研磨を施して頂き、白鞘に納めて次の時代に伝えて頂きたい。
 
裸身重量835グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,115グラム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です