成家
無銘(成家)
– Mumei (Nariie) –
 
成家は小反り派に分類される備前の刀工で、一説に光忠の弟である景秀の孫とも伝えられます。銘鑑によれば文和・康安・応安・永和・永徳の年紀が確認されており、また、作風及び銘字などから、兼光との関係も窺えると本間薫山先生は記しておられます。
彼の技術は同年代の兼光一門の政光に比して優るとも劣らぬもので、互の目や湾れ交じりの乱れ刃を多く焼いています。
 
この刀は小板目杢交じりの肌がよく練れて少しく肌立って淡い乱れ映りを見せ、刃文は直刃基調に小互の目交じり、小足入り、匂口締まりごころに小沸付き、葉や細かな砂流を交え、金筋入り、鋩子は直ぐ調に先丸く返っています。
素人による耐水ペーパーでの錆落としが見られるので、再研磨の必要はございますが、急いで諸工作されずとも、現状でも地刃の鑑賞はお楽しみ頂けます。
いずれ研磨を施し、特保同時審査を御受審頂き、本刀をお客様の手によって出世させて下さい。
 
裸身重量774グラム。

一光 平成花一周

一光 平成花一周
– Kazumitsu –
 
 
鎌野始。熊本県水俣市住。
この刀は元先の差が程好く開き、手持ちが非常に軽い作品で片手操作の居合稽古に最適の一振です。
地鉄は小板目肌よく練れて地景入り、刃文は匂口沈んだ互の目に丁子を交えています。
江戸時代の古い拵に合わせて作刀されたようで、柄は鹿革巻きで石目地の漆をかけた手が込んだ造り込みになっています。
 
裸身重量561グラム。  拵に納めて鞘を払った重量841グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

大和守吉道

大和守吉道
– Yamato no kami Yoshimichi –
 
 
刀身は江戸前期寛文頃に鍛えられた新刀です。中央よりやや下とやや上に刃切が一箇所ずつございます。そのためお安く御案内致しますので、刃切の実物資料として、旧軍資料としてお求め下さい。
 
附属の拵は鞘に凹みが一つあるも、その他は鍍金もしっかりと残っており、非常に良い状態です。少し気になるのが、縁金具の番号のみ鐔や切羽と異なる点です。また、戦中の慌ただしい時期だったためか、真鍮の厚切羽の一枚が、表裏逆に駐爪の穴があけられ、番号も逆に刻印されています。
石突金具に螺子の欠品が見られます。螺子の製作可能ですので、御希望の方はお気軽に御用命下さい。
 
裸身重量578グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,018グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

濃州住田代角兵衛兼信作

濃州住田代角兵衛兼信作
– Noshu ju Tashiro Kakube Kanenobu –
 
 
新刀期における美濃鍛冶の代表的な流派は、田代源一兼信派や、大道派及び三阿弥派、寿命派等で、中でも田代源一兼信は美濃国安八郡神戸を主な鍛刀地として数代に亘って栄えた流派である。
尚、田代角兵衛兼信は陸奥守兼信二代目に相当する刀工で、家伝に従い尖り互ノ目を得意としており、新刀業物刀工としても著名。
 
本作は、濃州住田代角兵衛兼信作と長文にて銘を有しする陸奥守兼信二代の作。緻密に練られた小板目肌はよく練れて精美で、乱れ映りが立ち、刃文は家伝を忠実に踏襲した三本杉風の小互ノ目で先尖る典型的な出来口。地刃共に一切の破綻が無く、兼信会心の作と言える。
古研ぎながらも地刃の観賞には支障ないも、出来が良い刀だけに上研磨化粧直しを施し、末長く御愛蔵頂きたい一刀です。
 
裸身重量773グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘

無銘
– Mumei –
 
 
反り深い、すらりとした姿が美しく、延びごころの切先が鋭さを感じさせる。地鉄は杢目肌が良く練れて肌立ち、匂口明るい丸みを帯びた互ノ目を巧みに焼き上げ、刃縁には砂流が随所にかかり、沸筋が吊橋の如く、互ノ目の山と山を繋ぎ、あたかも渓谷を眺望するかのような感を与える一刀です。
研磨も下地が良く、刀の顔である物打から切先にかけての鎬筋や横手、小鎬が凛と立ち、清々しい気持ちにさせてくれます。
保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
 
裸身重量716グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

濃州武芸八幡住人兼圀作 平成三年七月吉日

濃州武芸八幡住人兼圀作 平成三年七月吉日
– Noshu Mukehachiman Junin Kanekuni –
 
 
本名尾川邦彦。大正14年生まれ。現在の岐阜県関市武芸川町八幡出身。戦前は東京の加藤兼国に学び、戦後は二十七代兼元こと、金子孫六兼元に学びました。
『新作名刀展』では入選多数で、70代を迎えた平成10年以降に薫山賞を五度受賞。同18年に無鑑査。同20年には岐阜県重要無形文化財に認定され、同22年には子の光敏(兼國)も無鑑査に認定されています。
親子共に無鑑査に認定されたのは、月山、宮入、宗親子に次いで4例目。
大坂新刀の大家、越前守助廣に私淑し、濤瀾刃の再現に心血を注ぎました。平成24年、87歳没。
 
この刀は身幅広く、切先やや延びた豪壮な姿で、地鉄は小板目杢交じりで刃縁柾目が強く現れ、刃文は匂口明るく冴え、刃取りは広直刃基調に小湾れや互ノ目、一部に互ノ目丁子を交え、刃中随所に砂流がかかり、覇気溢れる出来口を示しています。
※現状でも観賞に支障はございませんが、上研磨を施すことで、更に本刀の出来の良さを御堪能頂く事が可能です。
 
裸身重量884グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

軍刀外装入りの刀の発送時に行って欲しいこと ~刀剣を守るために是非覚えて下さい~

香港にお住まいのお客様が軍刀拵入りの御刀を御購入下さいました。

本日、輸出監査証明が文化庁から届いたので、早速梱包して発送するわけですが…

皆さんにも是非、海外に刀剣を輸出することがあった時には行って頂きたいことがございます。

それは…

 

登録証のコピーを添えて送ること

 

です。

特に軍刀拵に納められた刀の場合は絶対にコピーを添えて頂き、先方にはそのコピーを大切に刀と共に保管するように伝えて頂きたいのです。

と言いますのも、海外に送った刀が、研磨や修理のために再び日本に戻ってくることがあるのですが、その時に軍刀拵に納められた刀の場合、無知な登録審査員によって

 

登録不可

 

とされるのを防ぐためなのです。

特に今回発送します御刀は、

軍刀拵

兼秀

写真でもお判り頂けるかと思いますが、茎に星の刻印、裏に名の刻印が打ってあります。

古式鍛錬法で鍛えられた俗に本鍛錬刀と呼ばれる刀でも、工廠刻印を茎に打つことがあるのですが、刻印がある刀は無鍛錬刀だと思い込んでいる不勉強且つ無知な審査員は、これらの真面目な刀に対して容赦無く

 

登録不可

 

と審査時にしてしまうのです。

そうなりますと日本には持ち込めません。最悪の場合はばき元から15センチのところで切断しなければ輸入できないという悲しい結果を招いてしまいます。

そこで本日皆様に御紹介するのが「登録証のコピーを添える」と言う行為なのです。

これがあれば余程偏屈で心無い審査員が担当しない限り、登録不可とされかけても、こうして以前は登録されていた刀であると審査員に堂々と意見を言えるわけです。

 

海外に刀を売りっぱなし

海外に刀を送りっぱなし

 

ではなく、その後の刀のことも考え、送り出した刀剣達が、いつでも里帰りできるようにしてあげてください。

備中守橘康廣 (菊紋) ~然るべき研磨を施し特別保存刀剣鑑定を御受審下さい!!~

備中守橘康廣 (菊紋) ~然るべき研磨を施し特別保存刀剣鑑定を御受審下さい!!~
備中守橘康廣 (菊紋)
– Bicchu no kami Tachibana Yasuhiro –
 
備中守橘康廣は紀州石堂派の祖である土佐将監為康の子として紀伊国に生まれ、名を富田五郎左衛門と称しました。
始めは紀伊国にて槌を振るいましたが、後に大坂に出て大坂石堂派を興し、業物名工としてもその名を知られる名工で、備前一文字の丁子刃文を得意とし、時として本歌一文字に紛れるほどの器量で一世を風靡しました。
 
この刀は反りやや浅目の作品が多い康廣にあっては深い反りが印象的。昭和26年3月の大名登録初期の栃木県登録であることからも、恐らくは太刀外装等が添えられた特別注文による作品と推測されます。
茎はうぶで、先幅も広めで帽子延びごころ。優雅な中にも力強さを感じさせます。
古研ぎ且つ写真撮影時の光線の兼ね合いから、指表ががさついた地鉄に見えるかもしれませんが、肉眼で見ると全く印象が異なります。小板目肌良く練れて肌立ち、刃文は康廣が得意とした丁子乱れで、刃中には足や葉、砂流や金筋が至る所に顕著に見られ、覇気溢れる出来口を示しています。
 
現在の研磨では肌が立ち過ぎて見えるため、然るべき上研磨を施し、特別保存刀剣鑑定を御受審頂きたい名品です。
兎に角この刀は写真で見るよりも肉眼で見る方が地刃が綺麗です。当店撮影の拙い写真のみで御判断されず、まずはお気軽に実刀を手にとってご覧頂いて御購入を御検討頂きたく思います。
再研磨代を考慮した低価格で御案内致しますので、この機会を逃されませんように御注意ください。
 
裸身重量690グラム。

相州住秋廣 ~研ぎ上がりが期待できそうな一刀~

相州住秋廣
– Soshu ju Akihiro –
 
 
秋廣銘に関しては首肯できませんので無銘の脇指としてお求めください。
うぶだしの一刀で、現状では地鉄が確認できないものの、刃文は相州物を語るだけあって刃縁の変化に富んでおり、研ぎ上がりが期待できそうです。観辛いかもしれませんが、刃文写真をじっくりとご覧ください。面白い刃文構成をご確認いただけるはずです。
 
附属の拵は赤銅磨地の一作金具の半太刀拵で、柄糸は黒と白のツートンカラー仕立てになっており、大変趣深い仕上がりになっています。
是非とも研磨を施して頂き、銘を潰して無銘にし、保存審査を御受審頂きたい一刀です。
 
裸身重量432グラム。  拵に納めて鞘を払った重量663グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。

無銘 ~御守刀として~

無銘
– Mumei –
 
 
五寸に満たない小振りな短刀。俗に懐剣と呼ばれる品です。
小板目肌が好く練れて肌立ち、湾れ調子の刃文を焼き上げています。
附属の合口拵は牡丹絞塗で素銅磨地の金具が添えられており、漆の剥離や凹みも無く綺麗な状態で、上品且つ愛らしい造りになっています。
女性やお子様の御守刀としてお薦めの一刀。御守刀として縁起を担ぎ、末広がりの八八八八八円と大変お求め易い低価格でご紹介いたしますのでこの機会を逃さないでください。
 
裸身重量93グラム。  拵に納めて鞘を払った重量126グラム。
 
 
各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。