盛光 ~夏季セール中です!~

盛光
– Morimitsu –
 
 
應永備前を代表する盛光、康光は、室町初期の備前鍛冶で、盛光は師光の子と伝えられています。鎌倉時代の長船物や一文字派を理想としたと言われ、鍛えに杢が交じり、腰開きの互の目に、帽子は乱れ込んで尖って返る特色を示すのが一般的とされています。
この脇指は元来重ねが厚く、経年により重ねが元より薄くなっているとは言え、未だしっかりとした重ねを残しており、よく練られた板目杢交じりの地鉄には、判然たる映りが立ち、地景入り、刃文は匂口明るく冴えた互ノ目乱れで腰開き、角がかった刃や尖りごころの刃を交え、刃中には砂流が顕著に現れ、一際明るい金筋や稲妻が入り、幽玄たる景色を楽しませてくれる出来口を誇っています。
焼き出し部分を見るに磨り上げ(区を大きく送られ)られていることが窺われ、そうなると盛光二字銘の位置に些か疑問が出るため、磨り上げた後に元銘に似せて改めて切付銘を切った可能性が考えられますが、まずは現状のまま保存刀剣鑑定を御受審頂きたい。
 
附属する拵は後の時代に他の柄を転用された痕跡が見られるも、縁頭と目貫は貝尽の図で統一されており、格式高く、現在附属している鐔を貝尽の図に交換すれば、更に拵の格が上がります。
 
裸身重量257グラム。  拵に納めて鞘を払った重量449グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

梶川壽孝(花押) 明治二年八月日 (因幡) ~夏季特別セールです!~

梶川壽孝(花押) 明治二年八月日 (因幡)
– KajikawaToshitaka –
 
 
壽孝は濱部壽幸門人で、壽重の弟。幕末の慶應頃に因幡の国で槌を振るいました。御周知の通り、明治になって廃刀令が発され、惜しくもその才覚を発揮することが叶わなかったため、本刀はその壽孝の作品数少ない珍しい作品です。
 
杢目肌元の方少しく肌立ち、元より先は地鉄詰む。刃文は匂口明るい直刃仕立てで、所々に節交え、金筋入り、食い違い風の刃交じり、帽子は延びて直ぐに先大丸に返る。
反りやや浅目で元先の差がさほどまで開かず、帽子が延びた強い姿が幕末に流行しました。重ねがうんと厚く、頑丈な本刀は、時流に乗って実戦を想定した特別な註文によるものであろう。
現状でも地刃を御観賞頂けますが、一部に小錆が出ています。研磨頂くことを想定し、お求め易い価格で御案内致しますので、御希望の方は是非とも当店にて研磨御用命下さい。
 
裸身重量864グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

三条宗近 ~仕込み様式の珍品!~

三条宗近
– Sanjo Munechika –
 
 
宗近と言えば京三条の宗近が著名ですが、こちらは江戸後期に活躍した奈良の三条宗近の作品です。
平造りの刀身ながら、小烏丸を思わせる造り込みとし、切先は剣形に仕上げてあります。柾目鍛えのよく練れた地鉄に、匂口明るい焼刃を湾れ調子に互ノ目で焼き上げ、砂流や沸筋を交え、足入り、所々に大粒の沸を交えた華やかなる出来口で、刀身指裏に三条宗近と銘が切られています。
 
附属する拵は尺八を思わせる、竹の素材を活かした合口の変わり形拵で、所謂仕込み様式の珍品。当店にて研磨を施しましたので、地刃の冴えをお楽しみ頂けます。
※現行法では仕込の拵に納めたまま保管することは抵触しますので、白鞘に納めて保管なさってください。
 
裸身重量170グラム。  拵に納めて鞘を払った重量227グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

長濱末継 ~夏季セール中割引しております!~

長濱末継
– Nagahama Suetsugu –
 
 
石州の名工貞綱の子で、室町時代前期の長禄頃に活躍した末継の作品である。
小板目に杢交じり、緻密に練られて肌が立ち、地景頻りに現れた精美な地鉄に直刃を焼き上げ、所々に小足入り、金筋や砂流がかかり、小さな打除交え、刃中に二重刃風の刃が見られ、一見単調なる直刃に見えるも、刃の働きが盛んで見所多い出来口を誇っている。
 
附属の拵は変わり塗りが施された印籠刻み鞘で格式が高く、鉄製の栗形には象嵌が施されており、切羽のすり替えなく、柄にガタツキも無くて非常に好ましい。拵に納めた際には鐔が動くため、気になる方は責金されることをお薦め致します。拵だけでも価値ある逸品です。是非保存刀装の鑑定を御受審下さい。
 
裸身重量688グラム。  拵に納めて鞘を払った重量???グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

清則 ~夏季セール対象品です!~

清則
– Kiyonori –
 
 
地鉄は杢目肌が良く練れて鎬地柾がかり、淡く映り立ち、特に指裏に見られる段映りは特に見事。刃文は直刃調に所々で浅く湾れや互ノ目がかった刃を交え、刃縁にかけて金筋入り、打除風の刃が見られる。
日本美術刀剣保存協会の鑑定では、時代を室町後期としているものの、短い茎等総体的に鑑て室町中期と鑑たい。室町後期の作であったとしても、中期から後期に移って間もない頃の作であろう。
元来重ねが厚い一刀であり、指表の腰に彫られた剣が先だけを残す程に研ぎこまれた現在でもなお元重ねは7.5ミリと肉厚。
指表の棟に撓えと斬り込み傷2か所。指裏の鎬地角に斬り込み傷3か所あり、実戦を潜り抜けてきた剛刀であることが判ります。まさに歴史浪漫溢れる一刀です。
金着の太刀はばきが添えられていることから、古い時代には太刀拵に納められていたと思われ、また、昭和27年の初期登録であることから、小大名または各大名家の家老クラスの所有であったことが窺えます。
 
裸身重量510グラム。
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

為福岡省三氏備州長船源貞道作 昭和五十六年二月吉日於大坂 ~夏季セール特別価格です!~

為福岡省三氏備州長船源貞道作 昭和五十六年二月吉日於大坂
– Bishu Osafune Minamoto Sadamichi –
 
 
備州長船源貞道。本名、雪吉進輔。大阪府大阪市東淀川区南方町在住。人間国宝として名高き月山貞一に師事し、コンクールでは努力賞他数多の受賞歴を持つ上手の刀工です。
 
この短刀は小板目肌が良く練れて詰み、地沸厚く付いた精美な地鉄に、匂口明るく冴えた互ノ目を焼き上げ、刃縁には特に強い荒沸が付き、刃中金筋入り、足よく入り、帽子は表裏共に乱れ込んで先丸く返った出来口を示しています。茎仕立てはいかにも月山一派らしい鑢仕事がなされています。
附属のはばきと白鞘の状態も良く、特にはばきは銀台金鍍金で、御守刀としてもお薦めの一刀。お値段もお求め易い価格を実現すべく頑張りました。是非御検討下さい。
 
裸身重量247グラム。
※委託品
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘(加州景光) ~夏季セール価格です!~

無銘(加州景光)
– Kashu Kagemitsu –
 
 
加賀景光は南北朝期の延文頃(1356年頃)より、康暦、応永、康正~文明、永正と続き、江戸時代前期の寛文頃までその名跡は続きます。景光はは真景の流れで、橋爪派と云われ、代々備前の吉井物を思わせる小互の目を焼きました。古来より加州景光の位は高く、北条氏照が伊達政宗に贈った刀も加州景光だったと云われています。
 
この刀は、大きく磨り上げられるも、元先の差が開いた上品な体配を保っており、地鉄は杢目肌良く練れて詰み、柾流れる箇所があり、少しく肌立って映りごころが見られ、地景入り、総じて精美。刃文はふわりと柔らかい感じの互ノ目乱れを焼き上げ、刃中には金筋や砂流が見られ、古雅な雰囲気を漂わせており、流石は特別保存刀剣に指定されるだけあって出来が良い逸品です。
 
裸身重量616グラム。  ※委託品
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

丹波守吉道(大坂) ~夏季特別セール価格!~

丹波守吉道(大坂)
– Tanba no kami Yoshimichi (Osaka) –
 
 
初代大坂丹波守吉道は、京初代丹波守吉道の次男で、正保年間に丹波守を受領のち大坂に移住して鍛刀したことから世に云う「大坂丹波」の礎を築いた名匠です。
 
この脇差は代別は記載されておりませんが、大坂丹波守吉道の優品で、元先の差が程好く開いた上品な姿に、御家芸である簾刃を見事に焼きあげた作品です。特別保存刀剣もゆうに合格することでしょう。
 
裸身重量434グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

濱部美濃守藤原壽格 寛政七年卯弐月日 ~夏季セール特別価格~

濱部美濃守藤原壽格 寛政七年卯弐月日
– Hamabe Mino no kami Fujiwara Toshinori –
 
 
因幡を代表する新々刀期の名工、濱部壽格(としのり)は、名を濱部九郎左衛門と言い、延享三年(1746)因幡に生まれました。始め、日置兼光の下で作刀を学び、天明元年(1781)に江戸に出て松村昌直からも作刀を学びました。天明五年には美濃守を受領し、大坂や備前でも作刀を学んで、後に因幡藩工として活躍。多くの門人を輩出し、水心子正秀に双肩する名門、濱部一派を作り上げました。
濱部派は備前伝を得意とし、これは備前池田家と因幡池田家の因縁関係によるもので、壽格が備前鍛冶との交流の中で備前伝を学び、河内守國助の拳形丁子乱れに似た菊花丁子乱れを創始。以降、この華やかなる菊花丁子は濱部派の御家芸として受け継がれて栄えました。
濱部一門には山浦真雄、清麿兄弟の師として著名な信州上田藩士、河村寿隆がおり、清麿の初期作には濱部派の影響が多大に見られることから、濱部派は清麿の源流と称されています。
 
この脇指は杢目肌が良く練れて詰み、互ノ目主張に互ノ目丁子を交えた刃文を、匂口明るく焼き上げた作品で、足よく入り、葉交じり、帽子は直ぐに大丸に返っています。
 
裸身重量589グラム。
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~夏季セール特別価格~

無銘
– Mumei –
 
 
小板目肌杢交じり、良く練れて地景入り、肌立って精美。刃文は互ノ目乱れで、金筋や砂流が見られ、帽子は表裏共に直ぐに大丸に返る。
樋の丸留め部分を見ると朱漆がかけられていた痕跡が見られます。元は二尺五寸を超える長寸であり、それに真赤な朱漆がかけられた当時の姿を想像すると迫力満点。
 
附属する拵は切羽のすり替えもない完全なオリジナル。はばきは銀着せ、切羽は金着せと贅沢な仕様から、高禄の士の指料であったことが容易に覗えます。
白鞘の鯉口付近に皹がありますが、特に問題なく御使用頂けます。柄糸は劣化していたため、新たに正絹にて真面目な柄巻きを施してあります。※柄巻きによって柄木が締まっているため、柄の脱着には少しコツが必要です。
 
裸身重量602グラム。  拵に納めて鞘を払った重量796グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。