修心流居合術兵法 シアトル支部直伝稽古

修心流居合術兵法では実技だけでなく、それぞれの時代姿の刀に応じた手の内や振り方、日本刀の構造や疵などについても教授しています。

下に紹介する写真は刃切と、 “刃切がある刀は使い方次第で折れることは無い” という物理の教授風景です。

シアトル支部はベルビュー(Bellevue)にある日本人学校の講堂をお借りして活動しています。

米国シアトル支部直伝講習

13日に日本を出発し、現地時間同日にタコマ空港に到着。

夕方からサクラコン(シアトルで開催される日本アニメ祭典)でのサイン会に出席し、14日、15日の両日は1時間ほどの演武を披露させていただきました。

シアトルサクラコンでの演武

今回の渡米には東京道場から中臺も同行し、現地で共に汗を流しました。

サクラコンではアニメ業界で活躍される素敵な先生方とのご縁も出来、得るものが非常に大きかったです。

海外でこうした演武を行うと、必ず登場するのが腕試しを臨む人。案の定今回の観覧者による体験稽古の折にも数名そのような力自慢の外国人の方がいらっしゃいまして、お伝えしたいことを完全に無視した攻撃態勢への対応には苦労しましたが、そこでまた気付くことも多く、相手に怪我をさせることなく応じなければならないため、対応しづらい半面、私自身にとっても良い勉強になっています。

 

演武の合間に散策すると、様々なキャラクターに扮したコスプレイヤーを楽しめました。写真は進撃の巨人に登場する調査兵団に扮した方々。

進撃の巨人 調査兵団と

 

15日は夕方から、16日は朝から夕方までOFFでしたので、この時間に直伝指導を行いました。

稽古会発足から一年半ほどでしょうか。昨年7月に正式に支部として活動を始めたシアトル支部は、尾中泰氏を支部長に、尾中氏不在の折には太田一郎氏がその留守を守ります。

まずは稽古開始前に支部認定書並びに支部長任命、主席指導員任命書を尾中氏に授与。

支部認定書授与

 

続いて太田氏に次席指導員任命書。

次席指導員任命書授与

 

その後この日の稽古に参加した門弟に、門弟証を授与しました。

門弟証製作には中臺やUTE㈱の稲田様にも多大なるご尽力を頂き、素敵な品が完成しました。

門弟証授与

サクラコンで演武をご覧下さった若者達が、支部の稽古にも興味を持ってくださってご参加下さり、大刀を腰に帯びたままでの受身など、自分達が学ぶ英信流との違いにとても驚いておられました。

サクラコン、また機会があれば是非伺いたく思います。

 

現地での通訳、食事手配など、お骨折り下さったSTAFFの皆様、ありがとうございました。

 

16日の稽古に参加した門弟達と

米国シアトル支部にご興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。稽古場所はBellevueにある小学校の講堂です。体験、入門をご希望の方には、尾中氏の連絡先と稽古場所をお知らせ致します。

 

 

 

修心流居合術兵法 剣術形九本目 ~冠落~

稽古を体系化していくために形を構築していく中、暫くその形を稽古していないと「あれ?○○ってどんな形だっけ?」と自分自身でもわからなくなることがあります。

今回御紹介するものも、以前は「鐔留」と言う名称で構築したものですが、毎回相手の刃が己の鐔に当るというわけでもないので、この度「冠落」と名称を変更しました。こんな風に業名を気軽に改編できるのも、新興流派ならではの特権だと考えています。

とりあえずどんな形だったのかをいつでも思い出せるようにと、今回は形の紹介を兼ねて動画を掲載した次第です。

この冠落という形ですが、己から仕掛けていくのと、相手の袈裟を待って応じるのとの二種あり、前者は業を成立させやすいものの、日本刀の体配と構造を考慮すると、刀への大きな損傷は免れません。一方後者はそれ相応なる技術が必要となりますが、刀への負担は少ないため、長く刀を使い続けることが可能ですので、私はこちらの使い方の方が日本刀には適っていると考えています。

暗殺剣  士の一族

暗殺剣  士の一族

http://blog.goo.ne.jp/kelu-cafe/e/d84cf8dc28c37d219e1cda04562b4f76

渓流詩人ブログ

忌憚無き意見交換をさせていただいている渓流詩人さんが、江戸期の居合(英信流系)に関して大変興味深い記事をお書きになられています。

敵が己に害をなさんとするのを… という綺麗事を正論だと考えられる方に、江戸時代の武家社会について知っていただければと思います。

相手が斬りかかって来たから斬った… では済まされない。正当防衛すら通じない封建社会の中で、何故に居合、剣術を極めたのか?

非常に勉強になる記事です。

 

敵の刀を足の指で挟む ~釘打~

昨年の元日に放送されましたフジテレビの特番『さんタク』の中で、相手の刀を足の指で挟む業がありますと話しましたが、今回御紹介する稽古動画の中に、「釘打」と呼ばれるその形が収録されています。

あくまで約束稽古による動画ですので、実戦で使用するには間を詰めると同時に右足膝が高く上がらないと使えません。かなりの錬度が必要となる業ですが、相手の刀の棟を踏み抑えると同時に親指と人差指で挟み込み、刀を握る相手のバランスを崩す様子は御確認いただけるものと思います。

神速の居合術 修心流居合術兵法【初伝形】 DVDがBABジャパンより発売されます

修心流居合術兵法 初伝形DVD

神速の居合術 修心流居合術兵法【初伝形】

修心流居合術兵法のHOW-TO DVDがBABジャパンより発売されます。

修心館からもお求め頂けます。

お申し込みは

syuushinkan@nihontou.jp

へどうぞ。

修心館大阪北道場 “間”と“居合柔術”の稽古

大阪北道場は長男に仕切らせています。

私はと言いますと、長男が指導する様子を隣で見ながら、指導の仕方の指導をしています。

指導する際の単語や言葉のニュアンスの違いを発生させては、派閥の誕生になると考えているので、私が普段指導する際に使う単語とニュアンスを息子には徹底して使用するように伝えています。

昨夜の稽古では、息子は着付けと稽古着の畳み方、そして木刀を使っての受け流しの指導をしていました。

私は稽古場の端の方で、柳原君を相手に間の感覚を養う稽古や居合柔術の稽古指導をしていたのですが、入門当初は

「こいつ大丈夫か?」

と頼りなかった柳原君が、今やある程度捌ける実力をつけている様子を見て、指導の甲斐があったなとほくそ笑んでおりました。

中伝居合形の真意を知る

浮雲 浮雲

合氣道などの体術と異なり、単独で行う居合形は、やもすれば単に刀を抜き、振り、納める動作のみを行うものと誤認されがちです。

実際、最近の古武道を称する動画の多くには、動作の確認ではなく速さのみを求めたものが目立っているように感じられますし、武士や侍に憧れて入門される未経験者には、そういった速抜きの方が凄い業のように映るものです。

修心流では私が英信流を修業している中で疑問に感じたことを再構築し、先人が居合形に込めた真意を探るべく研鑽指導しております。

上の写真だけを見ますと単なる柔術の稽古に映ると思いますが、これ、実は中伝居合形『浮雲』における実践での稽古写真なのです。

居合の形とは、刀の抜き差しのための形ではなく、相手を置いて稽古することができない単独での稽古でも、正しく体術を学べるように組み立てられたもの。と言うのが、長年居合術を研究してきた私が辿り着いた答えです。

こうした研鑽の結果を長らく非公開にしてきましたが、正しい居合形の伝承を真摯に考慮すれば、現在という時代は秘匿とするのではなく、ある程度公開すべき時期なのかもしれません。

悪気は一切ないのですが、他流批判が多いと周囲に言われる私。一部毛嫌いする他流も実際ございますが、常日頃私が口にする他流とは、制定居合や英信流系の現代居合を指します。古の先人達が遺して下さった居合形の意味を、理解されずに伝播し続けることを危惧し、老婆心ながら一石を投じていると、私は自身のことをそう考えております。

近頃では更に各業を研究研鑽したいとの思いが強くなり、袋竹刀では物足りず、木刀で約束稽古無しの組稽古をすることも増えました。簡単に一言で言えば試合です。私自身まだまだ修業が足りませんので、時折息子や門弟に打ち込まれることもありますが、何故打ち込まれたかを考えますと、そこでまた一つ学べることがあって勉強になります。

また、そうした試合形式の稽古の中で、普段の形稽古で身につけた動きがどこまで自然と発揮できるのか?も、現在の私の研究課題で、毎回稽古が楽しみで仕方ありません。相変わらずいつ閉鎖してもおかしくない少人数の流派・道場ではありますが、皆で古の居合術を楽しんでおります。

居合形はそのまま体術になる

居合は刀を使うだけの武術だと思われがちですが、私の見解では違います。

普段単独で行う居合形、実は体術の要素が多々含まれています。

居合形は刀の抜き差しを覚えるためのものではなく、体術を身につけるために、刀という定規を使っているものだと私は考えています。

そのため修心流居合術兵法の稽古では、時折この動画のように居合形を体術に応用した居合柔術の稽古を行っています。

居合形を考案した先人には頭が下がる思いでいっぱいです。