ユーチューブの動画を、そのまま信じ込んではいけません

近頃ユーチューブではコラボというものが流行っています。
人気ユーチューバー同士がコラボすることで、チャンネル登録者数を増やそうと試みるものです。

武道や武術の世界にも同様のことが起きていて、実力も無いのに達人を気取ったり、刀剣に関する間違った作法や知識を世界中に垂れ流す様子には、眉をしかめずには居られません。

殊更古流を名乗る流派にはお気をつけ下さい。
本物の武術を修練する方ならすぐに見破れますが、さも古くから伝わっているように解説しているそれらの技は、近年の思いつきやこじつけに過ぎません。

どの流派や個人を指しているのかは、ここで詳しく記述しませんが、武道や武術動画に限らず、なんでも自分で調べてみることをお薦めします。

 

例えばこの一枚の写真

間違いだらけ

大将と思しき人物も、後方に控える足軽も、全員鎧を前後ろ逆に着用しています。
何も知らず、調べようともしない人は、この番組が製作した動画は正しい鎧の着用法だと誤認してしまいます。

今、まさに刀剣の世界や居合・剣術の世界では、これと同じようなことが起き、何も知らないチャンネル登録者によって、誤った情報と知識が拡散されているのです。

つい先日も、武術の武も知らないただの物斬りユーチューバーが、某アクション俳優とのコラボ動画をアップしました。
互いにチャンネル登録者数を増やすことが目的ですから、武としての実力を持たぬ斬り屋を、動画の中で某俳優が「先生」と呼称します。
某俳優が先生と呼ぶからには凄い人なのかと、某俳優の支持者は動画を見て勘違いし始めています。

ただの斬り屋が「日本刀文化の普及のためにユーチューブ活動をしている」とまことしやかに動画の中で言っていますが、正しい日本刀文化の普及が彼の目的とは私には思えません。ただ目立ちたい。再生回数を増やして副収入を得たいと考えているだけと言えます。

何故なら彼は常に間違った刀剣知識や作法を動画発信しているからです。彼が本当に正しい日本刀文化を普及したいと言うのなら、ユーチューブチャンネルを閉じて大人しくするか、力任せの下手な物斬り動画ばかりをアップするのではなく、まずは正しい知識と作法を身に付け、違う方向からアプローチしてもらいたいと私は考えています。

 

どんな肩書きを持っていようが、その言葉が100%正しいかはわかりません。勿論それは私の言葉にも言えることです。

皆さん、何事も鵜呑みにされず、しっかりと取捨選択した上で、間違った情報に踊らされぬようお気をつけ下さい。

【平成の侍 町井勲】の “猿でもわかる試斬のイロハ” ~正しい知識を見て学ぼう~ How to Tameshi-giri by Isao Machii

久しぶりに試斬動画をアップしました。

この動画を公開する目的は、皆さんに安易に試斬体験して欲しくないという思いからです。

近年、数千円払えば刀を握ったことすらないド素人にも、刀を貸し与え畳表を斬らせる団体や、それを生業にする商業まではびこっています。

刀剣の登録証にも記載されていますが、我が国における刀剣は美術品であり、大切な文化財です。

どうか気やすく試斬体験会には赴かないで下さい。

あなたのその一振りが刀に甚大なダメージを与えることを知って下さい。

《試斬編・弐》 町井勲先生に教えてもらえばすぐに居合の達人になれる説検証してみた!《修心流居合術兵法》

居合や剣術は本物の技術を持ち、指導力高い人から学ぶことが一番の近道です。

私がちょっと指導しただけで、この動画のように上達します。

 

片手での襟返

刀が映っていないので、まるで超能力で斬ったみたいに見えますね(笑

これが修心流居合術兵法 町井勲の指導力だ!! たった数時間で達人を育てる!!

Is your teacher’s leadership accurate? ??
With my guidance, you can become a master in just a few hours! !!
Please take a look at this video.
今通っている道場の指導力は的確ですか??
修心流居合術兵法の私の指導だと、たった数時間で達人になれますよ!!
是非この動画を御覧下さい。

猿でもわかる試斬のイロハ!! アップしました

抜付での霞(かすみ) ~刃筋を確認するのが正しい試斬。両断することを目的に行うのは愚行です~

ただ斬っているだけの動画ですが

町井勲の… 猿でもわかる試斬のイロハ!! ~袈裟斬編~

まるで日輪刀!? 総額500万円の日本刀で剣術の業と刀に出来る傷を検証!!

「刃筋が立てられない」ということ ~藁斬り抜刀斎動画を使って解説~

抜刀道の達人を自称する藁斬り抜刀斎の動画から画像を抜き出して、現代の居合、抜刀を嗜む人の殆どに見られる悪い現象について語ってみましょう。

まずは以下に掲載する写真をご覧ください。上から順番に1~6とします。

 

赤くラインを引いたのが、藁斬り抜刀斎が斬ろうとしている角度です。

水色の線は藁斬り抜刀斎が振り下ろす刀とその角度を表しています。

 

1 振りかぶった時点で既に角度が全く異なっています。赤と青の線を見れば一目瞭然です。

2 斬り込む瞬間の刀の角度比較用写真。ここでも角度は全く合っていません。

3 緑の線は本来あるべき刀の角度ですが、刃筋が立っていないためにS字に刀身が撓っていることが解りますね。

4 巻畳表を裁断通過した刀の真横を青い線でなぞりました。刀に大きな負担がかかっていた、大きく刀が撓っているのが解りますね。

5 横向きに負荷をかけながら斬っているため、巻畳表は向かって右に傾いているのが、赤い線と比較すると解りますね。

6 円で囲った巻畳表の斬口を見て下さい。赤い線に平行ではなく、うねっているのが解りますね。

居合や抜刀(物斬り)を嗜まれる方の9割以上が、実は悪い例として今回挙げました、藁斬り抜刀斎と同じ斬り方をしています。刀が巻畳表を通過するのは一瞬のことなので、気付かない人が多いのです。

このようなことが起きる原因は??

物体を二つに両断することしか頭に無く、武術としての斬り方が全く出来ていない。敵を仮想できていないためです。

このような袈裟斬りをしてくる人の刀は、武術としての修練をしっかりと積んだ人ならかわすことも可能となります。どう言う意味で可能なのか? それは私の道場に学びに来られれば解ります。

また、この動画の中で「抜刀道」を

『「日本刀」で物体を斬る武道』

と表記して紹介されていますが、私に言わせれば、物を斬る武道って何? それってそもそも武道なの?? と言った感しかありません。

刀で巻畳表を斬るということは、それ自体を稽古するものではなく、普段の稽古で如何に理想的な刀の振りができているかを確かめるために行うものです。ですから、一太刀斬り込んでみて斬れない場合は、その時点で巻畳表を使った刃筋確認稽古は中止すべきです。

斬ることばかりにやっけになる刀を使った物斬りは、最早武術でも武道でもなく、単なるストレス発散のためのスポーツと言って良いのではないでしょうか?

武術から逸脱した愚行。だからこそ私は藁斬り抜刀斎をはじめとした単なる斬り屋を軽視するのです。